« 家庭内神経衰弱回避法 ししし | トップページ | 楽天野球団08年開幕戦は黒星 »

2008年3月20日 (木)

「ヘタリア」こんなものまで書籍化?

   どうしましょう? 「ヘタリア」が書籍化ですって!

   「ヘタリア」というのは、「イタリアってホント戦争が弱いよね」というような歴史上の事実や噂やなんかをネタに、第1次世界大戦後のヨーロッパ情勢をヘタレなイタリアを中心に各国を擬人化して漫画にしたという作品です。すぐ降伏するとか、食べ物と女性のことしか考えてないとか、そういう細かいジョークの積み重ねが4コマ漫画になってます。

   詳しくはここをご覧ください。http://www.geocities.jp/himaruya/t.html

   ちょっとしたリンクをたどって見つけたときには喜んでみんな読んじゃった気がしますが。絵は、ささっと描いた感じで、豪華絢爛、繊細華麗という感じではありませんが、まあ見苦しくはないレヴェルで。

   

純粋に面白かったですよ。時間も忘れて次のページをクリックしましたよ。
   でも、1050円で市販していいものかって……売れるんだったら売ればいいのかな、即売会とかじゃなきゃ買えないという形態もそれはそれで困るし。本はやっぱり紙媒体が好きだし。でも1050円はなあ。それに、こういうのは半分冗談として密かに有名なネタではあるんだけど、イタリア大使館とかに抗議されたりしない?

   とりあえず、ご紹介しておくだけにして。3月28日発売。出版社は幻冬舎。

|

« 家庭内神経衰弱回避法 ししし | トップページ | 楽天野球団08年開幕戦は黒星 »

コメント

 基本的にこういうの好きなんですよ。
 「ドイツ人は第2次大戦で同盟を組んだ日本人に好感を持っていて、今でも、ドイツ人と飲んだりすると決まって『次はイタリア抜きでやろうな!』と言ってくるらしい」って、結構有名なお話。この前のワールドカップの時とか、そうでなくても、各国を気ままに渡り歩くような旅生活でドイツの人に会うと、必ずそのフレーズは出て、
 「噂に聞く『次はイタリア抜き』俺も聞いちゃった! ホントだったんだ!」って話まで聞きます。でも、それもドイツでは、
 『「次はイタリア抜きでやろうな」と言うと日本人はたいてい喜ぶ』ってマニュアル化されてるんだったりして。
 ヨーロッパ史のお勉強にもなるかもだからかなり買いたい気持ちはあるんだけど、単純なうちの猫科の人が「基本的にジョーク」であるということを抜かして覚えちゃって、お外で披露して恥ずかしい目や怖い目にあったりしないか心配で。
 積極的に注文まではしないけど、見つけたら買っとこうか。

投稿: まいね | 2008年3月21日 (金) 11時58分

 で、性懲りもなくまたつくづく読んじゃって一言。

   「字が汚ねえ!」

 写植打ってくれたら買ってもいい。
 (注:お店で売ってるような漫画はだいたい編集氏が吹き出しの中の台詞や画面の中のナレーションやモノローグなどについては写真植字を打ってくれます。字体まで含めて特殊効果である文字「ガーン!」とか「シュバッ!」などはそのままですが。この作品はアマチュアのお兄さんが手書き(たぶん)したものを公開しているので台詞も、画中のちょっとしたつぶやきもみんな手書きの殴り書きでしかも薄い! ので、とっても読みづらいです!!)

 お金を取るならそれなりの編集はしてほしいものです(って、おかあさん買う気満々ですか)。

投稿: まいね | 2008年3月23日 (日) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/40576887

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘタリア」こんなものまで書籍化?:

« 家庭内神経衰弱回避法 ししし | トップページ | 楽天野球団08年開幕戦は黒星 »