« 「塩の街」 恋は地球を救う? | トップページ | 信じるヘナは染められる?  »

2008年5月10日 (土)

「十字屋敷のピエロ」ネタバレ感想

   ゴメンやっぱり書きたいの~~~!

   これは「五辯の椿」で「ジョロウグモの理」な話なワケで(うわ~二重のネタバレ! おかあさん最低!)。

   何が怖いって、真犯人は、第1の殺人のトリックも犯人も全て解っていて、彼らの手で自分たちを始末させることを画策しておるわけです。
   さらに、自分にとって不愉快な人間を殺させて、そのために犯罪が発覚するように追い込むと。
   殺されるべき人間Aは、真実に気づいて、それ故殺されるのですが、それも、真犯人の誘導によるんですよね。
   その重要なヒントは偶然、その仮の探偵役Aの手に渡るんですが。
   じゃ、当初の流れでそのヒントが別の登場人物Bの手に渡っていたら、犠牲者はそちらになっていたわけ?
   Bはとくに真犯人に対して悪意を持っていなさそうでした。
   むしろ、唯一心を開ける存在であるように描いてあったけど。
   内心複雑なものがあったとでも言うのでしょうか?

   

真犯人が、仇討ちのために全ての犯罪を計画したとか、第1の犯罪のトリックを見抜いていたとか、そんなん軽い! 軽い! そのくらい、今となってはごく当たり前のミステリです。たぶん九分九厘そのヒントがAに渡るであろうところまで計算して持ち出していたとしたら。いや、それとも、Bに渡って、Bが真実に迫って危機に陥っても、真犯人にとっては大して痛痒を感じていないのかも知れず。
   どっちだろう? どっちでもいいのかな?
   怖い! 怖い! これは犯人が解ってから読み返すべきとか聞いたけど、怖くってもう読めないかも!

|

« 「塩の街」 恋は地球を救う? | トップページ | 信じるヘナは染められる?  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41153644

この記事へのトラックバック一覧です: 「十字屋敷のピエロ」ネタバレ感想:

« 「塩の街」 恋は地球を救う? | トップページ | 信じるヘナは染められる?  »