« 発表! 2007年の小説 | トップページ | 今週のジャイキリ #49 »

2008年1月10日 (木)

ナミダはやっぱり女の武器?

   ヒラリーたん、土俵際いっぱいで盛り返したそうで。

   一番最初のアイオワ州で(アメリカも50音順に始めるの? ってそんなバカな)、小浜くんに大差を付けられ、やっぱマッチョの壁は厚かった、アメリカにもあるのねガラスの天井って、と思ってると
   「ヘアスタイルとかどうされてるんですか?」なんて、正式のインタヴューでもない、女性支持者たちとの集会かなんかで言われて思わずぽろっとヤッチャッタ、ってのは新聞で読みました。
   だめじゃん。
   アメリカの大統領候補に涙は禁物、昔女房殿について批判がましいことを言われた某候補が思わず涙をにじませて抗弁しただけで「だめだアイツは、女房のことなんかで泣きやがって」ってなったって聞いたのに。
   そうでなくても、数年前、どっかの予備選挙で意外な敗北を喫した某々候補が「キレちゃった」とかで、以後「あいつはすぐキレる」といってあっという間にアウトオヴ眼中化したという話も新聞では載っていて(「敗戦の弁も重要視されるのである」なんて記事には書いてあったかな)、アメリカ大統領選はタフでないと生き残れないのねえと思ってたのに。
   これでヒラリーたん脱落と見せかけて。

   「冷たい女だと思ってたのに、泣くこともあるのね」
   「ここでヒラリーたんを落とすと長い選挙戦おもしろくないことになるかもよ」等々の思惑が働いて、みごと次のニューハンプシャーでは雪辱を果たしたそうで。

   

涙 は や っ ぱ り 女 の 武 器 だったのね?

   よう解らん。
   わたしとしてはヒラリーたんには、結構つおい女の代表として、泣いちゃったことで盛り返せたことを内心ジクジと思ってて欲しいけど。
   今朝の朝刊には
   「それご覧!」てなカンジの目と口を大きく開いた(レディとしてはそれはどうよという)写真が総合面に載ってました。1面にしなかった読売の見識を評価するゾ。
   ま、アメリカ大統領選はある意味娯楽だし。楽しませて貰いましょう。

   そんで、ヒラリーたんの副大統領候補は誰なの? まだそこまでは決めてなくていいの? スケコマシ元大統領でもイヤだし、小浜君ってのもちょっとアタラシすぎって感じだし、ここは渋い良識派のおじさんを持ってきて貰いたいもんですね。アルちゃんは、せっかくノーベル賞もらったしもう出てこないと思うな。ト、ひとんちの大統領について偉そうに。

|

« 発表! 2007年の小説 | トップページ | 今週のジャイキリ #49 »

コメント

朝のワイドショーでやってた内容まんまパクリかよw
さすがラノヴェ作家を目指す主婦は違いますねwww

投稿: 通りすがり | 2008年1月11日 (金) 09時13分

 まあ! 今時のワイドショウってアメリカ大統領選なんかも扱うのね!
 今度ゆっくり見てみようっと

投稿: まいね | 2008年1月12日 (土) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17638617

この記事へのトラックバック一覧です: ナミダはやっぱり女の武器?:

« 発表! 2007年の小説 | トップページ | 今週のジャイキリ #49 »