« 「とりのなん子の雑食生活」最終回! | トップページ | 苦労じまん »

2008年2月28日 (木)

春の嵐の恨めしさ

   もうサングラスは夏じゃなくて春先の季語でいいと思うの。

   火曜、お腹が痛い、おかあさんが無理に引っ張った手が痛いとうだうだいう虎美を引きずって登校したら、ちょうどその時間は体育。
   「今はお外でサッカーしてるの」
   「お前は保健室行ってろ」と、大岡先生に連れてきましたよとご挨拶するために運動場に入ったら、すさまじい風が。グラウンドの子ども達は悲鳴をあげて、しゃがむやら、顔を覆うやら。もうずいぶん雨降ってなかったですもんね。
   ……先生、お水を撒いてから体育したらどうかな?

   試合の切れ目までそのままウロウロし、気がついた先生は自ら寄ってきてくださったので、虎美を保健室に預けてきた旨話して帰宅しました。その間も、春の嵐はわたくしの髪を服をめちゃくちゃにかき回してくれて。

   もう口の中までジャミジャミ(というのはうちの実家でしか使わない擬態語だそうです。砂まみれである様なんですが……ホントに知らない?)

   

雨が降るから絶対傘持って行きなさいとNHKのアナウンサー殿が言ってたので、豹太にはきつく言って傘を持たせたというのに、夕方まで保って。そして豹太は傘を学校に忘れてきたと。嗚呼、いつものパターン。

   そして、夜更けにやっと雨音がしだして
   「都内の方がスゴイ雨だよ」と、日付変更線を越えて旦那様がご帰宅。
   「それは大変。良いお湿りと思ったんですけど」

   ああそれなのに、起きたらまたキレイに晴れあがっちゃってて。

   今日は豹太の忘れたお弁当届けに中学まで行って、また埃まみれになってきました。わたしは花粉より砂埃が目に入るのが怖いです。ハードコンタクトはこれが難点。大きめのおばさんサングラスでしっかり顔を隠して。あの辺、小中高と学校が集中してるから。いや、昨日よりはマシかな、多少。

   途中、マデノコージさんに遭ったんだけど気がつかれなくって。やっぱりそれくらいヘンなサングラスなのかしら……。
   「それ、花粉対策?
   「まあそんなとこ。ファッションは二の次なのよ」
   「お外に洗濯物なんて、干せないわよね」
   「えーっ、でも内の中が大変だから、今日はお外に出しちゃった。クサナギくんのCMで、晴れてても妻は部屋の中に干す、なんてのがあったけど、あんなの」
   「ウソよね、あんな爽やかに干したりできないわよ」
   ホントのこの季節は。

   せめてオシャレな花粉対策ゴーグルを探してみましょうか。

|

« 「とりのなん子の雑食生活」最終回! | トップページ | 苦労じまん »

コメント

麓の平地におりるとあちこちで土埃に見舞われ,山の中に住んでる幸せを感じる季節です.
ジャミジャミって母も言いましたよ.東京生まれ,東京育ちですけど,曾祖父は福井県.ジャミジャミの通用する地域分布を調べたらおもしろいかも.

投稿: 三ねんせい | 2008年2月29日 (金) 01時13分

 え! 書いてみるもんだ! ホントに使ってる方がいるんですね!?
 父は県南の方の出なので、確かに福井と言葉が近いのかも知れませんが……?
 でも、じゃみじゃみと言ってたのは市内出身の母の方だったような???

投稿: まいね | 2008年2月29日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/40296633

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐の恨めしさ:

« 「とりのなん子の雑食生活」最終回! | トップページ | 苦労じまん »