« 黄金の日々 | トップページ | 「図書館戦争」 #4 »

2008年5月 1日 (木)

大河の顔になるために

   アマサイちゃんがいいネタを振ってくれたから今日は昔から暖めていた話題に挑戦してみよう。

   NHK大河ドラマと言えば、もう、TVドラマの王様のようなもので、これの主役を張ったらば、もう知名度は全国区、ギャラは鰻登り。ま、あまりにもはまり役過ぎてその後ご苦労なさる方もいらっしゃるようですけれど。

   じゃ、その主役にはどうやってなるのという話。事務所の力がどうとか言う方向は抜きで。

   事務所の力とどう違うのというレヴェルですが、やっぱりNHK朝ドラの主人公の相手役をやっておくのが一番の登竜門でしょうか。ほら、渡辺謙さんも、たしか「はね駒」でしたっけ、斉藤由貴の相手役だったはず。プロデューサーにんも視聴者にも覚えてもらえるし。今年のヒロインの相手役(?)の堺雅人さんも、「オードリー」に出ていたという話だし。失礼ながら、長嶋一茂の城島さんしか記憶にないですが。ま、そうして記憶の新しいうちの大河でいい脇役をやるんですな。そういえば、「天うらら」で相手役をやった「佐藤さん」こと鈴木一真さんも、2年後の「葵ー徳川三代」で小早川秀秋をやってましたね。その後も、金曜時代劇にちょくちょく出ているみたいだし、絶賛育成中?

   そーすると、「ロマンス」で相手役でなくほんまものの男性主役(朝ドラ史上初!) でデビューを飾った榎木孝明さんは大河の主役候補最右翼なんだなあ。演技力でも知名度でもコアなファンの数でも(オイ)資格十分だと思うんだけど、いかんせん、顔が彫りが深すぎて、日本の偉人というとチョット……(あの面立ちで秀吉や家康はムリだ)。今回も、鹿児島県人枠(失礼!)で尚五郎パパとして出演してますけど、別に榎木さんでなきゃならんという役回りではないですな、残念ながら。そのうちあっと驚く隠れた知将の役なんかで華麗なる主役を張ってくれることを期待。いやもう、「国姓爺合戦」の翻案とかさ、喜んで50回TVの前に正座試聴しますわよ。

   やや反則技ながら、「朝ドラのヒロインのパパ役」をやった香川輝之なんかどうでしょ? この人も堂々NHKの秘蔵っ子でありましょう。TVデビューが「春日局」の小早川秀秋だったそうで。まだ若手と思ってたから(当時30代後半)、「天花」で天花パパをやってテンション高い演技をみたときには可哀相とか思っちゃった。「利家とまつ」では秀吉役、「功名が辻」では六平太役をやって、大河歴はじゅうぶん。イヤな話ですが血筋もいいし(浜木綿子の息子で父はあの市川猿之助)。いきなり宙返りを入れた「功名が辻」での殺陣は記憶に焼き付いてます。戦国時代物でじゅうぶん立ち回りを披露してくれそうなんだけど……「功名~」のときに言われてたんですが、「利まつ」の視聴率があんまり(最近にしては)よくって、その中で強烈な秀吉像を演じてくれたから、どうしても「三栄傑(信長・秀吉・家康)」ものに出てくると彼が秀吉だと思っちゃうんだな。こう言うのはケン・ワタナベ効果というのだ。彼、当分時代物には出られないかも。
   (逆に、「利まつ」のせいで前田利家といったら唐沢寿明になっちゃって、「功名が辻」でも出演の問い合わせが殺到、しょうがないから特別出演したらしい)

   ということは、この前「純情きらり」で視聴者の心を鷲づかんだ「達彦さん」こと福士誠治さんが期待株? あのあと「のだめカンタービレ」で武士の雰囲気をもつ黒木くん役をばっちりこなしてたし。木曜時代劇や土曜時代劇でも出てますか。こちらも絶賛育成中。先が楽しみですね。

   だからといって「風のハルカ」の正巳(黄川田将也)や「どんパレ」の柾樹(内田朝陽)ではひよわな感じがするのでパス。「ファイト」の岡部(メガネ君からイメチェンして大人気のあのヒロインのストーカーファンの元同級生)の三浦春馬くんは……あ、子役で何回か大河出てますね。こちらも育成中かな? 
   「ちりとてちん」からは、そーこーぬーけーなこそーじゃくちゃんこと茂山宗彦くんが出て欲しいところです。彼は後述伝統芸能枠とも被るし。

   NHKの方で、低視聴率のため日和ると民放の人気者に白羽の矢が立ちます。
   近年では、SMAPの香取慎吾の「新選組!」、タッキー(滝沢秀明)の「義経」。「武蔵」の松岡昌宏もそうですか。おお、モックン(本木雅弘)の「徳川慶喜」を忘れてた。そうでなくても、ジャニーズ事務所は重要な子役供給源ですな。ま、潤いと見ておきましょう。ジャニーズのタレントはダンスの心得があるから、殺陣の飲み込みが早いんじゃないかという期待もありますが、いかんせん、腰が高くて細いから、和服が似合わないんだなあ。もう、平成の世に和風の美男子を期待してはいけないのかな? 
   ジャニーズでなくても、トレンディドラマの王様、王子様達が大挙して。これは結構成功してるのかな? 「利まつ」はよかったですよね。毎年アレじゃ困るけど。そうでなくても、民放で人気の出た俳優を脇で使うことはありますが、上手く言った例は……。「冬彦さん」ブームの翌年の佐野史郎の足利義材(花の乱)、「古畑任三郎」で人気が出たときの西村雅彦(秀吉) 。辰巳琢郎が人気の時の徳川綱教役(八代将軍吉宗)がいちばん上手く行った例でしょうかね。
   去年のGacktは、禁じ手でしょう。10年に一度ぐらいああいう冒険してくれてもいいな。ま、郷ひろみとか、ドラマ出演もする歌手を脇役で出したことくらいあるし。

   

和風の美男子というと、一時期多かった伝統芸能枠。これが微妙で。台本もちゃんと読めるし(漢字の多い大河の台本が読めない主役がいたという!)、発声はできてるし、立ち居もしっかりしてる。だからといってTVドラマである大河にふさわしいかというと……「武蔵」の市川海老蔵はもう記憶から消したいところです。「毛利元就」の中村橋之助はよかったけど、「北条時宗」の和泉元彌はかえってどんなに激怒しても声が裏がえらなくってちょっと困ったなんて話も聞きましたな。「風林火山」の市川亀治郎は……ちゃんとあれで武田信玄に育ったから凄い。あ! 亀治郎は主役じゃないじゃん! 内野聖陽は舞台俳優枠だ!

   えーと、舞台俳優枠では去年の山本勘助役内野聖陽。「俺じゃ格好良すぎないですか?」とオファーに反論したという伝説がありますが、いやいや、大河の主役を張るにふさわしい、けれど余りにも美化しすぎない精悍さが出てました。今ざっと見ましたが主役はあんまり舞台俳優からは出てませんか。松本幸四郎(「山河燃ゆ」古い!)は伝統芸能と分かちがたいですね。台詞回しと殺陣は不安がないと思いますが。TV慣れしてないというところが不安材料? そういえば、「新選組!」のときは、脚本家の意向で舞台俳優度が高かったそうな。ナルホド、皆さん上手かった。

   さすがにいきなり主役に抜擢はないですがモデル出身というのもあります。今のイケメン俳優じたいが、モデル出身なんですね。阿部寛、照英、谷原章介、もううっとり。ずいぶん脇を彩ってくれてます。阿部寛は、NHK時代劇の主役も張ってますから、そろそろ大河主役が来てもいいカモですね。

   こうやって見てきますと、大丈夫、将来の大河を担う若手はちゃんと育ってきてるんですね。あとは、原作だ。

   史実やら菊のカーテンやら視聴者の皆様のお好みやらいろいろ制約の多い中、魅力的な脚本を供給することが大河ドラマの次代への宿題ということで。

|

« 黄金の日々 | トップページ | 「図書館戦争」 #4 »

コメント

 「功名~」の上川隆也さんは「大地の子」出演があるから舞台俳優というのはどうかなと思いましたが。ま、そちらに分類しておこう。

  香川輝之救済で、「へうげもの」の主役古田織部をやって貰うのはどうかな? 彼ならあの顔芸を真っ正直にやってくれそうだ。しかし、異色作×奇才ではいよいよ役と心中になってしまうかも……。でも見たい!

  2,30年前なら西田敏行で「この世をば」なんか楽しそうだったのに、知らないうちに彼も爺ちゃんになっちゃって。今、大河で藤原道長ができる俳優は誰だろう!?

投稿: まいね | 2008年5月 1日 (木) 14時06分

パソコンが調子悪くてなかなかネットにつなげないでいます……
み~は~な私は、来年の大河を切に!楽しみにしています。だってつまぶきくんだもん♪

投稿: とむ影 | 2008年5月 3日 (土) 13時20分

 あら、お静かだと思ったらそのような事態が? 復調をお祈りしております。
 来年は妻夫木くんですか(12月に次の年の「ドラマストーリー」を買うまで気にしないひと)。楽しみ。原作は夏休みの課題図書にしとこうかな。去年の大河であの辺が弱い事に気づいたので、勉強する気がモリモリです。
 み~は~というならわたくしだって「高橋パパ♪」「江もリン(ハァト)」という目で見ておりますが、いかんせん対象が対象で。そろそろ老中の阿部くんが引退だというのが寂しい限り。
 「この世をば」の道長をやれそうな大河経験者発見! 中村勘九郎だ!(今は名前違う?)

投稿: まいね | 2008年5月 3日 (土) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41054534

この記事へのトラックバック一覧です: 大河の顔になるために:

« 黄金の日々 | トップページ | 「図書館戦争」 #4 »