« 「十字屋敷のピエロ」ネタバレ感想 | トップページ | 頭を挙げて西の大陸を想い…… »

2008年5月13日 (火)

信じるヘナは染められる? 

   珍しい美容・コスメネタです。

   

白髪が目立ち始めてどうしようもない、そろそろ染めようか、でもなんか怖いし、一度染めたが最後、プリンになる(毛根の方は未だ黒い毛を生やし続けるので、放っておくと皮膚に近い方は黒、遠い方は明るい色となってしまうことを、いわゆるカスタードプディングにたとえて言う)のが怖さに永遠に髪を染め続けなくてはならなくなるというのがイヤで、うじうじと悩んでおりましたのが去年の今頃。

   夏休み前に、駅前のオシャレビルの在庫一掃セールでヘナの、洗髪の時に使えば自然と染まるというシャンプーとコンディショナーのセットを買って、清水の舞台から飛び降りた気持ちになって染髪ライフをはじめました。
   シャンプーで洗った後、コンディショナーをつけて、5分以上待った後で洗い流し、ドライヤーで熱を加えて定着させると。
   で、染まらないと。暑かったんで、タオルドライしたままドライヤーを使わなかったのがいけなかったかな?

   冬休みに、いつも行ってる金沢の美容室で、「じゃ、ヘアマニキュアしてみましょうか」って言われて、やってみました。一ヶ月で自然に落ちるし、そんなに痛まないしと。
   それで、何時間か鏡の前に貼り付けられて、掛けてみたら、なかなかよいではないですか。でも、毎月8000円は掛けてられないなあと、いよいよ染髪ライフになる覚悟をして。ただ、いきなりだったので色も大して選べず、なにも考えずただダークブラウンをかけて貰ったヘアマニキュアの色が気にいらなくって
   だいたい、ものごころついた頃から母に、
   「この子は髪が赤くて」と言われ続けていたので、もう、刷り込みで。実際にそんなに赤いとは思っていなかったのに。わたしのことを知ってる人に尋ねても、「髪の色の赤い人」という印象は第1には挙がっては来ないと思いますよ。
   でももうちょっと、チョコレートとかマルーンがかった、深みのある茶だったみたいです。
   染める色だと、黄色がかったいかにも人工な色が多いですが、そういうのは好みではなくて。
   簡単に染まって色の地色に近くて好みのタイプの洗髪料をいろいろ選びながらまたうじうじ悩んで。

   そのうちにマニキュア取れちゃいました。

  

 面白いことになってました

   とりあえず、ちゃんと5㎝ばかり髪の分け目とかは白髪が出てます。ヘアマニキュアを掛けようが、それ以降生えてくる髪には影響はないと。
   で、まだ活きのイイ毛根からは、元通りの茶色みの強い髪が生えてきてます。
   それから、なんとなくダークブラウンのヘアマニキュアが残ってる部分もあり。
   そして、ヘアマニキュアの取れちゃったところはたぶんヘナの影響のある髪色が出ているようで。
   さらにその中に、カッパー(赤銅色)の毛が所々。

   わたしの髪って何色だったかなあ?

   たぶん、茶色いところも、もとの地色から、ドライヤーの熱やらなにやらで退色してた部分もあったんでしょうね。ヘナを使い始めたら一時期色が濃くなった所もありました。ま、黒いところは色が濃くなるかもとも書いてありましたけど、髪にいい成分もあったんでしょうね。

   というわけで、ヘナも肝腎の白髪には全然効かないかと思っていたら、地味に染まっていたみたいです。そりゃ、ちゃんと2日に1度、シャンプー&コンディショナーし、夏以降はちゃんとドライヤーも掛けてましたから。苦節9ヶ月、やっと色がついてきたようです。

   でも、いくらもともと赤いっていっても、チョコレート・ブラウンカッパーが混じってたらそれはやっぱり染まった白髪で。白くはないけどちょっといや~ん。

   どうするよ、やっぱり全体的に染めるか、そろそろヘナ・コンディショナーも残り少なくなってきたしと、連休中にオシャレビルの中の輸入品など高級美容商品を扱う店をぼんやり冷やかしていたら、また、今使ってるのとは違うヘナのシャンプー&コンディショナーを発見。

   迷った挙げ句に買いました。1本1800円もしたんだけど。

   手間とか仕上がりとか考えるとやっぱりこれがいいと。

   

信じるヘナは染められる。きっとそのうち、全体が輝く赤銅色の髪になれることでしょう。なんか、いなかったかしら、人気シリーズの登場人物で「赤銅色の髪」ってひと。

   で、やっぱり髪も短くしようか、カッパーだけにボブ(おかっぱ)に。

|

« 「十字屋敷のピエロ」ネタバレ感想 | トップページ | 頭を挙げて西の大陸を想い…… »

コメント

この春は、卒業式と入学式に2回ずつ出なくてはならなかったため、少しは身なりに気を遣うべく、はじめての毛染めに挑戦しました。結婚以来全くパーマもかけず、1000円カット愛用の身としては、染め方の種類も全く分かりません。

あんまり安い店も怖いので、チラシを見て初めて入った店で、無駄に緊張しながら、結局マニキュアに決めました。もう2ヶ月過ぎたから、ほとんど落ちたろうなあ。

自分で染めるのも手ですが、それこそ赤毛のアンのように(怪しい染め粉で、緑の髪になっちゃったやつ)なりそうで、踏ん切りがつかないところ。自然に痛まずに簡単に染められるの、ないものですかね。

投稿: 波多利郎 | 2008年5月13日 (火) 09時30分

 おや、やっぱり文学少女(?)が髪を染めるときに思い起こすのは「赤毛のアン」の緑の髪エピソードなのね!
 あれは結局売る方が間違えたんだと思うんだけど(そういうことをわざとやってなんの得があるというのだろう! 自分たちに対する反感をいや増すだけだと思うから)
 あと、最近ではアレルギーとかも怖いし。
 ちゃんと手袋して刷毛も使って塗りましょうとか書いてるのを見たら、学生時代にベネゼルのホームパーマの使いさしを友達にもらって寮のお風呂で自分で頑張ってみたあの徒労感(思ったほどかからなかった)までいっしょに蘇って二の足を踏んでました。
 やっぱりプロにやってもらうのが一番なのかしらねえ?
 ちなみにうちは今年度卒業です。ああっ、春までに輝く赤銅の髪に……それよりお金貯めようか。

投稿: まいね | 2008年5月13日 (火) 12時23分

 その1本1800円のヘナシャンプー&コンディショナー、パッチテストは絶対してねとか書いてあるし、風邪がこじれて気管支炎になっちゃてるしと5月いっぱいは様子を見て、6月になってから使い始めました。
 染まるよ!
 匂いもいいし。
 これはいい買い物、と思ってよく説明書を見たら、「イオンで染まる!」
「ヘナはトリートメント成分です」とか書いてあって。
 これ、ヘナで染めてるんじゃないんじゃん。
 ……とりあえず、良く染まってるので当分コレで行きます。もうずいぶん白髪が茶色くなりました。

投稿: まいね | 2008年6月20日 (金) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41188624

この記事へのトラックバック一覧です: 信じるヘナは染められる? :

» 薄毛対策用シャンプーの選択について [女だって育毛や増毛に関心あるし悩んでるのよ!]
昭和懐古ブームは今でも続いているようですね。そんな昭和30年代には、シャンプーで髪を洗う男性など、ほとんどいませでした。女性はシャンプーを使っていましたが、現在から比べると大違いの粗雑な成分のものでした。男性や子供などは、石鹸でゴシゴシ髪を洗うのがごく普通の光景でした。当然、リンスなどと称するものは存在すらしない時代です。時は移り変わり、平成の世となりました。一部に石鹸シャンプーなる商品は存在�... [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 22時59分

« 「十字屋敷のピエロ」ネタバレ感想 | トップページ | 頭を挙げて西の大陸を想い…… »