« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »

2007年10月 6日 (土)

「マダム・ジョーカー」奥様コミックの珠玉

   名香智子の「マダム・ジョーカー」6巻が出てました。

   一時期百花繚乱だったレディースコミックも、いまは見事に落ち着いて、生き残りが細々と各分野に棲み分けしておる模様。登場人物がスクールガールばっかりの「少女漫画」を卒業したおねえさんが性描写はべつにいらないけど大人の読む内容で、となると「のダメカンタービレ」とかになるのでしょう。昔はOLが主人公のも「花とゆめ」に普通に載ってたのになあ。

   で、奥様が登場人物で奥様が読んで面白いものというとこうなるか。

   月光寺蘭子さんは、美貌の財閥未亡人。シリーズ開始時点では高校生と中学生の二人の子供もいて、ちゃんとハンサムなヒモもいたという何不自由無い生活を送ってました(今はヒモと切れて亡夫の弟と再婚)。そういう無敵の奥様がいろんな事件に出会って解決したり世の無常を悟ったりというお話。

   はっきり言うと、学生時代の蘭子さんは校則をやぶって色つきリップを塗ってきたりマニキュアをしたりという問題児で成績はぱっとしないお嬢さんであったらしく、わたくしが絶対お友達になったりしないタイプです。現在も、ケバイし失敬、とても華やかでいらっしゃるし、社交的で開放的でいらっしゃるのでわたしでなくても誤解をしてしまうタイプかも知れません。

   しかしながら、若くして玉の輿に乗られ(実家は華族とはいえ極貧だそうで)ご苦労があったのでしょう、なかなかの人格者です。もともとおおらかで楽天的なところがあったんでしょうね(亡夫もそこが好きだったと言っておられたような)。

   奥様としてありがちな、派閥にはいれだのあの彼女は気に入らないだのという話に
   「みんなそう言っている、だからあなたの従うべきだという意見、学生時代も良く聞きましたわ」とにこやかに応じ
   「でもそのようなことは未熟な幼い人間のすることだと思っていました」とバッサリ。上流の方は喧嘩をするときも優雅ですね。こーゆーことをハッキリ言ったりできるので、蘭子さんは一部に嫌われ、一部でとっても好かれて楽しく(?)人生を送ってこられてます。

   

友達になってみたいかも知れない。

   作者は噂によるとこういうゴージャスな世界を肌で感じて育ってきた人らしいですが、なるほど、ゴージャスな人ならではの変なところを上手く描き出してる作品が多いです。しかしながら、お金、家族、運、美貌、善い心に恵まれてないひともこの作品にはよく出てくるんだな。

   息子に稼がせてその金を搾り取って遊んで暮らす親、政略結婚した妻をないがしろにして精神的に虐待する夫、独居老人のうちを乗っ取ろうとする犯罪者、遊んで暮らすしか能が無くて娘を電気やガスの止まった家に放置する親、そして、家事放棄して子供(や夫)に食事を与えない親……。

   ゴージャスな蘭子さんの手は彼らにさしのべられ、結構あっと言わされたりもするけど読んでる方はほっとする結末になりますのよ。

   こういう雑誌に載ってる話にしてはシリーズが続くのも宜なるかなと思いましてよ(この年になると、レディースコミック雑誌を読むのもなんだかなあというカンジです。絵も話も変な作品が載ってたりするとうちで広げるわけにも行かなかったりするし。掲載誌読んだことないかも知れない。でも、この作品は信頼できるから、単行本なら読もうという気になります)。

   自分が親に放置されて、給食で食いつないできた子だから、同じような子にはお腹いっぱい食べさせてあげたいという百合子ちゃん(蘭子さんの同窓のライヴァルの娘。婿養子たる父は彼女の家を破産させて失踪)がもうけなげで。親がダメでも子供はしっかり育つのねえ(フィクションだから?)

   いやしかし、奸計で引き裂かれた恋人に20年ぶりに逢ってみたら彼はその父(今は略奪されて彼女の夫)とおなじ顔に老けていたってのは悲惨。だからといって彼女の取った行動も……時は残酷だけど、女心もまた……(そこで女衆がなるほどと納得するのも。納得するなよ……)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

「六の宮の姫君」イチローも狙ってみるかホームラン!?

   とむ影さんから貸していただいて、北村薫の円紫師匠と「私」のシリーズにはまっております。この主人公がもう、「一日一冊」のノルマを課す本の虫で、いろんな本を読んでおるかわいい国文科の女子学生なのです。そして、ひょんなことから単なるファンの枠を越えて彼女がおつきあいをしておる細かい人間観察と人の善意を大切にする噺家円紫師匠が、これがみごとな安楽椅子探偵さんで、文中の表現を借りれば「靴紐を解くように」日常の謎を解明してくれるのであります。

   さて、わたくしはどちらかといわれなくってもイチローよりゴジラ松井の方が好きです。しかしながら大リーグでの成績はイチローの方が良くって、この夏また大リーグのヒットの通算記録だかを作ったといって、インタヴューを受けておったかと思います。それで「ホームランは狙わないの?」云々聞かれてたような。イチロー選手ニヤリと笑って「打率2割でよかったらナンボでも打つけど?」とか答えてなかったかしら。ホームランが打てないワケじゃないのです。でも、自分はこっちが得意で、こっちの方が楽しい、お客さんを楽しませることができる、チームに貢献できると思ってアヴェレージヒッターをやっておるのだと。
   悔しいけどカッコイイ。

   

ひとには向いてる分野というのがあるのですな。

   で、ですね、この「円紫さんと私」シリーズは、殺人の出てこないコージーミステリで、短編集だったんですが、第3弾にはとうとう人死にが出て、おまけに長編になったんですね。

   面白かったけど。

   確かに物語世界は壊れてなかったけど。

   やっぱ、なんであの子たちお砂糖をオニのように(当時の学生言葉、ムキになって、やたらと、大いに、といった意味)入れてるのかしら……なんと!
   なんでこの本棚だけ本がみんな逆さに入ってるのよ!? ……うわあ。

   ってな小さなキレイなビックリが気持ちよかったんで。

   ま、いくらキレイに曲詰めの将棋かなんかのように収まったって、人が死んだり、単行本一冊丸まるその謎にかかりっきりってのはどうも読んでて乗り切れないわあという、ゼイタクな話。

   まだもう1冊「朝霧」がありました(ここで手をとめて流し読みしました。極悪)。だいじょうぶ、また短編集に戻ってます。とうとうリドルストーリーに暗号ものが出ました。スゴイスゴイ。で、やっぱり落語とか日本の古典芸能が絡んで。こっちの路線の方がいいです。あ、円紫師匠と不倫関係にはならなくていいけど、いい加減「私」に彼を作ってあげてください。周りは順調に幸せになってるのに。

   蛇足。

   

サントリーホールでベルリオーズのレクイエムを聴くなんて素晴らしい経験をしたならもっと燃えなさいよ! その切符、私に回してぇ……。でも、その曲は偶然隣同士で聴いたって、恋に落ちるかどうかは……? 「クララ白書」(氷室冴子)では北大のオケを見学に行ったらブランデンブルク協奏曲をやっていて、そのワイルドな指揮者に一目惚れ、というベタな出会いをやってますが。ベルリオーズは編成が凝っていて(オーケストラの他に金管の別部隊を4編成使うんじゃなかったかな? そのチームを東西南北で指示されてたから、サントリーホールはうってつけだったかも)初めてだと魂を持って行かれるかも知れません。客席にトランペットが隠れていていきなり2階からパパパパ~! と聞こえてくるヴェルディのレクィエムもビックリしますけど。ま、絢爛豪華な曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブタイトル変更?

   「活字中毒な奥様の野望と妄想」というサブタイトルで始めました当ブログですが、とても当初の目的のような本や漫画や創作の優雅なお話なんかしてなくって。

   「不登校の息子を持つもと優等生ママの苦悩の日々

   だよなあ。

   星先生と心優しい多摩のクラスメイトのおかげで(遅刻はするけど)ちゃんと学校に通い始めた豹太ですが。

   「今日はダメ。吐き気がするの……」

   今度は お 嬢 様 が 登 校 拒 否で……。

   嗚呼、おかあさんが優雅な読書三昧生活を送れるのはいつなのよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャチョー!!

   ああっ、社長さんのバカッ!

   東北楽天ゴールデンイーグルス、高校生ドラフトで両思いの高校生剛速球投手、仙台育英高校の佐藤由規クンを逃しました

   だめじゃん! 「島田社長の黄金の右!」つって右手をかたどったストラップを作って(楽天球団もシャレが好き)ファンの皆さんにくじ運を分けちゃったから、ここぞというところでツキを失ってしまったんだわと思ったんですけど。

   本日の読売新聞報道に拠りますと「東京ヤクルトの今季限りで退団する古田監督が、去年田中を引いた強運にあやかろうと楽天島田社長に握手を求め、その手で佐藤選手への交渉権を得る一番くじを引いた」そうで。

   やっぱりツキは残ってたんじゃないの。

   ま、ヤクルトも今悲惨だし、古田さんに有終の美を飾って貰うためにここは譲ってよかったかな。

   その昔のゴジラ松井の時も、実は密かにタイガースファンだから、巨人ファンとしてはあそこで長嶋監督が一番くじを引いて巨人入団が決まったときはやったあ! と思いましたが、彼の心を知る星稜野球部のメンバーは静まりかえっちゃったんだそうで。

   同じようなことが昨日も仙台で起こったと。

   そんなこともあったなあと、思い出になる日が来ることを祈って。

   佐藤くん、ヤクルトでもがんばってね。

   野村監督、えーと、寺田くん、石田くん、菊池くんの3人を大きく育ててください。

   まだ大学・社会人ドラフトがあるさ。大学出新人だって、去年は永井怜ちゃんといういいのを引いたんだから!
   
   シ ャ チ ョ ー !  今 度 こ そ 一 番 く じ が ん ば っ て く だ さ い ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

白雪姫のママン

   

白雪姫の命名秘話は、こんな感じ。
   白雪姫が産まれる前に、お妃様は窓辺で縫い物をしていて、うっかり手に針を刺してしまって血が雪の上に零れて。
   「こんな雪のような白い肌で、この血のような真っ赤な頬をして、この黒檀の窓枠のような黒い髪の姫が産まれればいいのに」って、その通りのおんなのこが産まれて、願いにちなんで「白雪姫」と名付けましたって話。
   おいおい、外見だけ? 五体満足とか、身体頑健とか、因習に眼を曇らされない叡智とか、何者にも挫けない強靱な精神とか、弱いものに目を留め寄り添おうとする黄金の心とかは娘に希望しないんですかってのは、フェミニズムのひとでなくっても突っ込みたいところだと思うんですけど。

   さて、2学期制に移行した川崎市はゴルドベルク中、三者面談に行って参りました。
   「豹太くんは、ほんとにいい子なんですよ」
   先生、それより、おかあさんはみごとに「赤ちゃんのお耳」が並んだ通信簿の方に目が釘付けです。あろうことか、アヒルさんもいます(保健体育だからま、しょうがないか)。
   「係の仕事も一生懸命してくれて、ペアを組んでる子が、忙しくって、つい任せっきりになるのをいいよ、俺暇だから、なんていって負担に思わせないで肩代わりしてくれてるんです」へーほー。
   「この前の、上履き事件だって、豹太くんから聞いてるかと思いますけど」
   はいはい。
   この前どうにも登校を渋る豹太に問いただしてみれば
   「上履きを隠された」と。
   「そんなベタな嫌がらせぐらいで甘えたことを抜かすな! 今のいじめはパンツを脱がせて毛を剃ったあげくがネットに公開だぞ! それぐらいされてから言ってみろ!」って、おかあさんも無茶な。
   旦那様がそれを聞きつけて怒り狂い、職員室に抗議の電話を入れて事件は学校側の知るところとなり、てっきりそれくらいで休むなと言ってくるかと思えば
   「それは哀しすぎるでしょう! おかあさん、じゃ、豹太くんは今日学校おやすみしていいです! 今日ちょうどHRがありますから聞いてみます!」って先生、おおごとにしちゃいやん。で、その結果が
   「皆さん目をつぶって机に顔を伏せて。早乙女くんの上履きを隠したひと、黙って右手を挙げなさい」みたいなことはさすがにしなかったそうで。
   「先生になにか言いたいこと、困ったことがある人はこれから配る紙に書いてください」ってやったら
   「早乙女くんはみんなのために一生懸命なのに意地悪をした人がいるのはヒドイと思う」
   「早乙女くんが嫌がらせをされていてかわいそうだった。先生、AくんとBくんを叱ってください」
   「早乙女はいいやつだ」という回答が早速集まったのだとか。

   どこの桐青高校戦のあとの西浦高校野球部の反省会ですか。

   それで、ちゃんと1人はその日のうちに先生に出頭して、ちょっと前早乙女にシャープペンシルを貸したら粗雑な扱いをされたのでついやってしまったが、今は反省している、と言ってくれたそうです。

   「ホントに、その彼も、クラスのジャイアンみたいな子には手を出せないのに、早乙女くんは絶対仕返ししてこないと思ってやるんだから! そういうどうしようもない子ですけど、きっちり締めて反省させておきましたから、おかあさんどうか安心してください」って、そんな大げさな。ま、豹太も納得してたみたいで。

   「早乙女くんも、そんなことをされて辛かったでしょうに。先生に言ってくれていいのよ」に対する答えが
   「別に。トイレに行けなかったのが困った」
   我が子ながらちょっとハードボイルドかなと思いましたです。ムーミンみたいな横顔は幼い頃のままですが。

   「ホント、豹太くんは気は優しくて力持ちって言葉のままのいい子ですから、その分受け止めきれなくて傷ついてしまうことがあるんだと思いますけど、みんな教職員一同解ってて、受け止めていこうと思ってますから

   

が ん ば っ て 学 校 に 来 て く だ さ い

   ……オチはそこか。はい、よくわかりました。

   でも、おかあさん、自分の弟ができのいいやつで、小学生の頃から児童会役員を歴任、クラス委員は信任投票ってぐらいで、成績はわたくしのほうが優秀でしたが、ここ倍角でもういっぺん、成績はわたくしの方が優秀でしたが人望はダブルスコアぐらいで弟の方がありました。それを密かにうらやましく思っておったので、成績は普通でも人望のあるいい子ってのはちょっと我が子のモデルとして希望しないでもなかったんだけど。

   実際成績表みた後では、「ちょっと性格的には難がありますが、クレヴァーでインテリジェンスでブライト」なお子さんの方がよかったかなあ。そんなわけがあるか。おかあさんったらホントに教育ママ。

   
   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

竜田姫様ありがとう

   4月と9月は気温の振れ幅の大きい月とのことですが。4月は仙台だとシャレでなく雪降ったりしますし。それがまた、その仙台でも月末には汗かいたり。逆に9月は真夏日クラスの残暑がもう当たり前(熊本は今年9月はずっと真夏日だったんですって!? ご愁傷様!)。そして、衣替えよと言う頃にはしっかり厚手の長袖も探しとかなきゃということになるのでありました。

   多摩丘陵のはしっこの早乙女家も、金曜の昼間にはたしかにエアコン(冷房!)を入れてたはずなのに。夜が更けるにつれどんどん冷え込んできて、11時頃虎美が
   「寒いよう!」と飛び込んできて。一夏そこら辺に放り出してあったパジャマの上に着るガウンを指し示し、
   「大きな蒲団を出しなさい。もすぐ見えるところにあったよあんたの部屋」ああ、亀と申すのは一般にスリーパーとか申すフリース製の前がファスナーになったちゃんちゃんこです。
   具合が悪いと行って珍しく先に横になっていた旦那様が
   「蒲団を掛けて」と仰せに。
   嗚呼、旦那様は梅雨時から「もう大きい蒲団はいらない」と言って自分で買った羽布団を抱いて寝ていたので押し入れに突っ込んであったのですが、そろそろ干してカヴァーも洗っとかなきゃ、と思ったのに、その日は一夏使い倒した豹太のタオルケットを優先してしまったのです!(いや、蒲団は干せただろうよ。要反省)
   とりあえずこれをどうぞとわたくしの蒲団をおかけして自分はまだパソコンで園芸ゲームなどして遊んでおりました(ニフティの提供している無料ゲーム「ガーデンワルツ」。上手く花が咲きそうになると虫がついたり、日照りで枯死したり。なかなかこれがはまるんです)。
   いざ自分もというときにやっぱり寒さに耐えきれず、旦那様蒲団を押し入れから出してお蒲団を返していただいて、足元の方に蹴りやったまま干しもせずに一夏過ごした我が心の友、熊毛布(熊の毛のような明るい茶色をしているファスナーとスナップがついてかい巻きにしたりできるアイディア毛布)を引きだして、ちゃんとお蒲団メイキングをして寝ようとしたら……埃でくしゃみが止まらなくなって(だから掃除はちゃんとしましょう)。

   そして、(お兄ちゃんはどうしただろう?)と、ウールの毛布をとりあえず手にとって部屋を覗くと、彼は抱き枕兼用で一夏抱きついて過ごした大きい蒲団だけをひっかぶってふるえていたのでした。ふかふかの清潔になったばかりの厚手のタオルケットはやっぱり足元にたたんだまま……。
   「ええいこのオバカタレ!」と蒲団を剥ぐと悲鳴。
   「このタオルケットを使えと言うたではないか!」と、タオルケットをばっと広げて掛け(どっちが襟元かなんて頓着せず!)、ピンクの毛布を(色柄なんて気にする余裕なかろう)と着せかけ、大きい蒲団をまたかぶせて去りました。
   (明日の部活の大会は無理だろうナァ)って思いつつ。

   結局うちの人間はみんな風邪引きになってしまってたんですが。

   いいもん、日曜の朝のご町内一斉清掃は雨天延期になったから!

   土曜の夜には「おかあさん、ストーヴ出していい?」と涙目になった虎美は、もうネルの冬寝間着を着用しておりました。

   あ~あ~。おかあさん金曜は新宿の小田急デパートがワコールのナイティのバーゲンだったから行きたかったんだけど、あんたたちが学校さぼったせいでいけなかったのよねえ。やっぱり行っておステキな冬寝間着を調達してくればよかった(このタイミングのバーゲンは夏物一掃? 5月に行ったときは腹巻きとか暖かいソックスとかが出てましたね)。

   というわけで、日曜も大会は順延、猫科の人たちは「凍死はゴメン」とばかりに自発的にお部屋を掃除して衣替えをやっておりました。豹太は月曜から冬服だからもうそりゃ念入りに。
   「ストーヴ出すなら床はチャンとしとかないと。火事になったら大変」って、セラミックヒーターだけど。心がけはよいですね。

   君たち「俺は北っこだから寒さには強いもん」って言ってなかったっけ?
   「北っこという日本語があるか、仙台うまれとか、寒冷地仕様とか……」突っ込みながらも頼もしく思っておったのに。

   ま、とりあえず、竜田姫様の愛の鞭でうちの子は立派に衣替えを自分たちでやりおおせました。ありがとうございました。

   でもね、やっぱり急で落差ありすぎだったと思うのよ……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »