« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »

2007年7月20日 (金)

うろんな笑顔

   本日のプロ野球オールスター、パシフィックリーグ側先発はダルビッシュ有。スターダストこと楽天選手はスターティングメンバーに出てませんね……明日(楽天の本拠地フルキャストスタジアム宮城で開催)回しか。

   このGWはうちの近くのゴルフ場でトーナメントがあったらしく、提供の会社のポスターがそこら中に貼られてました。

   サロンパスの。

   

ダルビッシュと宮里藍ちゃんが全開で笑ってるやつ。

   宮里選手は笑顔を見たことあったかもで、女の子だし、いいなあ、って思ったんですけど。
   口を大きく開けて笑ってるダルビッシュって。

   

 あ や し い

   エキゾチックな顔立ちなんで。眼がちょっとつり上がったにゃんこ顔ですよね。
   浅黒いお肌はすべすべなんですが。

   なんかあやしい(いや差別じゃないんだけど)。

   普通にしてれば美男子なのに。

   

スポーツマンは笑うべきじゃないのかしらん。いや、新庄選手の笑顔とかは良かったと思うんだけど。

   サライネスの一連の作品は、日本のとある華やかな業界のおにいさんのしょーもない日常を描いてるんですが、「大阪豆ゴハン」とか、「誰も寝てはならぬ」とか。ご本人の趣味により、スターシステムって言いますか? 実在したらしい海外ラリー選手の顔を使ってるらしいんですな。「豆ゴハン」では恐ろしいことに名前ももじってる。ユハ・カンクネン→湯葉勘三郎というように。

   それが、私は気にならないんですけど、合わないひとは「なんで大阪のオッちゃんアンちゃんがあんな濃い顔してるんですか」となるらしいですな。

   でも、ダルビッシュ君のあやしい笑顔を見ますと、彫りの深い美形がゾロゾロというのはやっぱ違和感感じるかなあと思わないでもないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万歩計の効用

   万歩計をねだり倒して買っていただいてから1ヶ月。どのくらい歩いてないかというと、まだ延べで13万歩(万単位以下は切り捨てらしい)。だいたい一日平均4333歩余。全然足りてません。駅前に降りてお買い物に行ってきて7~8000ってとこですから(それでも疲労困憊してその夜は家事もしないで寝てしまう)。

   

慢 性 運 動 不 足

   やっぱりここは乗馬ごっこのエクササイズマシン買ってもらいましょうか?

   一度仙台でご近所のナショナルのお店で虎美が体験させてもらってたんですが。本当は、次回作の関係上お馬に乗る感覚をつかむためおかあさんが乗せてもらいたかったんだけど、あんまり虎美がもう一度、もう一度とはしゃぐからおかあさんもとは言えなくなってしまって。薬局の前のサトちゃんじゃないんだからさ。

   ビリーさんの軍隊風エクササイズは……やるだけのスペースがおうちにないのでできません(恥!)実はかなり興味があるんですけどね。
   「普通の人のおうちにはちゃんとTVの前にアレができるぐらいのスペースがあるんです!」と旦那様。ごめんなさい!

   で、13万歩で日本地図でどのくらい塗りつぶせたかというと、北海道から始まり、県ごとに塗りつぶしていってフォッサマグナを越えました。日本海側は滋賀、京都を今日終え、太平洋側に戻ってきて、愛知の美濃に近い方を埋めたぐらい。

   ま、目安で、実際の距離とは無関係らしいし。それでだよ、シルクロードのやつに変えたら行けども行けども次のオアシスにたどり着かないと思ったのは(シルクロードは実際の距離だったらしい)。

   日本地図は北半分が黒々と浮かび上がり、達成度は53%。評価マークはにっこり、伊能忠敬どのも「ガンバレ」とウィンクしておられます(今日は割と歩いたからね)。

   がんばって夏中に日本一周をいたしましょう(と、お買い物もなんとなく遠回りになるのが万歩計の効用ね)。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「武装錬金」DVD わたしの口はふさげない

   先週虎美は宿泊研修というやつがあって、川崎市が八ヶ岳に持ってる宿泊施設に泊まって星を見たり野外を観察したり、バーベキューをやったりという経験をしてきました。
   で、「月曜から2泊3日、疲れてるだろうから木曜はおうちで休んでてください」なんて言われて。
   おかあさんは水曜にいそいそDVDを借りに行きました。いやだって、例の3ヶ月ごとの番組改編期で、またつまんない特番ばっかだと思ったしさ。

   で、「武装錬金」の3と4を借りてきたわけだ。
   ちょうど、斗貴子さんにホムンクルスのタネ(作中はなんて言ってましたっけね?)が取り付いて、パピヨンが持ってる解毒薬を打たないと体を乗っ取られてしまう! ってところからの引きで。
   幽霊寄宿舎生の「蝶野先輩」が敵の首魁であるところの悪の錬金術師、蝶々仮面の男だと解って、彼の実家へ駆けつけるカズキ、しかしそこは既に「彼の家」ではなくって。嗚呼、蝶野攻爵もかわいそうなヤツだよなあ、という気になりますです。
   で、それでも彼の研究の最初の地、ひいひいじいちゃんの遺した蔵において蝶野を発見、必死の説得工作を試みるわけだ。
   台詞は変わってなかったと思うのに、原作のスピード感あるギャグはちょっと出てませんでした。
   ここんとこ好きなんですよ
   天才の名を恣(ホシイママ)にして、将来を約束されていた青年が、原因不明の不治の病で死を迎えねばならない無念。虫けらほどにしか思ってなかったクラスメイトが自分を追い越して飛びたってゆくのを目の当たりにしなくてはならない寄宿舎生活。現代の医学が自分を救わないのなら自分で自分を救う手だてを探そうとする姿勢。
   手だては間違った方向に行っちゃったけど飽くなきチャレンジの心には敬服しますよ。まーどーだろ、「ゴーストハント」の呪われた館でエリザベート・バートリをやっとったオッサンと同レヴェルですかね。他人を犠牲にしたことは確かだな。
   それでも彼は希望を捨てなかった。最後まであがき続けた。
   偉いと思うよ、今時。

   というわけで、「しっかり償って、最後まで生きよう」と手をさしのべるカズキとおんなじくらいおかあさんはお人好しなんでした。
   でも、「核鉄と言う錬金術の力でもう一度の生を手に入れたオマエに言われたくない!」というパピヨンももっともなわけで。
   いや、カズキだってしっぺ返しも食らってるんだけど、物語中盤以降。
   ホント、いいライヴァルだよなあ。

   最後まで諦めなかった蝶野は蝶人パピヨンとしてホムンクルス化を達成。復讐の祭りが始まります。
   決めぜりふ、弟を屠っておいて「悪魔のように黒く、地獄のように熱く、口づけのように甘い」に、仔猫ちゃんズそろって突っ込み。「接吻じゃないの!?」おまえら、暗記するほど読み込んでたのかい。
   「アニメは字を読めない幼稚園の子とかも見てることがあるから簡単な言葉に直してることがあるんだ」その前の、黒服さんの台詞、「ここの一族は狂ってるだろう」も、「ゆがんでる」に変わってましたし。
   そんなことより、
   「このパピヨン、原作よりマッチョじゃない? 原作はもっとホントに細かったよ?」ホントに原作のパピヨンはあばらの出たスレンダーな体をしておりましたよ。しかし、子どもは
   「そう?」と無関心。ああ、そうかい。
   気分爽快で久々に実家の廊下を闊歩するパピヨンに黒服たちは「次郎さん」「次郎さん」「次郎さん」父親すら。「蝶野攻爵はとっくの昔に死んでいた」という台詞が泣かせます。

   楽にしてやるという意味合いもあったような一撃のあとは、少し変更があって。
   「ブラボーが出てない!!」とちょっと不満。

   そのあと、インターミッションがあり、ブラボー他新キャラを迎えて新たな敵、L.X.E.との戦いが始まるのでした。

   ブラボーの発音がいいのでちょっとびっくり。ああ、声と言えば、パピヨンももっと色っぽい声かと思ってました。あのオープニングのしなの作り方を見る分には。
   OP、「今は敵でも味方でも構わない」の歌詞にのせて「敵」:ムーンフェイス、「味方」:ブラボー、「構わない」:パピヨンが次々現れるところは秀逸だと思ってますね。全般に曲の勢いも歌詞の雰囲気も作品に合ってて、それをまた絵が生かしてる。いいOPです。

   対L.X.E.篇前半の改変点といえば、陣内の手足を斗貴子さんが引きちぎって手足を逆にくっつけちゃうところ、さすがにTVじゃ無理だったようで。早坂姉弟の幼少期の事件も。「お母さん」が誘拐犯人だったとか、死んじゃって腐り落ちていくのを見守るしかなかったとかはみんなカット。そりゃ無理でしょう。じゃ、ジャンプで読んでたお子さんはどう感じてたんだろう、あ、我が子に聞けばいいのか、聞いてみよう。ああ、そうそう、陣内の催眠暗示で核鉄を探すため「すべすべー」と斗貴子さんの服の下まで手を入れた暗示から頬ずり程度になってて、エロスはおとなしめにしたのかと思いきや、銭湯行きでは女の子もお風呂に入ってスリーサイズチェックとかしてるし。アニメ化におけるエロス描写の垣根ってどこよ? 

   秋水の受けた致命傷を、傷を肩代わりする矢を放って引き受ける桜花はやっぱりおねえちゃん。武装錬金は本人の資質に左右されるという設定が生きてるぅ。
   二人の世界を守るために他の人間なんかどうでも良いという早坂姉弟、斗貴子さんはもう信奉者としてホムンクルスに魂を売り渡しているのだから殺すと言い、カズキはまだ人間だ、更正の余地はあると言います。ああ、甘っちょろいけど、それが日本のヒーローでしょう。その甘さ故に失敗をする前に、キミの戦士としての生命を奪う、と斗貴子さんはあくまでもスパルタン。目つぶしシーンはなかったけどかなり本気でカズキをたたきのめします。それでも、再び姉弟をかばうカズキ、好機と見てそのカズキの腹をさえ突く秋水。ハートアローが今度はカズキに突き立ち、お人好しの恩人の傷を引き受ける桜花。

   息詰まる展開、美しいと見ました。
   「武藤くんがあのときいてくれたら、友達になってくれてたんじゃないかと思うの」
   二人はもはや無力化され、L.X.E.の内部にさらにカズキたちは近づいてゆくのでした。

   高校3年にもなって手を繋いで帰る姉弟、やばいんじゃないのと思わせつつも、繋いでるのは手だけで、頭や胴体の距離はふつーの仲の良い友人・恋人の倍ぐらい取ってる感じでしたが。幼い頃から結婚式ごっことかやってるとはいえ、彼らは強力にプラトニックなだけでやばい関係ではないのかと思いつつ、股間まで美しい究極美形っつうのはやっぱりそれなりのことをしてないとなれないのであろうかとおかあさんは18禁の想像をいたしましたです。

   最初の戦いでパピヨンを討たざるを得なかったことはカズキの心に影を落としているようで、まだ人間で、償う余地がある早坂姉弟を殺したくないと言いつのるカズキは本当にヒーローの資格があると思いました。二者択一はしたくない、両方取る! という叫びは最後にも生きてくるわけで。和月さん上手いなあ。

   それから。ジュリーの往年の迷曲「サムライ」の出だしを使った「合い言葉」、絶対あの曲を使って欲しかったです! 無理? おかあさんこれを見て以来頭の中で「サムライ」ループ中。見てしまうと、現代の合い言葉にこれ以上ぴったり来る組み合わせはないような。

   たっぷり楽しんで、昨日、ぎっくり腰で出かけられなかったので、虎美に返しに行ってもらいましたトサ。続きはいつ出るんだろう。
   てなわけで、誰も同意してくれなくっても、自分が好きで傑作と思う作品についてはほめたい、語りたいのでした。ふう、スッキリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

深夜の散歩♪

   仔猫ちゃん(いやもう、お友達の誕生日プレゼントを買いに1人で山を下りて駅前のオサレビルまで行って帰ってくるぐらいの虎娘なんだけど)に夕食のお弁当を買いに行かせたら牛乳が切れてるのに気づかないままで(お風呂から上がったお兄ちゃんがさて牛乳を一杯……と手にとって発覚)。

   もうスーパーしまった後で、お兄ちゃんはもう入浴後の寝間着姿で。歩いた方が楽になるかと2丁下のヤマザキデイリーストアまで牛乳を買いに行きました。1400歩でした(今日の外出はこれだけって、ちょっとやばい?)。10時過ぎね。ここはコンヴィニといえどもぬるい店なので、11時には閉まるらしいです。

   牛乳だけってのもなんなので(よくあわてて卵買いに行くんだけど)店内を一応冷やかすと、新刊コミックのラックにあるじゃないですか、Q.E.D.。ああ、メジャー出版社のコミックのいいところはこういうところでも手に入るってことね。犬夜叉とか、ワンピースとか、時々コンヴィニで買いました、今までも。あと、買ったことはないけど、駅のホームのキヨスクの隅の回るようになってるコミックスのラック! ああいうところにはホントに有名なコミックしか入らないですよね。最遊記とか、コミック版クラッシュブレイズとかは絶対無理。
   でも、Q.E.D.ってそんなに有名なんだ。ちょっと意外。

   ここの遅番のお嬢さんは声がかわいらしくて「ありがとうございますぅ♪」って、ホントにハートが付いてるような声をかけてくれて。しかも、おつりはこっちの手に手を添えてお皿にして、その上にちゃんと載せてくれて。温かくてすべすべしてるの。
   おかあさんもてないくんだったらぜったい恋しちゃってるわ。というような話をしましたら、
   「そこんちの娘か孫娘だろう」
   旦那様はまだ逢ったことがないらしいです。かわいそ。

   で、せっかくのお散歩、Q.E.D.で満足しちゃって、旦那様の日課デザートであるヨーグルトを買い忘れてきたのでした。
   ごめんなさい(もうお店は閉まってたの)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

危機管理能力がないっ!!

   

こ、し、が、い、た、い、よ、う!

   ぎっくり腰持ちのおかあさん、この前、開かないワインの栓を抜くときに四苦八苦して、中途半端な姿勢で力を入れまくって
   (腰は大丈夫かなあ?)
   と思ってたら。やっぱり週末から腰がじんじん。
   昨日からはもう座ってられなくなって。それなのに、今、自分の居場所はパソコンの前しかないから(10畳相当のリヴィングダイニング、まだ開いてないがらくた入りの段ボールで埋まってて、ダイニングセットの椅子しか人間の座るところはありません。3ヶ月経過してこれというのはやっぱり恥ずかしい)、しかたなく座ってます。
   痛いよう。

   今朝はお弁当も堪忍してもらって寝てたのですが
   「おかーさんとらちゃんもう学校に行くよ!」の声で目覚めると、もう45分。豹太起こすの忘れた! でも、おかあさんいつもみたいに階段駆け上がれない……這うようにして階段下まで行って
   「豹太や~起きなさ~い!」
   最近不眠に悩む豹ちゃんがそれくらいで起きるわけがないのでした。しばらくしてまた這って階段を上り、全然起きようとしてない我が子に蹴りをくれようとして(おかあさんは午年なので足が先に出ます)

   痛い。

   またヘンな方向に力が入っちゃったじゃないのよ。

   そして「おかあさん今日お弁当ができなかったから、途中のファミマでお弁当買いなさい。ファミマの場所は解るな?
   この前熱が出たときにシミュレーションしたというのに
   「解らない」と泣きそうな顔。それでそのときは死力を振り絞ってお弁当作ったんだけどさ。
   「しょうがない」と、生徒手帳を開いて一筆さらさらとしたためます。
   「体調不良で弁当が作れませんでした。手配願います」早乙女(印)
   ついでに、豹太が出たのを確認してから(もう8時半!)学校に電話を入れます。
   「1年1組の早乙女です。恥ずかしながらぎっくり腰で。豹太今出ました」  
   「あ、そうですか」電話番の先生も慣れたもの。切りかかるのを押しとどめて(押せないから)
   「それで、弁当を持たせられなかったので、手配の方お願いいたします」

   体が弱く根性がないおかあさんは、この前の授業参観の後の懇親会で、
   「どお~してもお弁当が作れなかったらどうしたらいいですか?」と聞いておいたのです。この近所は成熟した住宅街で、コンヴィニエンスストアがほとんどないのです。昔ながらの駄菓子屋というかヤマザキのパンとか部活帰りの中高生目当てのジュースやアイスを売ってるちょっとしたお店すら(酒屋以外のこーゆー店もコンヴィニに吸収されたのよね)。
   「あはは、大丈夫。この下にファミリーマートがあります。この辺はそこだけなので、朝は混み合ってますね~」嗚呼、3月に迷ってお茶を買ったところね。
   「あとは、非常手段ですが、事前予約制の仕出しお弁当、毎日1つずつ予備が来てますから、お金を払ってもらったらそれを食べることができます。ただし、何かあったときの予備なので、毎日必ずあるとは限らないし、全校1個なので、絶対もらえるというわけでもないです」そういえば、幼稚園の給食も、「1人分おまけがくるんだよ~」って昔子どもが言ってましたっけ。学校向けの仕出しはそういう規則なのかな?
   この予約制弁当は、この前試食会がありましたが、お仕事をしてたりでお弁当を作る余裕がない家庭向けに、予約制で学校が弁当を手配してくれるのです。結構、700カロリーぐらいあったでしょうか。機内食みたいに、メインは肉系と魚系を選べます。サイドは共通の模様。きんぴらとか、煮付けとか漬け物とか入ってて
   「いいんだけど、うちの子こういうの食べられないわ」という感想多数。先生向けか?
   予約締め切りが一ヶ月前なので
   「そんな前から予定決まってないってば」と利用者は伸び悩んでおる様子。
   「こないだ予約したの忘れててお弁当もたしちゃって、仕出しと弁当と両方食べたって」というようなことも起きているとか。

   「それもダメな場合、仰っていただければ、職員が買いに行ってあげられますから」と、至れりつくせりな川崎市立ゴルドベルク中でした。
   おかあさんは、そのおまけ弁当にありつけることを期待してますけど。

   おかあさんは生意気にも越境して市中心部の中学にバスで通ってたので、お弁当のない日は(授業の関係でカバンが重い日はパンの日にしてもらってた)、学校の門前のパン屋さん(2軒あったよ)でチョコレートの入ったデニッシュとか、サンドイッチとか買って持ち込んでましたけど。購買で注文を受けてくれるパンもあったしね(注文を忘れると悲惨)。
   住宅地の学校って大変なんだなあ。
   高級住宅地って、みんなおかあさんが専業主婦だから、お弁当にパンを買ってもってくってことしないのかしら???

   とりあえず、3ヶ月も学校に通っておいて、最寄りのコンヴィニの場所も解らない(そりゃ、買い食い禁止だけど)、解決策(そんなに毎朝皆が活用するなら近くまでゆけばひとだかりがしてるだろうし、そこから先は先輩について行けば学校にたどり着ける)も代替案も浮かばない豹太には危機管理能力が皆無と言うことで。泣けてくるわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

公共建造物には災害プルーフを!

   

激甚災害指定はまだですか? 選挙期間中なのに。この春の能登半島は、「森喜朗の地元だもんでたいした災害でもないのにすぐ指定になった」と吹くひとがいて。
   森喜朗の地元は小松の辺りですから。そりゃ同じ県だけど。宇治の人間に天橋立の話をするようなもんだ。東京で言うと、大田区が地元の代議士に都下、日ノ出町あたりの……もういい?
   なんでもおとしめるネタに使いたい人はいるんだなあ。
   とりあえず、この中越沖地震も激甚災害には相当すると思いますけど。震度6行ってるんだよ?
   ……いや、まだ死者一桁だしなあ。上越新幹線って、丈夫。

   で、避難所生活がはじまってるそうで、新しいきれいなコミュニティセンターとかに集まってみたら、最近の建物は機密性が高いから、停電したら換気が悪くって大変って。
   この季節なのに。
   暑くて寝られないから、廊下に寝たとか言うおじいさんの談話が新聞に載ってたり。
   一応あの辺も日本海側だから、夏はフェーンで暑いよ、きっと(夏暑いからお米がおいしいんです)。
   たいへん!

   中越地震の時もそうでしたが、あの辺も一応東京電力で、「オール電化住宅♪」ってのに、建て替えたおうちがあったんだって。
   停電したら、何にも動かないの。
   あわてて石油ストーヴ買いに行ったって。
   いけませんな。やっぱ、2方向準備しとかないと。

   最近どんどんきれいになってく駅やデパートのトイレの洗面台、節水と衛生とバリアフリーのために、手を出すと自動的にお水が出るようになってるでしょ? あれも、有事には危険。電気と、センサーが死んでしまったらただの美しいモニュメント。
   ハイテクも善し悪しというお話。

   ナントカセンター、どこそこ体育館。災害時には避難所になることが解ってたら、電気や水道が止まっても快適さを提供できるように設計しとかないと。美しい白亜の館に閉じこめて、蒸し焼きにする気ですか。それこそお屋根に降った水は溜めといてトイレに使うぐらい考えとかないと。あの震災を経験した日本なんだから。カイゼンでどんどん良いものを作り出してゆくのが美しい日本人なんでしょ?

   ほんとにもう。
   それでもうお水は行き渡ったのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

震災弱者をリゾート疎開させよ!

   ひどいことになってますね、新潟。
   毎度毎度、避難所といったら体育館で。進歩ナッシング。

   日本人はもう世界トップレヴェルの豊かな生活を享受しておるんですよ!
   関東大震災の頃じゃあるまいし、堅い板の上に茣蓙敷いて毛布もらって、「雨風しのげればいいだろう」って、そんなわけないでしょう! くみ取り式なんか論外! 和式どころか、ウォシュレット付いてないトイレでだってもう用を足したくなんかないですよ! 

   も っ と 快 適 な 避 難 生 活 を !

   こういうときこそ、アレ使えばいいじゃないですか。年金とか、公共の宿とかリゾート施設の開店休業してるところ。お風呂も広くてきれいなんでしょ? ご飯もおいしくて。この際どんどん泊まっていただきなさいよ、もちろん無料で。それで設備やサーヴィスが気に入ってもらえたら、リピーターになってくれるかも知れないじゃない。

   そうはいかないってなら、せめて、飢えや渇き、余震に怯える小さいお子さん、お年寄りだけでも、安全な楽しいところに招待してもらったら?
   子どもには、林間学校前倒しで、もうこの際ディズニーリゾートとか学校単位で行けばいいと思うの。それなら授業も細々とできそう。温かいご飯と、ふかふかのベッド、安全で楽しい時間を提供してあげてください。怖い思いをしたのだから、世界に誇るホスピタリティの施設で癒されてしかるべきだと思います。企業側も、いい宣伝になると思うなぁ。

   なんで思いつかないかなあ。

   純粋にビジネスとしてやると、何百人、何千人の子どもとお年寄りをあの夢の国に遊ばせるのは莫大なお金がかかると思うんですが、千葉県民ご招待デーとかがあるんだったら、震災被災者ご招待だってしてもいいじゃない。

   どうか、もっと快適に過ごさせてあげてください。

   下手なもの送っても無駄になってじゃまになるんでしょ? じゃあ、赤十字にお金?
   おかあさんとりあえず余ってる妄想をプレゼントさせてもらいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「おれはレオ」言葉遊び最高!

   夏休みを控え、子ども向けの本は第2のかき入れ時です(第1は入学前。でも、規模で言うと今が最高かな?)。イトーヨーカドー内の割と大きな書店では特設会場ができていて、虎美は嬉々として品定め。

   「おかあさん! 『なぞなぞライオン』のひとだ!」たしかに、この絵と作者の名(佐々木マキ)には見覚えが。「上は大水、下は大火事なんだ?」という問いに「海底火山」というエクセレントな答えを用意した言葉遊び絵本ではないですか。パート2出たんだ。しかも、「おれはレオ」って今度は、回文?
   「サイだってお手伝いさ」と言語能力に長けたサイをはじめ森の暴れん坊たち(でも食いしん坊)が、前作と同じ頭の回転の速い女の子と彼女のバナナ(や命)を賭けて言葉遊び勝負をするという体裁。
   さすが、前作から9年、満を持しての登場だけあって、回文の質の高いこと。
   「ドレスを着て素敵をすれど」
   「タイツがきついといつ気が付いた」
   「たまにがにまた」って、この応酬が最高!

   2章「おろちイチロー」ではヘビの回文クラブ「いたぶり部隊」を主宰する大蛇のイチローとやっぱり回文合戦。 「内科か外科か外科かいな」と関西弁シリーズに突入。
   3章「おれはレオ」ではライオンと遭遇。「おれはライオンおいらはレオ」ってのはスゴイ。ジャングル大帝のサブタイトルにどうですか?

   仙台の郊外、作並温泉に、仙代庵という回文の名人がいたといって、回文で町おこしをやっとるそうです。コンテストなんか毎年開催して。http://www.city.sendai.jp/aoba/soumu/info_box/kaibun.html

   ワルはどこ? 「オレ、オレ、オレ」を断るワ!
                            ってのは時節柄傑作じゃないでしょうか。
   この本を紹介したら、特別賞かなんかもらえるかも知れませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

日本は昔の日本ならず

   あちゃー。
   台風一過、お洗濯ホリディと思いきや。

   その昔、「日本人は安全と水はただだと思ってる」という警句が流行ったものでしたが、今はもう、どっちも高く付くものなっちゃって。

   ホントは、昨日「六甲のおいしい水」の2Lペットボトルが88円で、みんな台風の雲の切れ間をめがけて(ちょうどお昼過ぎに風雨がやんだ)買い出しに来てたわよ、お水ってやっぱり都会じゃ買うものなのねという話にするつもりだったのに。

   ちなみに、仙台じゃ、アパートの時は水道の水をそのまま、マンションでは作り付けの浄水器があったのでその水を飲んでました。たしかに、東京時代は寮のお水のまずさに生水を飲まない習慣が付いちゃったのですが、仙台は蔵王とか作並とかの山の方で磨かれた水を使ってておいしいというので(水道局のモニターやって刷り込まれたのよ)それ以上のことをする気は全然なかったんですが。
   新居も旦那様がクリンスイの蛇口をつけてくれたし。
   ああ、だのに旦那様は半年のひとり暮らしでお水を買って飲むくせがついちゃったのです!
   冷蔵庫には、嫁が毎日お湯を沸かしてポットに入れとくようになったというのにペットボトルのミネラルウオーターが常備。お薬を飲むにも冷蔵庫をごとんとあけておるのです!
   「水道水じゃいけないんですか?
   「だってまずいじゃない」ま、旦那様は「水道水がミネラルウオーターに匹敵する」水の良さを誇る金沢育ち、しかも、自分ちの井戸の水を飲んで育ってきたお坊ちゃんですが。あ、金沢のバーなんかのミネラルウオーターは、サントリー(?)の瓶に入ってても、それは水道から補充した水であることが往時はあったそうです。味で見分けが付かないからいいのかって、いいのかなあ?
   虎美まで、勝手に氷を造ってくれる冷蔵庫のタンクに入れる水までその買った水を使うようになって。「小学校の水道の水はありえないぐらいおいしくない!」って、本当か? わたくしは、自分が補充するときはこっそりクリンスイ水を入れております。

   で、スーパーは2軒先だし、自動車持ってないし、そんなに使わないしと、のこのこ出かけては1本ずつ2日に1回ぐらい買って、だっこして帰ってるのでした。他の人は段ボールのカートンのまま買い付けて、車に積んで持って帰ってるんですけど。スゴイナア、そこまでするものなんだ、としか思えない。

   「一本だけ欲しいからこの箱開けて♪」って言えるようになって、おかあさんももう立派な主婦。

   昨日は日曜特売で、とはいえいつもの聞いたことないあやしい水じゃなく、六甲のおいしい水だったのですが、みんな台風で出足が悪くて、ずいぶん売れ残っちゃったんじゃないかしら、かわいそう、と夕方またもう1本買いに行ったんですよ。それが。

   今日は同じ水が「2本で258円!」でした。一晩で約3倍。地震は関係ないよね?
   「やはりこの辺のひとは地震慣れしているから、常日頃お水のストックを欠かさないのかも知れん」と、旦那様。
   そんなわけがあるか!
   給水車ももう出たとか。やっぱりお水は常日頃買いだめしとかないと? 当該地域の方にはお見舞い申し上げます。

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

台風一過?

   真夜中の強風波浪注意報
    缶の転がり転げる無限       舞音

   台風はぎりぎり本土をかすめずに行った模様。九州・四国の皆さん大変でした。その他の地方の皆さん、ご迷惑さまでした。福島なんか、かすりもしてないのにとばっちりの大雨で川が氾濫寸前? 大変でしたね。

   うちはまた山の上なのでたいしたことありませんでした。バラとトマトを屋根の下まで避難させたくらいかな。明日は吹き返しで強風の晴天になるのかしら。海に出られる方はご用心。
   うちの子には朝からひっきりなしにお誘い電話が掛かってきて。
   いくら連休で暇だからって、台風が来るってのに遊びに来いってのはどうよ?
   風邪を引いてくしゃみ男、金曜は学校をおさぼりの豹太には一発却下しときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »