« 目覚めよ好敵手! | トップページ | 「図書館戦争」 6 原作ネタバレ有り »

2008年5月16日 (金)

今週のジャイキリ #66

   

今週のモーニングはエロマツゲ祭りです(嘘)。

   後述の「ジャイアント・キリング」中での吉田の思わせぶりなアップできゃー! と言わせ、「へうげもの」では裏臭いこと織田長益が早々に戦国生き残りレースからの離脱を宣言、うおーっと言わせておるのです。実の甥であり主君でもある信忠を死なせておいて(しかも誘導してなかったか?)、自分は見捨てて逃げた本能寺のアレで人でなしと京雀にあげつらわれた裏臭いちゃん、その生き残りに関わる感覚の鋭敏さには目を見張らされます。って、頭を丸めて秀吉に伺候したところが、ピアスにゴールドの(?)チェーン重ねづけで炎の模様の袈裟、レース柄のお衣ってどうよ? しかし、「ぼんたん」の左馬がやるといかにもイマドキふうやややりすぎアレンジで苦笑ものになるのに、へうげ世界で見るとそれなりにもと武将の僧の出で立ちに見てしまうのはなぜなんだろう? 当然、秀吉には通じず、「じゃ、御伽衆に配置換えね」とあっさりかわされてしまうのでした。大汗かいてましたね。

   で、こっちのエロマツゲはどうかというと。

   1点取られたら、次は真ん中から負けてる方のボールで再開でしたよね?(初歩のルール確認)それで、ETUは吉田が起点となり、夏木を名指して反撃のスタートでした(ここまで先週)。

   魔法の左足(あおり文に拠る)から出たパスはまっすぐ夏木へ。いきり立つETU青年・幼年のサポーター。気合い十分でボールを受けて、
   「すぐに 取り返してやる」
   「今日の俺は ひと味 違うんだ!!」って味方を探すと、
   「敵ーっ!」
   あっという間にえーと、CB寺内と左SB小室とに囲まれて、あっという間に(実質1P)ボールを奪われてしまいました。

   

夏木、何やってんの?

   試合前の様子から、達海監督からなにか秘策を授けられているようなのですが、今のところそれが効いている様子はなくて。
   もしかして、張り切りすぎる夏木の手綱を取るために見せかけの役目を与えられているんだったりして! 
   だって、吉田のパスちゃんと通ったし(ここ重要!)

   で、「よし 行くぞ」と蹴ったボールは赤崎の眼前を横切って(たぶん)キーマン窪田へ。おいおい、それを通しちゃダメでしょザッキー。
   「ちっ」
   「前に持って 行かせんな!!」 
   いついかなる時も偉そうなザッキーでした。

   ……最近おかあさんザッキーのこと嫌いになりそうよ。  

   でも、そこはキャプテン村越、志村に渡りかけたボールを奪い返します。そして、また吉田へ。ページ約半分を使った大ゴマで魔法の足が出したパスは……

   (また長い)
   (ミスキックか……!?)
   前回も吉田のパスミスをいぶかしく思ってたチョンマゲ男、平賀のモノローグが入ります。まーでもいちいちミスキックをねちねち考察されるってことは、それだけこのひとに吉田が買われているということよね。赤崎のシュートだったら(はははまた外したよ)ぐらいにスルーされてるのでしょう。
  ま、もしかして、そういう細かい考察をゲーム中もねちねちやって、ゲームに活かしてくるタイプと達海監督が推測して、逆手に取ってきたなら面白いんだけど。あ、この平賀さん日本代表なんだ。じゃ、そういう知性派なのかも知れませんね。あんまりこの漫画だといなかったカンジだけど。
  おおかたの所は、それを狙って、前節新潟戦での吉田の欠場までひっくるめて大きな罠を張っているという見方なんですが……ホントにそう来るかな?

   滑り込んでクリアし、身を起こしながら窺うと吉田は心持ち面(おもて)を伏せています。
   (やはりな……!)
   って、ナニが(やはりな!)やねん!?
   次のページ、また1/4強の中ゴマでやや伏せ目になり愁いを含んだ吉田の顔のアップとなります(ここがマツゲ大爆発シーン)。
   (いつもは シャープで 意志すら感じさせる ジーノのパスが)
   (今日は まるで キレがない)

   さらに目を閉じた吉田の不本意げな顔半分の駒にかぶせて(ご丁寧にバックはだ!)
   (今日の ジーノは 間違いなく 不調だ!

   

爆釣!(よく釣れた、程度の意味) ありがとうございます!

   これが達海監督の策だったらスゴイよ。吉田オスカーもの!(いやまだ演技とは明らかになってないから)
   そんで、もう前半ずっと引きずって、ハーフタイムに自信を持ってチームメイトに訴えてくれたらいいな。
   「今日は吉田は不調なんですよ!」
   血の気の多そうなFWは、
   「それがなんだ?」とか無視しそうな勢いだけど、かえって、ガンナーズは中盤やDFの方に日本代表を揃えてて、理性でしっかり彼らを支えてる、そっちの方が実は命のチームやも知れず。相手の頭脳を混乱させることでつけ込むという達海監督の策なのでしょうか。
   「わたしの美しいチームをここまでかき乱してくれるとは!」なんて、愕然とするダルファー監督、ちょっと見たいかも。   

   で、またボールはハウアーへ。ダルファー監督は余裕で「そこのミスマッチはそのままでいいの?」なんて、層の浅いETUをなめたようなもの言い。しかしながら、
   「もうテメエのはしゃげる時間は終わりだ!」   
   「覚悟しろ!」
   気合い十分な黒田でした。
   「これ以上……」
   「赤崎の奴に 小言言われて たまるかよ!」と石浜も発憤してます。赤崎、小言母さん的役どころに落ちてしまいました。小言なのか。

   激しい攻防の後、なんとかボールを奪って出しますが、嗚呼、それを拾ったのはいやな奴、窪田だったのでした。

   2週続けて窪田にスポットが当たって引きです。

   さあ、その窪田をどう料理する?

   * * * < 今週のザッキー> * * *

   前述の通り。今週は仕事してませんよ! あ、チームの皆さんの心理的プレッシャーになる(ミスするとあいつにムチャクチャ突っ込まれる!)という仕事は果たせてましたが。
   あれ? 昔からこういう役どころってアリでしたっけ? 鬼軍曹? 新選組副長?

|

« 目覚めよ好敵手! | トップページ | 「図書館戦争」 6 原作ネタバレ有り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41223869

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジャイキリ #66:

« 目覚めよ好敵手! | トップページ | 「図書館戦争」 6 原作ネタバレ有り »