« 「図書館戦争」 7 びみょ~にネタバレ | トップページ | どっちが口実? »

2008年5月25日 (日)

今週のジャイキリ #67

   今週はまとめる気力もないです。

   若手(椿と同い年!)の窪田がガンナーズのキーパースンであることを示唆したところで先週は終わったんですが、その窪田についている杉江がやや焦り気味になったところから。腰を落として、「どこに出してくる……!」と油断ない緑川もしっかり描かれてます。

   左サイドから真ん中に向けてやや高いボールを上げます。
   (叩き込んでやる……!!)
   (させるかよ!!)と、れいの頭髪に思い入れを抱いているお二人です。名古屋の板垣といい、今後この2人が必ずぶつかる配置になってライヴァルになっていったら面白いだろうなあ。ところが、あに図らんやボールは絡み合う彼らを越えて、その裏に走り込んでいた片山に合わせていたのでした。片山の相手は誰だよ? 清川? もっと働け! キミは赤崎の突っ込みが怖くないのか!?(笑)

   そこでヴェテランの渋さ、緑川が突っ込んでボールを抱き込んでしまったのでした。これはキーパーしかできない。
   「弾いてたら危なかった!」
   「これ以上 連中に セカンドボール 渡せねえしな」と、彼らも解ってます!(ここで「たまたまだよ」と一言謙遜がはいるところが渋~い。

   ほっと一息のETUベンチ。達海監督の目は窪田に注がれたままです。
   「メンドくせー 奴だ」
   「今日は特に キレて やがんな」

   そして彼に注目したのはこちらの監督だけじゃなく。
   次のページではブラン代表監督が資料を見ています。
   「下の世代では 代表に入って たんだろう?」と通訳氏に振りますが、彼は手帳をひっくり返すだけ。
   「一応 メンバーには 選ばれてましたが ほとんど控えです」と、横からスッとペーパーをだす美人秘書。この人前からいましたっけ!?
   ツジトモさん、藤澤嬢といい、きつそうな美人上手いなあ。
   「ちなみに その時の ポジションは 守備的MFです」
   はぁ? 今は曲がりなりにもFWじゃないですか? FWとMFって行って来たほど違いますよ(そうでもないか)なんでなんで?

   その足にゴム紐(ボール付)がついてるような彼を見いだしてダイヤモンドの一角に据えたのがダルファー監督なわけね? 
   「大阪の 攻撃の 怖さは」 
   「敵陣でボールを 奪われないことだ」と、今度は達海監督の解説。前半分は略して、
   「対応するDFは後手に回る」
   「だから 中途半端な クリアも多くなる」と、ここで石浜の回想シーンを持ってくるか(不幸)
   「問題は そのこぼれ球……」
   「セカンドボールを どっちが拾うか」と、首から下の達海監督の絵で次のページへ引き、
   「大阪は コイツを 高い確率で ひろう
   「向こうの攻撃がとめどなく続くのはこういう理由だ」と、ページをめくると達海監督のアップでキメ! う~む、漫画の専門学校のページ割りの教科書になりそうな巧さです。
   「で」
   「その セカンド ボールを」
   「チーム ダントツの 確率で ひろうのが…」
   「あいつ」 「窪田だ」と、今度はページ下半分使って窪田の上半身ショットです。

   こういう鍵の部分を試合のDVDをずっと見て見つけ出しちゃうのが達海監督の凄いところ! さて、その決死の策を授けてあるはずの杉江が……?

   また片山が突っ込んできて、
   「今度こそ決めたるぜ!!」と言うと、
   (いちいちうっさいんだよ!)(なめるな)と、清川も奮起します。と、
   「清川(キヨ)さん!」と椿が走り込んでフォローに来ます。ああ、これが数回前に赤崎が言ってた「俺達だってフォローに行ける」ってことね。実際やってるのが本人じゃなく椿なところがなんですが。……スピードの違いか。
   ああ、情報遅れてスイマセンが、4月17日かな? ゲキサカという携帯サイトでジャイキリのコンテンツが公開されることになって、そこはETUの公式ファンサイトの建前になってるんですよ。そこで、全選手のフルネームや身長体重などのデータが公開されてるそうです。そうですってのは、おかあさん携帯が対応機種じゃなくって申し込んだのに見られなかったからです。しくしく。親切な人が2ちゃんねるにデータを上げてくれたんですが、人からもらった情報で手前のコンテンツ更新するのもなんだかなぁとまだ反映させてません。興味のある方、わりあい新しい機種の方は行ってみるとよろしいかと。
   で、赤崎は21才で下の名前は遼だそうです(血液型はドリさんと同じAB……解るような気がする)。へえ。椿とイッコ違いであの態度ですか。そりゃむかつくわ。

   閑話休題。
   で、囲まれそうになった片山、判断早いネ、ボールを出します。それがまた窪田。ページめくったとたん、1/3の中ゴマで目がいっちゃってる感じの窪田ってのは印象的です。
   「うん」
   「よし」って、なにがいいんだ!? これはのだめでいうと通電してるような状態でしょうか(「のだめカンタービレ」のヒロインのだめはピアノの練習でノってくると目がうつろになって人差し指同士をふれあわせる「通電」ポーズを取ります。神がかってる描写?)。
   で、畑に出した窪田は
   「クボタの仕事は中盤のMFじゃない」
   「点を取るFWなのだよ」というダルファー監督のつぶやきとともに、気を抜いた杉江を抜き去ってゴール前に走り込みます。
   今度も緑川が前に「迎え」に出ますが、さっきと同じ「神がかった」顔の窪田。監督達の驚きの表情の後は、

   「ガシャッ」

   

ボールはゴールネットを揺らしていたのでした。

   2失点。どうするよ、ETU?

   しかし、倒れ込む緑川、追いつけなかった杉江はともかく、そのすぐ脇まで戻ってる椿。なんという運動量。

   * * * < 今週のザッキー > * * * 

   

今週はザッキー登場無し。吉田は片山のボールを緑川が止めた後のシーンで後頭部だけ出てますけど。
   あ! 達海監督が窪田について語ってるシーンで15番の縦縞ユニフォーム映ってる! スコアボードが映った次のコマ、杉江のモノローグの前でも窪田の背後に入ってますね。……もうウオーリーを探せ状態。楽しいけど。
   先週あれだけ目立ってたのに今週後頭部だけだった吉田の方がヒドイ扱いかも。

|

« 「図書館戦争」 7 びみょ~にネタバレ | トップページ | どっちが口実? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41309100

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジャイキリ #67:

« 「図書館戦争」 7 びみょ~にネタバレ | トップページ | どっちが口実? »