« 「篤姫」 23 お江戸は遠くなりにけり | トップページ | 歴史の時間は先生も大変 »

2008年6月10日 (火)

うえるかむ厄年

   ……って、今年の年賀状に書いたっけなあ(勘違いで、実は今年ではなかったです)。
   温厚なお姑さんもビックリのハイテンションで。
   もう、山中鹿之助ばりの気概で。
   毎年年末は気が大きくなるけど。

   もう1ヶ月も気管支炎をやってて。

   さらに今朝起きたら、なにやら透明人間が唇をつまんでいるような違和感
   鏡を見りゃピンクに腫れてるし。

   おめでとう、ヘルペスです(仙台時代にも経験アリ)。
   お洗濯してる間に治まってきたから一日様子見するけど。

   まったく、何がいけなかったのかしら。

   お 祓 い しないとダメ?

   一番近いいい神社ってどこ?(川崎大師? マジ? イヤ大師ってお寺さん?)

   はあ~あ、へこむわ。

|

« 「篤姫」 23 お江戸は遠くなりにけり | トップページ | 歴史の時間は先生も大変 »

コメント

 いい年をして中高生の読むものに一緒になってはまって熱を上げているのもなんだしと、精一杯大人らしいことを書いてみれば「上から目線」とか言われちゃうしな。
 そりゃストレスもたまるだろう。

投稿: まいね | 2008年6月11日 (水) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41490546

この記事へのトラックバック一覧です: うえるかむ厄年:

« 「篤姫」 23 お江戸は遠くなりにけり | トップページ | 歴史の時間は先生も大変 »