« ジャイキリ5巻出ました | トップページ | 「図書館戦争」#3 »

2008年4月24日 (木)

今週のジャイキリ #64

   昨日の単行本5巻の熱もさめやらぬうちにモーニング発売日。こんなに幸せでイイのかしらと思ってると、GWでモーニング合併号でした。また間違って買わないようにしなくっちゃ。

   大阪戦、ブラン代表監督が見守る中で4人のFWの激しい波状攻撃が続きます。
   試合前の人物紹介でとぼけたところを見せていた窪田が、ウナギのような、じゃない「チョコマカとよくわかんねえ動き」でもう、ボールにゴム紐が付いてるかのように見事にボールを支配してるんですよ。ETUのディフェンス陣が実力以上に頑張ってしのいでるのに、ゴール前からはじき出したボールの全てがこの窪田に戻っちゃうんです。

   これはきつい。

   

緊張が保ちません。

   サポーターも、緑川も、「1回切って落ち着こう」と言ってます。たぶん、外に出して流れを止めるという意味なんじゃないかと思いますけど(また解説者の登場を期待しましょう)。
   野球は間を外すことの多いスポーツですよね。アウト1つごとに打者が変わるし、アウト3つで攻守は変わるし。甚だしいところで、投げるボールの1球ごとに、打者は打席を外したりもしますし。タイムを取ることもできますし。なんだかちんたらしてるなあと思わないでもないですが。
   それに比べたら、サッカーはホントに、球の奪い合いでずーっと手に汗握って息を詰めたまま見守るイメージがあります。プレーが切れるのは、枠から出たときと、なにかファウルがあったときだけ。でも、枠から出したら、相手にボールが渡っちゃいますし、枠から出さないように、出さないように回していくんだと思ってましたが。
   ボールを枠外に出すことで雰囲気を変える、そういう考え方もあるんですね。
   また、そういうとき、作中、選手達って自由にコート外に出てお水飲んでません?(そりゃ補給しなきゃ日干しになっちゃうかもですが) 
   ちょっと目から鱗でした。

   で、呼吸困難になりそうな攻防の中、とうとう緊張の途切れるときが来ました。
   清川があんまり依存心が強く向上心がないので苦言を呈した時もありましたが、そこでこのコに来るカァ!? そうか、ジャンプの往年のチームでの武闘大会もの漫画とか、「ドカベン」でも、アウト要員っていたらしいですね。登場人物みんなが完璧に強いと、ハラハラするところがない、野球では永遠にチェンジが来ない。だから、この子は惜しくも負けちゃう、アウトになっちゃう、そういうキャラクターが必要なんだそうです。
   で、片山に
   「俺 スピードじゃ勝たれへんわ」と唐突に負け宣言(ニセ!)をされて、ふっと気を抜いた瞬間に自分も抜かれてしまったのでした。

   あーあ。

   次週、ETUとうとう失点か!? ここで2週待ちはきついって!!

   * * * < 今週のザッキー > * * *

   フロント兄弟の弱気を戒める後藤GMの解説シーンのあと、畑に石神と赤崎との2人がつくシーン。
   「そうそう 赤崎」
   「フォローしていけ!」と松原コーチが声を掛けていました。もう、枠線からはみ出してギリギリの所に顔半分だけ登場。
   両先生、ギリギリの出演ありがとうございました。
   その2P前にも、窪田に必死に詰め寄る杉江のコマにも入ってるし。いやー大ゴマもロングでの小さい絵も、どれもみんな細かく見て楽しいですわぁ。

|

« ジャイキリ5巻出ました | トップページ | 「図書館戦争」#3 »

コメント

こんにちは、解説者です(w

想像されている通り、ドリさんの「1回切って落ち着こう」は、一度タッチラインに出して一息つこうという意味かと思います。

実際であれば、あれだけ攻められると適当な位置、間合いを見計らってファールで止めたりするのですが(^^; ジャイキリではそういうシーンはないですね。

普通、マン・ツー・マン(一人のオフェンスに一人が密着マークする)だと、ズレが生じたときにカバーリングする選手を配置しておくのですが、タッツミーの作戦でいないんですよね(^^; ポジション的にはコッシーか椿が余るようにするべきなんですが、ボールの出所を抑えるのにイッパイイッパイ。
そういう意味で、やはり大阪に対して2TOPというのはリスクの高い布陣ですね。

個人的には名古屋のときの様に世良が帰ってきたりしてもいいのでは?と思うのですが、王子、夏木、世良が守備に参加しないのが作戦のキモなんでしょうか・・・?

追記
一歩目が遅いはずのクロが清川がかわされた瞬間にマークを捨ててチェックに行ったのは判断として間違っていないと思います。
片山との距離を詰める事でシュートコースが限定されますので。

ただ、問題はその際にハウアーがどうポジショニングするか、恐らくDFラインにあわせて戻りつつ片山からのラストパスを受けるポジショニングを取ると思うんですが、問題はあの性格の片山がプレゼントパスをだしますかね・・・(笑)

投稿: でる太 | 2008年4月25日 (金) 06時34分

 わーい、解説者登場ありがとうございます。ナルホドなあ。みんな、ルールの範囲でいろいろ頑張ってるんですねえ。実社会ではファウルも辞さずですか。
 吉田や夏木は、なにか作戦上役割を背負ってる感じがありますから、請うご期待という感じですね。
 各選手の性格まで事前にみっちり描かれている大阪戦、どうなるのか楽しみです。

投稿: まいね | 2008年4月26日 (土) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/40983965

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジャイキリ #64:

« ジャイキリ5巻出ました | トップページ | 「図書館戦争」#3 »