« 脱出してるかい!?  | トップページ | 「篤姫」 2 姫様はタンポポ? »

2008年1月13日 (日)

大きなおさんぽ

   本日午後、
   「おかあさん、なんだか太鼓の音がするよう」と虎美が。
   「ああ、今日はどんど焼きの日じゃないのか? こっちでもやってるんだな」
   金沢にいた頃は左義長と言ってたかと思いますが、小正月の頃、外した注連飾りやら、前年のお守りや破魔矢、書き初めの反古やなんかを神社に持って行って焼いて貰うお祭り。仙台では街の北の外れの大崎八幡で裸参りがあって、雪の舞う中下帯姿(女性は単衣の白装束)でお参りをする行列が見られたかと。おおぶるぶる。体の弱い早乙女家ではそんなの見に行ったことも参加したこともございませんとも。でも、近所のY山神社では金網で囲った特設お焚き上げ会場を神職やら町内会長やらが総出で仕切って、屋台は出るは、演芸会はあるは、結構なお祭りになってたのでした。

   さて、イーヴィヒベルクのこちらのおうちでは、秋には氏子の皆さんが御神輿を担いで練り歩いていたので、この近くに割にしっかりした神社がありそうな感じで。でもおかあさんもまだ具体的にどこにあるかは知らないの。知らない場所の神社なんてうっそうとしてそうでどんな人がたむろってるか分かんないし、
   「女の子がひとりで行っちゃいけません
   「おかあさんといっしょに行きなさい」って、旦那様と異口同音で言っちゃって。
   「……アタック25が終わるまで待て」と待たせておいて、3時近くになってやおら出かけました。

   新学期寒波(二十四節気の【小寒】がこの頃に来るので、必ず冬休みの終わりには寒波が来るんですよ。ウィンターレジャーは気をつけて)は去り、昨日の雨も上がり、やや空気は冷たいものの気持ちのいい青空。つい歌が口を突いて出ます。
   「さんぽ~さんぽ~わたしは~元気~♪」
   「おかあさん、歌詞が違うよ」うん、そうかも知れない。
   どんどんバス終点を過ぎて道を下りていきます。この前、モーニング買いに下りたときにこの辺で鳥居見たんだって。でも……
   「! これはちょっと……」個人のお宅のちいさな氏神様を少しレヴェルアップしたようなお社がぽつん。
   「違うんじゃない?」と、虎美も遠慮深く。
   「この際だ、もうちょっと下ってみよう」と、どんどん下って夏に見つけておいたローソンにぶつかります。おかあさんの探検実績はここまで。
   「向かいに交番があるから聞いてみよう
   オバサンになるということは人に者を尋ねるのが上手くなると言うことよ。
   「すみませぇ~ん、お忙しいところ」と、パトロールに出ようとバイクにまたがったところのお巡りさんを捕まえて聞いちゃった。
   「ああ、すぐ近くにありますよ。その道を行って上がったところ」
   隣町のシュマルベルク(例によって仮名)の神社がお言葉通りありました。でも、由緒ある神社らしく、石段が、一段一段が20、いや、30センチぐらいありそうなごっつい石段で、50段ほどもありましたか、息は切れるは、膝は笑うは。
   「お母さんもうダメだから。帰りはバスでノイエ・リリエンベルクまで出て帰ろう」って泣きを入れて。やっと境内に入ってみればきな臭い匂いは焼却炉からで、全然お祭りらしことはやってないのでした。
   「おかあさん、こっち」
   かろうじて、「お焚き上げの品はこちらに」という囲いが作ってあり、例のように松飾りがひとつ隅っこに立てかけてありました。
   そこへ、うちから持参したスーパーで買った限りなくインスタント臭い越後製菓のお鏡セット(のうちの紙で出来た部分。仙台では各町内会のどんど焼きも分別収集になってましたから気を遣っちゃった)と、虎美の書き初めの書き損じをぽいと入れて神社を後にしましたことよ。おっと、心ばかしのお賽銭も投じて、お参りもちゃんとね。

   そして前方に見えていたなんとなく曲線と直線の融合した明るい建物、曲線部分にガラスブロックを使っているのがかえって今時のデザインぽいカンジで気になっていたのを確かめに行くことになり、うきうき近づきます。
   「なあ、もしかして、地図にあるヴェスターフェルト小学校(仮名)じゃないのか?」
   「違うでしょ」
   「でも、ああいうデザインは公共の建物に多いじゃん」
   「許せないからだめ」
   「それは、お前のイーヴィヒベルク小がぼろいのにあそこはきれいだから許せないのか?」
   「トイレのドアがカーテンなんて信じられないでしょ!」
   ……まあ、各校いろいろ事情はあります。イーヴィヒベルクは築30年ぐらいで、丁度微妙な年代なんですな。もちっと古けりゃ立て直されてるし(仙台のM山小は立て直されたところ。あの辺は地震もあったし、昭和50年代より古い公共施設はあんまり残ってないんじゃ? 首都圏はその辺も微妙なんでしょうね)、もっと新しければそれなりにデザインもステキでしょう。そんな細かいところも、学校に行きたくない理由になってたりするかも。女の子だしね。

   といいながら歩いていくと、信号の上に地名表示板があって、やっぱりヴェスターフェルトの小学校前だった模様。ちゃんと、児童が車にひかれたりしないよう、また、通勤の車列を長々遮ったりしないように歩道橋が学校前に設置してあります。ああ、やっぱり。住宅地の小学校はこうじゃないとね。わたくしの通った金沢市立みんま小学校もこんな感じでした。いや、校舎はもっと愛想もない古さでしたが。

   「中入ってみようか?」
   「おかーさん、やめて!」グラウンドからは少年たちの声も聞こえ、やっぱり少年野球のチームが練習をしているカンジ。しかし、どうしてうちの子はこう度胸がないのかしら。中学・高校にもなって小学校に入り込んだらやっぱりちょっとヘンなカンジだけど、小学生がよその校庭に紛れ込むなんて当然じゃないの。学校によってはいろんな遊具があったりするし。

   そして、交差点の看板には右を行くとノイエ・リリエンベルクと大書してあるし、ノイエ・リリエンベルク行きの小田急バスもひっきりなしに通るので、バス通り沿いに駅を目指し、そこからバスで帰宅することにしたのでした。

   「あるこー、あるこー。わたしはー元気~♪」
   「おかあさん、すぐに歌い出さないで!」

   でも、とりあえずたどり着いたのは「ノイエ」なしのリリエンベルク駅、うちでは「アルト・リリエンベルク」とわざわざ言っているひなびた感じの隣駅でした。このまま直進すれば隣駅だから着いたんでしょうけどね、いい加減疲れてたし、駅前でパンを買って(ホントにパン好きなんです。ちょっと歩いててパン屋さんがあるとすぐ入って何か買ってみるぐらい!)、電車に乗って帰りました。

   「あと7分電車来ないの? じゃ、そこ座って。世界史クイ~ズ!」また始まった。
   「わたしはハゲの女たらしといわれています」
   「誰ソレ?」
   「わたしは暗殺されました」
   「リンカーン!」
   「リンカーンはハゲじゃない! ブログで曝すぞ!」
   「ごめん。それはやめて」あ、ごめん書いちゃった。
   「実はモテモテです。クレオパトラとも恋をしました」
   「カサエル! あれ? カエサル?」 
   「そこで解るか! なんで読んだ!?」
   「クレオパトラの伝記」うーむ。

   「あたしのだーりんは神聖ローマ帝国の皇帝で、あたしの息子も皇帝です」小学生に神聖ローマ帝国が解るかな?
   「わかんない」やっぱり無理か。
   「あたしの娘はフランスのじょおー! です」いや、女王ってゆーか、王妃ね。その台詞を言う人がいる度に突っ込みたいわたしです。
   「今、フランスの女王って誰だっけ?」嗚呼!
   「フランスには今女王はいない! 昔の!」
   「その女王って、マリーアントワネット?」
   「ま、ねー」
   「あ、わかった! マリア・テラジマ!
   「マリア寺島って、どこのマダムやねん!」ツボに入ってしまって、おかあさん笑う笑う。っていうまに一駅だけだからもう着いちゃった。

   で、お買い物をしてバス待ちの列に並んだら、もう5時を回っていたのでした。
   今日のお散歩はハードだったなあ。ほんと、うちでごろごろしてるスウェットで出たのに、電車乗っちゃったよ。なんだかもうまぶたが重い……。

|

« 脱出してるかい!?  | トップページ | 「篤姫」 2 姫様はタンポポ? »

コメント

なんだかいっぱい歩いたみたいですね.
「ひなびた駅」って言われてみればそうですね.「ノイエ」の方が出来てから,とくにそういう感じ.

投稿: 三ねんせい | 2008年1月14日 (月) 01時07分

 え!? なんで解るの!? って、純粋に2時間半も歩けばスゴイか。土地勘のある方には具体的地名からルート取り、実際の距離まで解るのかとビックリしちゃった。いいえ、アルト・リリエンベルクの書店(ここはニコリ出張馬房でもあります)で少し本を探したりしましたよ。年末の「お正月のお花を活ける講習会」で味を占めた(ご近所のおばさまたちにマスコットにされた)虎ちゃんが華道を習ってみたいというので先生を捜したりとかもしたし。
 おかあさんはお散歩ハイになるひとなので、いきなり1時間くらい歩いて迷子になったりはよくやります。ちょうどいい挫折ポイントがあればそこからバスに乗って帰ってくるんだけど、昨日は娘もいたのでついついだべりながら歩いちゃった。
 しかし! 
 「ハゲ」はともかく、「暗殺された女たらし」というならケネディが先に来るべきじゃないか!? というのはもう少し大人向けの伝記を読んでないとダメかな?
 
 以上、多摩丘陵のどこかに大きな声で子どもをよく叱る陽気なおかあさんが住んでるんだなと、そのくらいの気持ちで読んでてください。探さないでぇ!

投稿: まいね | 2008年1月14日 (月) 11時07分

「探さないでぇ!」とせっかく言いながら「多摩丘陵」って書いちゃったらやばいんじゃないの?黙ってたらたいていの人には多摩丘陵ってわからないはずのなのに.

投稿: 三ねんせい | 2008年1月14日 (月) 14時44分

地名からルート取りなんかしなくてもさ,タイトルに「大きなおさんぽ」ってあるじゃない.そういえば小田急バスって書くのもやばいね.
とにかくお散歩は健康にいいです!

投稿: 三ねんせい | 2008年1月14日 (月) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17683945

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなおさんぽ:

« 脱出してるかい!?  | トップページ | 「篤姫」 2 姫様はタンポポ? »