« 「篤姫」 25 偉大なるプラトン | トップページ | 明日学校が燃えればいい…… »

2008年6月27日 (金)

「図書館戦争」 12 

   なんか、初っぱなからオリジナル展開でした。

   前回、茨城の美術館出張警備の終盤、原作では地元の人に取り押さえられる筈の仏像図書館長を取り押さえるのが堂上教官&郁に改変されてた所から。

   炎の中に倒れ込んだ堂上教官、怪我としては軽傷、ただし、ショックで全く外からの刺激に反応しない人になってしまって。
   うつろな目でただベッドの上に坐ってるだけなのです。
   郁の嘆きはいかばかりか。
   玄田隊長も、危機は脱したものの、まだ意識は戻らず。

   良化隊がわには死者も出たそうで、図書隊のやり過ぎ、とマスコミは批判します(もともとそのマスコミは良化隊べったり、というはなしだそうですが)。「国に逆らって」という文言がとうとう出ました。設定では、良化隊は法務省の下の組織、図書隊は地方公共団体の下の組織なので、どっちも合法組織なんですけどね。良化隊が中央を押さえているのでマスコミがわは図書隊の味方をしづらいというところでしょうか。免許のこともあるし、と、放送局のがわの事情は4巻「図書館革命」で詳しくやってたかな。

   

死者、出てたっけ?
   それは、ちょっと引くなあ。
   安保のデモで女子学生が亡くなったって話は、すいませんその頃生まれてなかったか幼稚園児だったので単なる情報としてしか知りません。
   当時の方は、かえって盛り上がったのかな、保身というか、そこまでするものか、と引いたひとはいなかったのかしら。
   機動隊側で死者が出てたら、やっぱりニュースでこういう扱いされたかしら? 当時はそんなにワイドショウが過熱報道してなかったですかね? 「3時のあなた」はもうありましたか? そういうネタを取り扱ってましたか?

   「こちらにだって犠牲は出ているのに!」といきり立つ郁、例によって正論で解説する小牧教官。取材攻勢に麻子様もげんなり。

   稲嶺指令は淡々と引責辞任の支度。目覚めた玄田隊長を2階級特進させたりして(俺はまだ死んでない! というところに地味に笑ったり。でも、刑事ドラマとか、軍隊ものに慣れてないと、2階級特進=殉職って分かんなくて笑えないかな? きっと、コミック版は親切だからその辺注釈入りますね)
   「期待してますよ。図書隊最初の女性司令になりたいんだそうですね」と、麻子様をビビらせたり。
   「相手に死者が出たからやめるんじゃありません。水戸分隊の弱体化を見逃していたことの責任を取るんです」という最後の言葉が潔かったです。

   続く図書隊バッシングにも、堂上教官は目覚めない。気の利く小牧教官から、郁に託されるのは「学生時代に感動したっていってた本。読み聞かせしてあげて」って、「坊ちゃん」かい! 坊ちゃんの突撃シーンの、えっと、「無法で結構だ」? 開き直りの言葉に、赤線が引いてあったりして。……イマドキ、本を読んで、感動した部分に赤線引っ張りますか? 古本屋に出せなくなるし、わたしはしません。出さないけど。しぜん、心に刻んで、何度もそのシーン、その言葉を目指して読み返したりはしますけど。
   例えば、「影武者徳川家康」で、あれだけ叡智を凝らし、骨身を削って作り上げた元和厭武が破れようとしているあたりの主人公のニセ家康の徒労感、「俺達が必死に作った平和というものを、若い世代は生まれながらにしてある、おもちゃのように思っている」というくだり、戦後世代に引っかけているのだろうと哀しく思います。
   さて、堂上教官の愛読書、「2冊は検閲対象だから気をつけて」って、あとはなんて本なんだろ? 
   「走れメロス」の方が、辛らつな人なんか「あんな本が推薦図書だなんてどうかしている。メロスは街の噂だけで王の命を狙ったテロリストだ。しかも、私的な理由で友人を身代わりに立てた利己主義者だ」とか言ってます。結構うなずけるものがあったな。「ジャチボウギャクの王を除かん」とナイフを手にする主人公って、やっぱり検閲対象?

   郁がマスコミにマークされ、病院の出口でとうとう捕まります。図書隊の隊員としてコメントを求められるのです。しかも、生放送で。
   もみくちゃになって、本を取り落とす、それを、キャスターが踏みつける。顔色を変えて拾い上げる郁が、怒りを爆発させようとする……。
   ストレスが頂点に達した郁、失言をして隊のみんなを窮地に追い込むかと思いきや、ギリギリのところで「怒りを理性で抑えられるように訓練しろ」と諭す堂上教官の姿が蘇り、郁は冷静さを取り戻すのでした。

   

進歩してるよ!

   図書隊の身分証明書をかざし、図書隊も合法組織であることと、その記章のカミツレの意味するところを語った郁は、なんとか基地に帰り着きます。TVをみていたいつものメンバーは、叱るかと思いきや、「言いたいこと言ってくれてスッとした」そうで。

   TVの力ってスゴイ。その後は、郁への励ましのお便り、支持。そして、カミツレの鉢、鉢。これを堂上の病室に持ち込んだ郁……手伝いの人々は気を利かせてさっさと去ります。約1名を残して。
   「他にすることないか? 俺今日非番だから」……手塚、空気読め! 耳を麻子様に引っ張られて連れて行かれちゃいました。ま、ここはこれでいいかな? 完全に主導権握られてますね。

   お花畑のようになった病室に2人きりになった郁、物語のはじめから回想しつつ、思いを告げます。うわ、少女漫画みたい。この際、「王子様」なんだし、お姫様のキスで魔法が解けるのかと思いましたよ。それはなかったけど。
   それでも、まだ堂上は反応しない。また、郁の目から涙がこぼれます。でも、もうそれをぬぐってくれるひとは……ん?

   

手が動いた!?

   何度も作中繰り返された、郁への頭ぽんぽんが、ぽんぽんが、復活した!

   え? と怪訝になる郁の目の前の堂上の目は、もう光を取り戻していたのでした。

   

ハッピーエンド♪

   良かった、良かった。

   良化隊との関係は今まで通りだけど、一般市民の理解が得られてきたということで、明るい終わり方なのかな。

   かなり刈り込んで、その分足した辺りがちょっとあやしい感じだったけど、ま、いいカンジだったのではないでしょうか。詳しくは原作を読もう! と言うことで。あ、DVDのCMは2人の掛け合いが作中とおんなじノリで、笑っちゃいました。8月6日発売だそうで。おまけで作者書き下ろし短編が付くって……どうしよう!

   

コミックの方が楽しみだわ。アレとか、アレとか、どういう風に描いてくれるのかしら。

|

« 「篤姫」 25 偉大なるプラトン | トップページ | 明日学校が燃えればいい…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41659353

この記事へのトラックバック一覧です: 「図書館戦争」 12 :

« 「篤姫」 25 偉大なるプラトン | トップページ | 明日学校が燃えればいい…… »