« 庭付きはつらいよ | トップページ | 平成小学校教師事情 »

2008年3月13日 (木)

今週のジャイキリ #58

   先週は、あれから負けちゃったみたいですね。

   でも、次節の相手、大阪ガンナーズの監督付通訳の園田さんがチェックしていて言うには「後半から息を吹き返したかのようによく走ってよく声も掛け合っていた」って。ダルファー監督も喜んでました(彼は開幕時のプレスカンファレンスで挨拶した達海監督の表情から彼を評価している模様)。

   って、ホントにこの二人の掛け合い漫才は面白い。
   しかし、通訳氏もイロイロ仕事範囲広いんですね。俗語とか罵詈雑言とかまで含んで監督の意図するところ全て選手やフロントに伝え、……もしかして、余計なことは自分の裁量でカットしています? さらに、監督業のサポートとなるように自ら情報収集・分析にあたる。もしかして、秘書役もこなしてませんか。そんでもって、監督がいい気分になるように阿吽の呼吸でノせる。なかなか園田氏は有能のようで。相性もあるだろうな。

   通訳のこういうところの機微の難しさは、米原万里氏が語ってくれてそうな気がしますが(惜しい人を亡くした)。たとえ人間関係その他が荒れようとも、相手の言ったことをホントに文字通りニュアンスまで通訳するのが正しいのか、その場のいい空気を損なわないように言葉の情報をある程度取捨選択すべきなのか。いや、同時通訳の場ではそんなことやっちゃおれんのでしょうか。一期一会の通訳ならまだしも、こういう特定の人付きの通訳という仕事だと、細かい癖や精神状態なんかも日頃から観察して、言葉になってない心の奥底までソンタクして訳出するのがプロなのかな。
   どちらかというと園田氏は意図的にとまでいかない皮膚感覚でそういう合わせ方のできる通訳とお見受けしますが。また別のお堅い人についたらそれはそれで別人のように謹厳な通訳員になるのであろう。しゃべる人が寒いギャグを珍しく言ってみたら、そのまま直訳にして周りを困らせたりというふうに。

   で、立て直してきそうなETU(達海監督と村越との対話からも描写されてます)に対し、現在首位独走中、甲府を前半4-0と圧倒する大阪ガンナーズであります。あ、名古屋は首位から転げ落ちたのね。じゃ、またしても首位を喰らうぷちジャイキリやってくれますかね? そのうち「ETUとやると首位陥落する」なんてジンクスできて嫌がられたりして。
   FW4人って、そんなにスゴイの? いえ、11人のうち4人が攻撃だったら3分の1強なんですけど。守備はどうなってるんだろう?

   そして、それを迎え撃つETU。やっぱりヘタレSBコンビの開眼シリーズに突入でしょうか?

   * * * < 今週のザッキー > * * *

   最後、ガンナーズの試合を中継で見るETUメンバーのなかに後頭部だけ。台詞なし。こんなもんだ。

|

« 庭付きはつらいよ | トップページ | 平成小学校教師事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/40491510

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジャイキリ #58:

» 今週のGIANT KILLING(3/13) [北摂日報編集室~ネロブルでハッピーがいい~]
金曜日になりましたが今週のジャイキリについて書きます。 [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 02時26分

« 庭付きはつらいよ | トップページ | 平成小学校教師事情 »