« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

2007年11月 3日 (土)

 「まちがい」謎のお得意様

   ご近所の積ん読本バスターズとして、お友達のうちに上がり込んでは本を読みあさっていた頃と思いねえ。学研の読み特だったかな、またしても、小学校高学年向けの読み物で。

   欧羅巴のとある街の片隅に、わりあい流行ってるパン屋があったとさ。そこの看板娘のメリーさん(仮名)は、やや年増だけど気のいい女性で、毎日くるくると立ち働いておりました。そのメリーさんが気づいたことには、どうも毎日、一日経った古いパンばっかり買いに来る客がいる。メリーさんのお店は流行ってる店だけど、毎日売れ切れ御免というわけには行かない。2,3切れ売れ残って、それは別にして安く売ってるのを、ま、貧乏な人が買いに来たりはするんだけど。
   毎日ってのは尋常じゃない。
   それが、痩せて目の鋭いちょっと渋い若い男なんだ。
   メリーさん気になって、今日はあの人は来るかしら、古いパンが先に売れそうになると断ってとっといたりして、ちょっと肩入れしすぎじゃない?
   ところが、気になり始めるとその古パンさん、来なくなるんだから。こないだも、1週間ぶりに来たと思ったら思いっきり痩せてて、袖口なんか黒く汚れてて。
   「古いパンはないんですか?」それがまた、ちょうど売り切れてたんだ! 済まなそうに言うと思いっきりがっかりされて。
   「あの、こちらの、新しいパンはいかがですか」って勧めても、
   「古いモノでないとダメなのです」って帰っちゃう。   

   (ああ、この人、売れない画家なんだ!)
   恋する女性はある種の探偵でありますな。勝手に古パンさんを画家と推理。一生懸命勉強してるけど、絵が売れないんだ。一日経った安いパンしか食べられないんだ。
   そう思ったら、もう気が気でなくって。
   今まで身なりなんか構ったことはなかったけど、店に出るにもちょっとこましな格好してみて、美容のために青汁(そんなのあったかな? とりあえずまずい美容ジュースだと思いねえ)なんか飲み始めて。店にも絵なんか掛けて。もう、「ものや想うと人の問う」状態。

   ある日、決死の覚悟で話しかけたりして。
   「あ、あの、この絵、どうですか?」なんて。
   古パン男、ちらっと見るなり
   「……パース狂ってるんじゃないスか?」って、そんだけ。
   「私、絵が好きなんです!(絵じゃないだろう、絵描きだろう! とセルフ突っ込みアリ)」と決死の告白もスルー。古いパンをあるだけ買って、渋く店を出て行くのです。もう、すっごく追い詰められてる感じが背中に漂ってます。
   「ああ! あたしがあの人にしてあげられることはなんだろう!?」
   古いパンに卵やハムでも挟んであげようか。そこまでやるのはお節介だろうか。でも、せめて栄養たっぷりになるように、バターをいっぱいはさんであげよう(みんな飢えてたコレステロールとかの観念のなかった時代の話です!!)。
   メリーさん、妄想が暴走してます。

   で、実行しちゃった。
   どきどきしながら、古いパンを袋に入れるときにナイフで切れ目を入れ、解らないように(ここポイント)バターをナイフにたっぷりつけて、塗り込めちゃった。
   ああ、これであのひとが少しは元気を出してくれますように。私のことに、気がついてくれますように……。

   ところが次の日、その古パン男が怒鳴り込んでくるんです。
   「このあま、なんであんないたずらをしやがった! おれがいったいあんたになにをしたっていうんだ!?」もう、顔は真っ赤、目は見開いて、もう鬼のような怒りよう。あとから追っかけてきたそのひとの友人が、上手くなだめて彼を連れ去って、種明かし。

   「わたしたちは、設計の仕事をしているのです」
   今度のコンペに出すために、何日も前から製図を引いていて、毎日がんばっていたのだそうで。
   「古いパンは、鉛筆の線を消すのに非常に具合がよいのです」って、消しゴム代わりに使ってたんですって。……ま、史実的には正しいけど……罰当たりめ。
   「それが、もうすぐ完成というところで、この前のパンを使ってしまったので」塗り込められていたバターが、大切な製図をめちゃくちゃにしてしまったと。
   話を聞いたメリーさん、すぐさま裏へ引っ込んで、こじゃれた服を脱ぎ、美容ジュースを窓から投げ捨てて、ベッドに倒れ込んでしまいましたトサ。

   幼心に後味ワル~な話でした。やっぱ、恋は盲目? 違うよなそう言う話と。

   で、なんでこんな話を出してきたかというと、お向かいのベーカリーに、最近は足繁く通って鳥のえさ用パン耳をゲットしておるのですが、厨房につめてるご主人までわたくしの顔を覚えたらしく、いつも愛想良くしてくれるんです。もう、申し訳ないくらい。
   「おかあさん、鳥にやるなんてお店の人に聞こえるところで言っちゃダメだよ。かわいそうじゃない」いや、豹太それは気の回しすぎ……?。

   その古パン男じゃないけど、やっぱ、目当てがパン耳なだけに、耳がないときは心持ちがっかりしてるでしょうかね、おかあさん素直だし。で、カムフラージュに虎美の朝ごパン用の食パンや、旦那様用の胚芽パン(わたくしはあるものは何でも食べますです)、子どもたちにおやつパンを買ったりしてるんですが。

   今日なんか
   「ガーリックのラスクを作ってみたんです。ぜひおためしください」なんてご主人飛び出してきて試供品を一握り手渡ししてくれて。いや、ラスクも嫌いじゃないし、香ばしくっておいしかったけど(コレ打ちながら食べちゃった。だめじゃん、ご飯前に)、加工したら鳥にやれないからできれば古パンのまま頂戴、10円でも20円でも値段つけていいから。

   わたくしも、パン耳を食べねばならないほど困窮している、もしくはパン耳も愛しいほどここのパンを愛好していると思われてるのでありましょうか。  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ご利用は計画的に 

   新居(もう半年経っちゃったけど)は、今風の建て方で、出窓があって、洋風の、上げ下げ窓がいくつかついてます。わたくし初めて実際に使ってみたんですけど、あれって、昔のバスや電車の窓みたいにちゃんといくつか適当なところに穴があけてあって、そこで止めておけるようになってるんですね。サークルで使ってた昔の建物の上げ下げ窓は、どこででも適当に手を放せば留まって、板バネかなんかで一生懸命支えてるだけみたいに見えたんで、弱ってきたら文字通りギロチンのように落ちてくるんだと思ってました。阿刀田高も、エッセイの中で、上げ下げの洋窓のところで猫が挟まる話を書いたようなことを言ってたし。

   で、洋風の窓に似合いなのはカフェカーテン。少し前から流行り始めた、カフェーの窓にあるような、白いレース刺繍のの穴のところに棒を通してくしゃくしゃっとしわを寄せて目隠しにしたような簡単で清潔っぽいカーテンですね。あれ、やってみたかったんですよ。
   でも、先に入った旦那様がみんなカーテンは手配してしまって、残ったのは、キッチンの後ろ、バス停から丸見えの窓ひとつでした。ま、来てすぐはそこに段ボールどかんと置いちゃってふさいでたんですけど、イロイロ発掘してまあ、夏前には空いて。空いてるシール容器とか使ってないお薬缶とかちょっと置いて、ごちゃごちゃしたまま一夏終わっちゃって。
そろそろなんか掛けないと、と思ってるとまた虎美がナマイキに、
   「おかーさん、そこ、早くカーテン買おうよ。まぶしいよ、外から丸見えだし」なんて言い出して。秋になってくると西日がもろにそこから差し込んで、悪いことにリヴィングに置いてあるおかあさんのパソコンを直撃。ま、夕日が差す時間帯はパソコンなんかやってる暇ないけど。
   イトーヨーカドーがバーゲンだというので、木曜、麓に降りたついでに見てみました。一応2本レールはついてるので、普通のカーテンでもいいんだけど、1メートル幅ぐらいの窓に右からと左からと2枚もいらないなーって。やっぱりカフェカーテンでしょう。って、この前改装したイトーヨーカドー ノイエ・リリエンベルク店、カフェカーテンは置いてなくなっちゃった。ま、今はどちらかというとこたつや防寒グッズに力を入れたい季節だし。でも、右へ左へ開閉するカーテンは一番安いレースのヤツだけでも2500円もするんだもん。ちょっとイヤだな。

   そういえば、仙台では手芸店にカフェカーテンのレースが量り売りしてたなあ。
   と思って遠く店の隅を望むと、あるじゃないですか、手作り材料の店が。いそいそ見に行くと、どれもこれも凝ったレースがよりどりみどり。メーター980円って、何メートル買ったらいいんでしょうね?  カフェカーテンはドレープが命です、ある程度くしゅくしゅさせないと綺麗じゃないんですけど、それってえーと実寸の何倍だったっけ? どちらにしても、反物の状態でおいてあるレースは装飾過多な気がして、イマイチ食指が動きません。もう2,3歩動くと、適当な寸法に切ったモノが畳んで売ってました。反物を切り売りしてって残った余りかも知れません。
   「……これでいいか」
   かなり粗めの、5ミリぐらいのネットの上に刺繍で唐草を描いたようなレースです。上の方の、棒を通す辺りは、5センチおきぐらいに親指と人差し指で輪を作ったぐらいの大きさの穴が空いています。ここに棒を通して窓に掛けよということです(ちゃんと横に窓用の木目調だったりステンレスだったりの突っ張り棒も売ってます)。
   ただ、長さが、両手を軽く伸ばしたぐらいしかなくって。ぎりぎり窓を覆えるぐらいですかね。突っ張り棒は、サイズが分かんないし、カーテンレールが既にあるし、買わないで、クリップに尻尾がついていてカーテンレールから提げられるカーテン金具を買うことにしました。
   これで980円+294×2(8個入りだったので)。おまけに改装大売り出しで2割引だ。ラッキー。

   おうちに帰って、夜、旦那様を待ちながら嬉々として始めました。ちょうど穴のところに1個ずつクリップをつけてランナー(レールに組み込まれてる右へ左へ動く部品)から提げるといい感じ。棒に通してドレープを取ることができない分、2本のレールを互い違いに吊ることで多少襞を出してみますが……。やっぱりほぼ窓を覆うくらいしかなかったのでした。ただの一枚布を吊ってみただけという感じ。

   もう一度言います。

   

カ フ ェ カ ー テ ン は ド レ ー プ が 命 で す。コレに限れば、大は小を兼ねたのです。

   どうしよう? 値札もう取っちゃったし。

   でも、このレースの唐草は気に入っちゃったのよう。

   結局、このまま行くことにしました。たとえ寸法取り直して買い直すにしても、コレと同じレースは売れ残ってなかったんだし。

   ああ、せめて窓のサイズをちゃんと測っていけば良かった……。そうでなくても、店員さんに1メートル幅で目安を聞くとか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

秋の歌謡ショウ

   一仕事終えてご機嫌のおかあさん、昨日は夕飯の支度をしながら1曲、2曲、3曲……。
   「今日は秋の歌シリーズなんだ?」まだ「ヘキサゴン」が始まってなかったから邪魔になってなかったみたい。虎美もいっしょになって、歌う、歌う「真っ赤な秋」、「小さい秋見つけた」「紅葉」……。
   「おかあさん、ドレミの歌の2番ってどんなんだっけ?」と、虎美。任しとけ。
   「ド! んなーときーにもー レ! つを組んでー」見事に一曲通せます。うーん、みっちり声楽やった割にはこぶしが回って、小林幸子系なんだな、おかあさんの声は。

   「ドーはおんなのこーのしかー、レイは太陽の光ー、ミーはわーたしのことよー
    ファーは長い道ー、ソーはおさいほうー、ラーはソーの次ー、ティーはこうちゃだよー」

   「ナニソレ」調子に乗るおかあさんに、虎美は冷ややかなまなざし。
   「ホントの英語のドレミの歌はこういってるんだよ(アマサイさんのサイトの応接室参照のこと)」
   「ありえない!」
   「日本のドレミの歌とアメリカのドレミの歌は全然違うんだ」何を偉そうに。
   「トリヴィアじゃん」
   「あとで親に感謝しろよ」さて、その日は来るのかなあ?
   そうこうしてるうちにホイコーローができあがって、ご飯になりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へん~しん!

   

万聖節は日本全国昨日と言うことでよろしくて? 最終木曜日なのはなんだっけ? サンクス・ギヴィング・デイ? でも、先週の土曜、駅前のサティに前々から目をつけてたモロゾフの販促用黒猫ちゃんチャーム(コレが目当て)のついたハロウィーンお菓子パックを買いにったら、もう完全に売り切れてたんだけども(虎美のしょげることといったら!)。

   その前の、本厚木まで出た日に目的を果たせず(秋冬物160サイズ福袋は速攻売り切れ)、途方に暮れつつ帰りを急ごうとしたら、虎美が言うのです。

   「おかあさん、30日には学校でハロウィーンパーティがあるの。なにか仮装しなくっちゃ」
          待 て 。
   いくら公立だからって、そりゃ外つ国の宗教行事でしょうが。七夕もせんくせにそんなもん意味も分かんないくせに や ら な く て よ ろ し い(いやおかあさんはハロウィーンの行事じたいは罪がなくて流行らしてもいいものかと思ってるんですけどね)。

   何を着ようかとはしゃぐ娘に、時間も予算もないのにスゴイモノを言い出されては困る、とばかり
   「お前は着物があるんだからそれ着てネコミミでもつければ十分目立てるぞ」と言ってしまって。
   「じゃーネコミミ買って」ということに。

   女性向けのヘア・アクセサリーなんか置いてあるおしゃれな店なんか冷やかして、店員さんに尋ねます。
   「今度ハロウィーンあるんで。猫の耳のついたカチューシャとか、ないですか?」おかあさん、つい両手がこう頭の上に……。△ △
   「ああ! うちはないですけど、ミロード1の方の××さんにあります」なんて商品知識のある店員さんだろう! お礼を言って連絡通路を急ぎます。言われたとおり、女子高生のたむろするそのお店には、
   「うわー! ネコミミ、豹ミミ、ラビミミ、ゼブミミにジラミミ! 虎美、こんなの若いうちだけだからとりあえず全部試しとけ!」 おかあさんの方が興奮。あ、ラビミミは普通うさミミですよね。ゼブは縞馬、ジラは麒麟のそれぞれ略と思し召せ。その他、全面にプロレスラーのマスクのごとく部品が繋がっていて、お鼻もついた豹ミミ、獅子ミミもあった模様。
   虎美も遠慮しながらいろいろ手にとって、やや大きめの白い三角ミミのふちに白いスパンコールの縫いつけられたモノに決めました。
   さらに、魔女の帽子やら、妖精のバトンなど仮装用品が目白押し。虎美は帽子が気に入ったようで
   「一度被ってみたい」と鏡の方へ。これってどっかで見たよなあと思ったおかあさんはニヤニヤ。虎美がちょうど鏡に向かって帽子を頭に載せたところで一声。
   「スリザリーン!
   「やめてよう!」

   というわけで、見事お役に立ったネコミミは、その日帰宅するなりおかあさんの蒲団の横に潜り込んだ虎美がぱっと頭から外して……そのまま今朝まで枕元に放置されていたのでした。
   さすがに2日めになるとおかあさんも気がとがめて、頭にちょっと載せると出勤前の旦那様のところへ。
   「お~もいで~らららららお~もいで~ららららら♪」ここまでしか歌えないんですけど。何事かと振り向く旦那様ににゃ~んとあのミュージカルのポーズなんか取ってみたりして。
   ……やっぱり11月になってしまってはもう受けないのでした。
   まだまだ若いつもりでも、もう体型もニャジラだし(一世を風靡したところの猫漫画「WHAT’S MICHAEL?」中の、怪獣のように肥え太った三毛猫)。

   ネコミミを外して虎美の部屋に放り込むと(ちゃんと棚の上に載せました!)、また高らかに歌いながら階段を下りるおかあさんでした。

   「目盛り~ららららら目盛り~♪」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

王様の耳はロバの耳っ!

   あ~~~~終わった!
   お友達からコッソリ回してもらってたところの講演原稿の要約アルバイト、締め切り今日だったんだけど今終わってメイルで提出しました。世の中便利になったこと。
   正しくは、お洗濯の方が先に終わってたのを送信して、すぐさま物干しに出て干してきたところです。今日朝ギリギリまで降ってなかった?(ほぼ徹夜なひと) もうちゃんとNHKが言ったとおりのお天気になってたわ。ラッキー。

   ものが講演原稿なので「話の衣が厚い(マルc加藤元浩)」

   内容はためになるお話しなんだけど、言葉遣いが「ご家族」「お子さん」「させていただく」「~のほう」と、当たりを柔らかくする言葉の過剰包装。そんでもって「~けれども。~けれども」と引っ張る引っ張る、「~かなと、これは私の主観で、そう思っています」と逃げる逃げる。あんたの意見はどこなのよぉ~~~!? と2分の1以下に要約してくださいなんて注文をつけられて思いっきり消耗しました。 

   これからちょっと寝ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

時代屋の商品案内

   こないだ「殿といっしょ」を探しに時代屋(時代小説専門書店)に行ったときの話。

   「やっぱないんですか~」とうなだれる母の脇からショウケースをのぞき込む虎美。
   「えーコレ綺麗、なーにー?」
   「戦国武将家紋イヤリング? なんじゃそりゃ」たしかクリスタルに刻んであったんじゃないかと。
   「ペンダントもございます。よろしければお出ししましょうか?」
   「新選組の……こりゃ、鍔か? ……血なまぐさそうな」あ、森伊蔵とかのライヴァルキャラ(?)のもありました。さらに、
   「張飛のマドラー? 蛇鉾になってんのか? ……酔狂な」大きすぎてタンブラーをひっくり返しそうなデザインです。
   「いかがですか」
   「だ~めだ。 酔 っ て 失 敗 し そ う じゃん」

   おかあさんちょっと粋なこと言ってみたつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きは3ペニヒの得なのよっ!

   毎日登校を渋る虎美、とうとう先生は最終兵器を使用。
   「毎日先生が迎えに来てあげます!」ああっそんな先生もったいない!
   おかあさん困っちゃう。

   先生が来てくださるんだったら、子どもを見送った後2度寝するためにお寝巻きのまま顔も洗わず送り出しなんて訳にいかないじゃない!(というような親の方の生活の乱れから正さないとイカンということでしょうか)

   というわけで、秋休み開けぐらいから毎朝ちゃんとお着替えをしてそれなりに目の覚めた顔で(お化粧はまだしてないけど……ダメ?)玄関先に出て、虎美の支度を待ちながら先生をお待たせしないよう見張ってるんですけど。

   手持ちぶさたなんで。

   お庭の方へ回って、買ったまま転がしてあるちゅうりっぷの球根を植えたり、バラの手入れをしたり、どうしようもなく繁茂してきた雑草を抜いたりしてました。

   意外、はかどりますね、朝だからまだ暑くないし(もうそんなシーズンじゃないよ)。おかげで来春に向けての球根の植え込みは完璧。プランター4つに配分した生協の人気球根セットが南側と西のバス通り側に配備済みです。雑草も、鎌まで行かなくても剪定ばさみでジャキジャキやると、笹とも芝ともつかない葉っぱの細い草もどんどん刈れちゃうし。結構スッキリしましたよ。

   今朝も、兄弟げんかで箪笥の角に頭をぶつけて以来吐き気とめまいが、なんていって昨日大騒ぎして近くのセント・メリィアン医科大学(仮名) に担ぎ込まれた虎美、まだ吐き気がするようなんて言ってたのが(CTまで撮ったけど異常なし、ま、次に気分が悪くなったら救急車だけど、滅多にそういう人いないから、と言われました)、朝日に当たってるうちにしゃっきりしてきて(やっぱり引きこもりには朝日が効く!)、
   「先生遅いね」なんて余裕でぷらぷらしだして。
   うちからは死角になってる(でもバス待ちの皆さんにはモロ正面)の部分の雑草もあらかた刈り終えた頃、
   「遅くなりました! 電話したんですけど通じなくって!(んーそりゃ二人とも外にいりゃ聞こえないよ)」と謝りながら駆けてくる先生とやっと合流できました。

   

朝ちゃんと起きると家事がはかどるな、と家の中に入ってTVを見たら
   「08:20」
   朝ドラがもう佳境に入ってたじゃないですか。

                     ……そりゃ20分も手を動かしてりゃなんとかなるよ。

   p.s.
   ユーロの下の補助通貨ってなんて言うんですかね? エイジャ? アフロ? やっぱサンチーム?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

やがてかけこもらましかば - 生き残るまごころ -

   仕事に行き詰まったので、休憩♪ なんつって、お友達から回してもらったちょっとした編集しごと、別画面で落ちモノゲームなんかやりつつだらだらやってるんですが。手前のしょうもない小説の削り作業と違って、まじめな講演原稿は削るのが難しいです。全部である調じゃだめ?

   この前お友達と逢って、イロイロ話をしたときに出た話。お互いちょっとユニークな進学校出身ということもあり、大学の友達ってことで、
   「徒然草ぐらいなら、教科書に載ってる章段以外も結構読んだよねえ」という話になりました。
   「うちはもう、岩波かなんかのうっすい文庫本買わされたよ。もったいないから一通り目を通して」MOTTAINAI と思う気持ち 無駄にしない心がけ♪ 
   「問題集にもいろんな段が取り上げられてたし」
   「高名の木登り、榎木の僧正、諸矢を手ばさみて……」すらすら挙がるこれが昔とった杵柄。
   「大根武者!」本ブログ去年の今頃、「ああっお大根様」の項をご覧ください。
   「そうそう!」と前振りをしといて。
   「家庭教師やってたときに出たのが『やがてかけこもらましかば』。あの、秋にひとんちに行って、出た後そこんちのひとがすぐ鍵を掛けないでちょっと月なんか見てたのが風情があるって話」
   「はいはい」
   三十二段、九月廿日の比、ある人に誘はれたてまつりて、
   ですな。「やがてかけこもらましかば、口をしからまし」という主題の部分が「ましかば~まし」という反実仮想の重要助動詞の構文という文法的重要性と、王朝の美意識という兼好らしい内容部分とがこういう教材にもってこいなのでよく問題集に取り上げられてました。

   「コレをやった後で、そこんちを出たら。たしかにもういい時間だったけどすぐさまガッチャリって玄関の戸締められてね。あんた全然内容解ってないやんって思ったんだけど……やっぱ現実社会に応用するのは無理かね?」
   「いや、それはその子も無神経でしょう」
   「問題集の例文って、ただ国語の勉強のために読むもんじゃなくってさ、それでも面白かったら面白いと思えばいいし、ためになると思えばそう思って読めばいいと思ってたんだけど。わたしはそうだったよ」大塚の附属高校受けるような優秀な子だったし。論説文なんか、わたしよりよっぽど立派に解答をキメてました、ま、国立大の附属校にありがちで、うちの高校も本体の大学なんかへとも思ってないような優秀であかぬけたお嬢さんが揃ってましたから。わたしも、金沢大なんか滑り止めと思えとか言われてたし(オイオイ)。テストの問題に出るような文さえ心に染みこまないのなら、どんな立派な文をあなたたちは読んで心の糧にしているの?

   で、今週の「とりぱん」、作者のなんこさんが漫画で賞を取ってデビューする前、お勤めが性に合わず、それなのに契約社員で将来の安定もなくてストレスから非常に心を病んでいたという語り起こしで。作中よく登場するお友達で、ちょっと引っ込んだところに住んでいるSさんが「バラのお茶いれたげるからうちにおいで」と呼んでくれたと。そして、庭のバラの実を摘むところから始めて、香りの良いお茶に、素敵なお庭、飼い猫が足にじゃれつき……という時を過ごして心がすっかりほぐれたと。で、辞去するとき、玄関に見送りに出たSさんは車が出てもずっとずうっと見送っていてくれたという話でした。
   このくだりでの使用ページわずかに1P。泣けたという報告が2ちゃんに複数挙がってました。漫画ってすごい芸術だなあ(あんたの文章表現力がないだけ)。

   「やがてかけこもらましかば」の精神は、千年経っても残ってたんですね。大切な友達を、見守っているよ、大切に思っているよという心がさせる行為、名残を惜しみ、大切な人との時間をいっぱいまで楽しむ精神が(いやちょっと違うか?)。大丈夫かな? なんこさんはわたしより五才ぐらい下みたいだから(タメだと思っていたかったが)、あの家庭教師先の女の子と同じくらいでしょう。だから、あの世代まで、真心というものが生き残っているという証がここにあったということで。

   ちょっと安心?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »