« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2007年7月28日 (土)

なつやすみ路線

   昨日のお昼過ぎ、ゴルドベルク中に用事で出かけた帰り、あまりの暑さに根性なしのおかあさんはバスに乗ったら。
   かわいい小学生と未就学児らしい姉妹が座席に掛けて、それぞれおっきなビーチボールと浮き輪をだっこしておったのです。確かに昨日はプール日和。

   なんてかわいらしい

   横の二人がけ席にはママとおばあちゃんらしき女性がにこにこ座ってて。ああ、ほほえましい。午前中プールに行った帰りかしら。かさばるから、たたんでから帰るのね、と思ったら、どうも口をつけておって。ぷーぷーふくらませておるのです。

   そういえば、このバスは近くのテーマパーク、ジャイアンツランド(仮名)行きでした!
   うちも新聞屋さんからプール券もらったわ、この前!

   これからこの路線は大勢乗ってくるようになるのね。

   でも、1時過ぎからプールに行ったんじゃそんなに泳げないんじゃないかしら???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

しまさこにゃん!!

http://www.asahi.com/culture/news_culture/OSK200706060030.html   

 あ~~~~~ん!!
   猫の話題を集めたところで拾った話題。
   彦根の観光PRキャラクターとして、井伊さんちの2代目を例の豪徳寺門前で手招きして雷雨から救ったという招き猫伝説から「ひこにゃん」という赤い兜(もちろん井伊さんのあのスゴイ金の角つき)を被ったを被った白猫を出したんだそうな。

   ふつーにかわいいです(♪それってほめ言葉~?)。

   さらに地元FMラジオのパーソナリティデザインで、敵キャラを出したって。

   

しまさこにゃん

   モデルは島左近。
   これが可愛いんです。ギロロみたいな目つきの悪さに灰虎で、兜には三日月の前立て(伊達政宗よりは半月に近い)。ジャビットのぬいぐるみにも通じる引き締まった口元がかあいい!!!
   お友達のみつなりにゃんもいるそうで。

   ああ、彦根行きた~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

信じるものは救われる?

   この前弟が、せっかく近くに来たのだからと顔を出して。
   彼もいい小父さんになったので軽くシワなんかも浮かんできていて、こっちの年も痛感。うちの上の子を見ては「うちの子そっくり!」なんて言ってくれて、でも、こっちとしては(オイオイそりゃないだろう)と内心つっこみ。親バカね。2,3度面識があるからうちの猫科の人たちも普通に会話してて、「やっぱりえくぼとか口元がおかあさんと似てるよ」って、そうかなあ?

   とにかく、真っ黒でつやつや直毛だったのがすごく印象に残ってます。

   うちの旦那様はロマンスグレー家系のひとなので、30代にして白くなり始め、もうごま塩ちゃんだから。

   

うらやましいよう。

   わたしも、三十路を迎えたとたん白髪が交じり始めて(それって、うちが使ってるシャンプーが悪い!?)。
   当時は、時代小説を書くところに出入りしてたから、あの、史実を積み重ねて、西暦何年がナントカの改革の年で、この主人公は何年生まれだからこの改革の記憶はある、でもナントカの大火は何年だから生まれる前のことで……なんて時代考証、年代のすりあわせがもう大変で。頭の体操~っとばかり毎月じわ~っと悩んで。一本書くごとになんだかこめかみが白ーく……。
   薬品で髪を染めるのはなんだか怖かったし(臭いからパーマも嫌い)、まだ一部だからとか逃げまくってる間にどんどん白髪が増えて、それなのにおしゃれカラーリングは流行して、PTAのおかあさんたちでも茶髪は当たり前みたいになってきて。PTAでもお茶でもわたしだけ白髪交じりの構ってないママさんに。

   どうしよう? 40才になったらヘナでも始めてみようかと思ってたんですが。

   ヘナって、植物性だし、インドとかで実績あるし、とりあえず安全そうかなと思ってたら、あれもかぶれるひとはかぶれるそうで。それに
   「染まらないわよ、アレ」なんて、お茶のお稽古で先輩にお聞きしたりして。

   どうするよ、お金もないし。いっぺん染めたら永遠に染め続けないとみっともないらしいしって。でも、髪を伸ばしてると白髪は目立つし。こりゃみっともないよ。お上品な街に越して来ちゃったし。

   ぐるぐる悩んでると、この前、駅前のオサレビルで特売をやってて、これで洗ってるだけで少しずつ茶色くなってくるというヘナのシャンプー&コンディショナーがセットで安くなってました。この際始めるか、と、もう清水ジャンプで買ってみました。

   よく読んでみたら「1ヶ月ぐらいから少しずつ色が出てきます。長さや髪質により個人差あります」って、当たらぬも八卦みたいな。とりあえず、1回使ってみたけど、当然、茶色くなった感じはまだしません。

   

信 じ る マ マ は 染 め ら れ る ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

子どもは大人社会の鏡?

   ちょっと小耳に挟んだ話。
   ちょっと前、市の教育委員会のプチ偉いさんが、子どもたちの学力テストの国語の結果の悪いのに驚いたそうで。
   記述式の、「~~だから。」とか、「○○ので。」と答えるような問題の回答欄が、白いままの答案が25%もあったとか。
   そりゃひでえな。
   書くだけでもなんか書いてみろよって、おかあさんみたいに何か書き殴ってりゃ本質にかするかもっていうお子さんは最近少ないんでしょうか?
   「子どもたちが言葉を放棄している」って、あわてて子どもたちの使う言葉を豊かにするべくいろいろ施策を行って、とりあえず少しは根付いてきたとか言う新聞記事で。

   先生が驚いたのが、その新聞記事で取材に対し「驚いた」って言った自分のことが
「××は愕然とした」なんて勝手に書かれてたことだそうで。そーゆー立場のお役人がオドロク時は「愕然」としなきゃいけないそうで。
   言葉を使うお仕事の筆頭の新聞社の方も、ずいぶん言葉が不自由になってるんですねえ。それじゃあ……と、たぶん××センセイの仰りたかったのはこういうことではとソンタク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よい子はまねをしてはいけません

    この春豹太が勢い込んで
    「おかあさん、買ってほしい本があるんだけど! 」と言うもんだから、おかあさん勇み立って
    「よし! 何の本だ!? なんぼでも買うてやる!!」って、買いに行ったら、
    「ターバン野口」の本。
    密かに流行しておった、お札の折り紙ね。肖像部分を残して、周りをアレンジして折ることによっておすましな肖像とのミスマッチを楽しむ遊びです。お札で遊ぶなんて罰当たりな。破いちゃったら犯罪ですよね? ああそれなのに、豹太ったらはまり倒して、春休みにいろんなところからいただいた入学祝いのお札をことごとく折っちゃって。
   もったいなくて使えないから貯金になっていいかも

   受けを狙って折ったまま支払いに出すひともいるそうですが。
   え~と、保留。

   話変わって、こないだまた高性能なコピー機を悪用してお札の複製を作って使って捕まった人がいたとか。やっぱり使うときに一発でばれて
   「遊びで作ったのをうっかり出しちゃっただけ。偽札を使おうとしたわけではない」とか見苦しいいいわけをしておったとか。

   合わせ技にしてはいけませんよ? 縁のところとかがビミョーに真札とちがうかんじになっちゃったのを、顔だけ出してプリティに折って隠して
   「ホラ! 流行りの野口さんだよ」って煙に巻いたりとか……

    

ぜ っ た い や ら な い で く だ さ い !

   やっぱり、日本の誇る技術の粋を集めた紙幣ですからして、あの紙、あの印刷でなくてはあの折り上がりも出ないのでしょう、きっと。たぶん……。やばいかなあ、ニフティから公序良俗に反するつって削除依頼くるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミはあのアフガン航空相撲を知っているか!? 

   言葉遊び関連で調べ物をしていたら(いや単にリンクをたどっていただけで)。

   例のテロ以来風雲急を告げるアフガニスタンで2002年、当時の閣僚が暗殺されるという事件が起こって。2ちゃんねるにもスレッドが立ちました(話題と場所が提供された)。
   ところが、ちょっと文章を急いじゃったのか
   「アフガン航空相撲殺される
   と書いてしまって。
   東海大相模高校、相模ナンバーの例に漏れずこの字の連なりは日本人には国技を連想させちゃうのであります。まして、これはちゃんと「撲」って字だし。
   「アフガン 航空 すもう 殺されるだって!?」
   「アフガン航空相撲ってどんな格闘技!?」

   まじめな国際情勢の考察はどこへやら、みんなして謎の中央? 西? アジア伝統の格闘技について想像をふくらますふくらます。

http://www.h5.dion.ne.jp/~mlg/airsumo/airsumo.htm  
   往年の少年ジャンプの格闘技の大会漫画のフォーマットにのっとって(あの頃600万部売れてましたから)、架空の書物の引用のスタイルを取り、11世紀、ゴール朝の近衛兵による格闘技が起源だとか、モンゴルの侵攻をも食い止め、対抗手段としてモンゴル相撲が編み出されるきっかけとなったとか、ほらを吹きも吹いたり!!
   かなた文を書くのが得意な無名氏がおれば、こなた絵の上手がおり、ターバンに腰布一枚で空中戦を戦うもののふの姿が公開されるという盛り上がり。みんなノリがいいんだから。

   「みんな落ち着け。航空大臣のことだから。殴り殺されたんだって」
   「正しくは観光航空相らしい」と理性的な発言にも。

   「観光航空相撲というと、バーミヤンあたりの観光地で見せ物にやってる感じがするな」
   「秘伝の国民的格闘技を見せ物にすることを厭う原理派との抗争があるに違いない」
   「すわ! 暗殺というのは奥義を漏らしたことに対する粛正!?」(以上大意につき。この通りの文章が元のスレッドになくても怒らないでね)

   みんな  妄 想 力 あ り す ぎ

   たっぷり笑わしてもらいました。
   こういう遊びって好きよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月22日 (日)

くろくま650 円也

くろくま650<br />
 円也
駅前オサレビル内甘味どころにて。黒蜜アンド黄粉でみごとなテディベア色。中にバニラアイス入り。うまかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »