« 「篤姫」 10 薩摩1号 出発!? | トップページ | 今週のジャイキリ #58 »

2008年3月11日 (火)

庭付きはつらいよ

      一身に華のこゝろの漲りて
         髄を取りても紅に染むとふ        舞音

   意味不明になったな。
   虎美の「ゆとり教育の賜」総合学習の草木染めで、これは否定されてる都市伝説(?)なんですけど、花咲く前の梅の木は、その髄まで紅い色素を持っていて、この時期の梅で染めると一番濃いキレイな紅に染まるとか、とある草木染め作家のひとが言っていたという話。伝聞だから、「とふ(~と言う話)」と留めました。浪漫的なウソね。ウソはウソで、分かって弁えていればいいと思います。「みんなその気でいればいい」。生活の潤いね。実際のところは、春じゃなくてもいいピンクに染まってました。あら、梅じゃないや、桜だったっけ、まあいいか。

   桜は、いや、桜に限らずバラとか、桔梗もそうだった、蕾の時に色が凝縮されていて、咲いてしまったらその色素がどんどん分散されていくから薄ぼけた勢いのない色になってしまう気がしていて、「華は盛りを愛でたい」と書いた筈ですけど、咲いたらガッカリって、気持ちも少しは持っています。

   けれど、紅梅は、なんと言うことでしょう、咲いても紅の色が褪せないですね。ずっと、絵の具を筆の先で置いたような紅の雫がそのまま枝にあるのです。まだ色の乏しい庭に、寒が戻って、無彩色になった空に、映えること。
   ナルホド、木の幹の髄まで紅色を持っていると言われても信じられます。

   「紅天女」は、千年を経た梅の古木の精霊なんだそうで、それを使って、ありがたい仏像を彫るよう天才仏師に勅命が下る、でも、切られたら木は死ぬ、やめさせようとする紅天女=木の精霊と、新進気鋭の天才仏師との天敵というか命の接点での恋なんだそうで。紅天女の立場としては、自分は死んで、それでも、さらに別の価値あるものとして大切にされる、愛しい人は名声を得る……なかなか深い愛と苦悩の状況設定であります。
   ナルホド、そんな麗しい木を材料にすれば、艶でかつ慈悲深そうな仏様……観音ぐらいがよろしかろう……が彫れそうなものですね。作者(美内すずえ)の着眼点はよいな。

   さて、ご近所の皆様も我が家の梅には心を留めておられるようで。
   「その梅は、前に住んでらした方が大切にしてらして、ご自分で剪定もちゃんとしてらしたのよ」

   これはしたり。

   「桜切るバカ梅切らぬバカ」と言いますそうで。桜は、「花見でも折るな」とか聞きますけど、切ったりすると切り口から腐ったりと傷みやすい樹で、逆に、梅は、どんどん切ってカタチを整えてやらないといけない樹なんだとか。うちのをよくよく見ると、皮なんかがひび割れて、灰色っぽくなってる古い枝から蕾や葉の芽はいっぱい出てますけど、いかにも最近伸びましたって青みの残ってるつるんとした枝からは、なんにも出てません。
   やばい、こっちに来てからなんにもしてないよ。
   盆栽の心得はありませんです(盆栽じゃないって)。
   青い、新しい枝は、あっちにもこっちにも、もう50センチばかり伸びてすっくと天を目指してます。ってことは、枝振りももう乱れまくり。

   

切らないとダメですか?

   「いいかげん剪定しなさいよ」と、暗に言われてますか?

   都会生活は文脈読めないとダメなのね。

   お花屋さんもないのに、植木屋さんなんか見あたらないよう。
   図書館か、ネットで、梅の木の手入れの仕方、探せますかね? 虎ちゃんのお花のハサミ、この前ちゃんと買ったの貸して貰っうことにして。
   絶対わざわざこのために本は買わないぞう! ……たぶん。

|

« 「篤姫」 10 薩摩1号 出発!? | トップページ | 今週のジャイキリ #58 »

コメント

それは染色家の志村ふくみさんの話じゃないかしら。たしか、紅梅ではなくて桜の話じゃなかったかと思ったのですが、手元に本がないので……

梅の剪定は、

自分のものならばっさばっさやって、失敗したら笑えばいいんですが、ギャラリーがいるとちょっとつらいですね。

剪定の仕方とか書いてある本みても、なんだかよくわからないし。

でもとりあえず、今は剪定の時期じゃないと思うんだけど……

投稿: とむ影 | 2008年3月11日 (火) 18時02分

 キャイン! やっぱり桜の木だったか!(毎度よくご存じで)
 いいの、歌の中には梅とも桜とも書いてないから(すげえ逃げだ)。
 剪定って、やっぱり寒い間ですか? どうしよう? もう春だよ。

 昨日、なんか大きな車が来てると思ったら、バス通り沿いでかなり大きな木(太さは一抱えほど、高さはゆうに3階ほど)の生えたおうちがあったのが、医者にいって帰ってくる間にゴリゴリ切っちゃってました。町中じゃあ、庭木もある程度以上育つと大変。
 その丸太(80センチぐらいずつに
切って5本ほど歩道に転がしてあった)、ちょっとしたスツールに良さそうで、そうでなくてもお庭に置いて植木鉢の台なんかにしたくって、
 「ほしいなあ」とよだれを垂らしてたら豹太に止められました。うん、虫が付いたりしたら、今度は素人が捨てられないものね。今はゴミを出すのも大変な時代だから……。
 でもあれはただ捨てたらもったいないと思いましたよ。

投稿: まいね | 2008年3月11日 (火) 18時55分

 うにゃ~。とりあえずここにそのエッセイのさわりが取り上げられてました。
桜の皮でした。スイマセン。

http://blogs.yahoo.co.jp/otiani/19529079.html

投稿: まいね | 2008年3月11日 (火) 22時40分

 う~む、おかあさん気が小さいから補足。
 「都市伝説」、さらには「ウソ」というのは言い過ぎでしたね。プロフェッショナルの方が、あらゆる材料をあらゆる季節に試してみて、その結果として「春を待つ時期の桜の樹皮がいちばん深い色を持つ」と結論を得たのでしたら、素人がなにもいう余地はありません。
 ここは、それを聞きかじりに覚えていて、我が子が桜のチップで草木染めをして帰ってきたときに、それなりにいいピンクのハンカチを見て、
 「まあ、おかあさん、草木染めの先生から、お花の咲く前の桜の木からとった皮がいちばんきれいなあかいいろって聞いてたけど、それはウソね、とらちゃんは春の桜の木をつかったんじゃないけど、こんなにきれいにできたんだものね」と、おうちの中だけで話す内容でした。こういう公の場で、おおげさな言葉を使ってまで言うことじゃなかったですね。失礼しました。
 でも、必ずしも「春を待つ木からじゃないとピンク色は取れない」ということではないというのはうちの子で証明されてます(そもそも学校でやったんだから、指導した方には周知のことであろう)。

投稿: まいね | 2008年3月11日 (火) 23時18分

cherryblossom紅梅が毎日見られる! うらやまし。シルバー人材センターに園芸部門があるけれど、うちのほうでは。

投稿: kushi | 2008年3月12日 (水) 22時13分

 くしちゃんこんにちは。
 それは、シルバーで園芸の技術を持ってる方がお手入れをしに来てくれると言うこと? それは素晴らしい。それは川崎市にはないのかしら? 
 金沢にSOSを打電して、とりあえずどこをどう切ったらいいのかという園芸知識とと「好きに切ればいいわよ」という助言を頂きました。えーと、お花が散ったらだそうです。しばらく観察します。

投稿: まいね | 2008年3月13日 (木) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/40463410

この記事へのトラックバック一覧です: 庭付きはつらいよ:

« 「篤姫」 10 薩摩1号 出発!? | トップページ | 今週のジャイキリ #58 »