« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007年7月 7日 (土)

「Heaven?」ダメダメな人々

   ひっこしのどさくさで「おたんこナース」が出てきて、子どもが喜んでみてたので、じゃ、「Heaven?」揃えてみようかなと思ってたところ、ブックオフを見つけて、買ってみたというのが6月の頃。見事に「続き!」攻撃を食らって、先月なんとか2巻と4巻を発見。楽天で通販をしたら品切れといわれへこみ、先週お中元出しに行ったついでに三省堂を覗いたら、3巻が見つかったので買いました。

   おかあさん前置き長いよね。

   手に取った時、なんだか小さい気がしたんですが、同時に買った「ワンピース」よりは大きかったから、気のせいか、と思って。でも、帰ってみたらやっぱりカヴァーの紙質とかあからさまに違ってて。判を変えて近年出し直したってこと? 巻末おまけ漫画(けっこー楽しみにしてる)もなかったみたいだし。

   とりあえず親子して喜んで読みました。

   えーと、話はバブル崩壊後ぐらいでしょうか、とあるフレンチレストランでサーヴィス係(ウェイターと認識していいのかな? 初回はフランス語で細かく定義が書いてあったけど)をやっていた伊賀観くんは、豪快な若い女性にスカウトされて新しいレストランに転職します。道に迷いつつたどり着いた新しいレストランの従業員は皆一癖ありそうなひとたちで。自己紹介をしてみると、フランス料理店の経験のあるサーヴィススタッフは彼1人。開店は4日後……行き当たりばったりのオーナー(彼をスカウトした黒須さん)のせいで、彼らは怒濤の開店準備にはいるのでした。

   「伊賀君ってハムテルみたいだよね~」と娘の脳天気な指摘。その辺は当然考えてるでしょう。無表情で、物事に動じない、自己中心的な人たちに振り回されるご苦労な星の下に生まれた方。オーナー黒須さんはともかく、ソムリエとしてのキャリアを積みたいだけのもと銀行役員、全く進歩の気配のない無邪気なウェイター、結構みんなマイペースで人のこと考えてない気がしますよ。読者は伊賀君に同情しつつ、ハチャメチャな展開を楽しんで、オチにほっと安堵すると。イヤホント、佐々木倫子はストーリーが上手い。結構ミステリ的内容も多いしね。黒須オーナーの素性とか、傘を忘れのは誰かとか、客足が途絶えた理由とか。

   読んでいてふと、これは「王様のレストラン」とどっちが先だったのか気になって。あれも、一癖も二癖もある従業員とレストランを経営するコメディだったし。「Heaven?」の方が、フレンチレストランの内部事情ネタが多かったでしょうか。だいたい、三谷作品の「どこにでもいるちょっとダメなひとたち」ってのがちょっとわたしには「それどうよ?」なダメダメさだったので、少ぅし引いてしまっていた点があって(スポーツ新聞のお色気記事が好きで、何かというと「○○が××な女は~~だ」とか言いたがるフロアスタッフとか。お下品よ)、それに比べるとまだ「ロワン・ディシー」(「Heaven?」の店の名)のスタッフの方が許容できるかなと思いましたです。なんだかんだいってシェフの腕はよいというのは両方に共通してますか。そこがダメだったら改善しようがないもんね。
   黒須オーナーの傍若無人さは、実写でやると見てられないかもしれないレヴェルかもしれませんね。その辺は、漫画だからここまでやってもなんかつい許容してしまうカンジ。「独創的な秋のメニュー考えて」とシェフと喧嘩しておいて、自分はイワナを釣りながら遭難して、その状態でメニュー探しのために山に入ってやっぱり遭難したシェフと巡り会ってしまうくだりは、「ありえねえ」はずなのに、突っ込もうとする気さえ起きませんでした。

   こ の オ ー ナ ー な ら あ り 得 る。

   あ、こういうのが納得力ね。

   こういう強いキャラを生み出せるようになりたいものです。
   そして、伊賀君はじめダメダメな脇役は彼女に振り回されて物語を紡いでいくのでした。
   さて、5,6巻はどうやったら手にはいるのかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

「風林火山」白いままではいられない

   最近の晴信くんはコワイです。信濃平定がうまくいかないのは自分が舐められてるからだとかいって、今度のえーとなんとか城攻めでは「降伏は許さない。男は全部殺せ。女子どもは生け捕って売れ」ってオニ! 昔からおそばに仕えてた甘利君も板垣君も顔を見合わせて困ってました。
   (育て方間違ったかな?
   って、そうじゃなく。でも、「わしらが殿をああしてしまったのだ」云々とは言ってたような。嗚呼、人はいつまでも理想を掲げやさしさに満ちてはいられないのです。って、ところが、苦渋の決断で変わった晴信君に対し
   「隣にはなんだかパパを追い出してさらによそに戦争ふっかける悪の領主がいるみたいだけど!」なんて好き放題言ってる正義の若者が。
   「大義名分のない戦はすっきりしないから ヤ!」とか。

   いいなあ、こういうこと一生言い続けて行ければ。
   ある意味ウラヤマシイですよ。
   そんで、正義、純情一本槍で行って。相思相愛の姫との仲を裂かれてしかも相手は非業の死を遂げたら、そりゃ、
   「俺ぁ毘沙門天に身を捧げちゃてるから。女なんか近づけたりしないからね!」ってぐれちゃうってのもアリかもよ(おかあさんもしつこいネ)。

   茶人古田織部君の数寄ごころによろめく様を描いております漫画「へうげもの」、先月は九州出兵あたりのエピソードで。義弟高山右近君と南蛮人についてイロイロ話しておりますと気のいい右近君が眉をひそめて「いやなものを見ました」と。ちょうど港に来て宣教師に会い、南蛮船の立派な様に気分が高揚した秀吉が、船倉に降りようとします。止める宣教師、「見られては困るものでもあるのか?」と押し通るとそこには鎖に繋がれた女たち。
   「おまえたちは 日 本 人 を 奴 隷 と し て 売 り 飛 ば し て お っ たのか!?」と抜き打ちの太閤。あ、この作品では秀吉は結構居合いの達人です。ところが、宣教師は鎧を着込んでおったので無事。それがまた
   「あらかじめ鎧を着けておるとは戦意があったのだろう!」と、心証は悪い方へ一直線。
   「売ってるのは農民だけです!」
   「じゃあ俺も売られるところだったのだな!?」と秀吉の禁教令はこの辺が発端という解釈の様子。

   この辺、あながちフィクションでもないらしく。
   宣教師が日本人をとっつかまえては奴隷としてインド当たりに送ってたというのは史実としていろんなところに出てるんだとか。例の、天正少年使節、ローマまで行った少年たちですが、ヨーロッパとかでも娼婦として日本女性がひどい目に遭ってるのを目撃したと言ってたそうで。怒れよ、少年。ま、まじめな人が証拠のサイトをリンク貼ってくれてましたがおかあさんはそこまで見に行ってないので今のとこ2ちゃんねる伝聞情報のレヴェルですが。この前の「功名が辻」の初回あたりでも、幼いお千代ちゃんはひと買いに捕まってお船で連れられてゆくシーンがありました。モーニングスターを振り回す蜂須賀君の奮闘のおかげで無事逃げられて、土佐25万石の奥方になれたんですが、あそこで蜂須賀君が見て見ぬふりをしてたら彼女もコルカタで風俗嬢をしてたかもしれないということで。コワイよね(娼婦に限らず、繊維産業に従事する奴隷という方向もあったそうですが)。

   イエズス会だ、神の使徒だとかい言っといて、やってることは死の商人&女衒ですから。騙されちゃダメよん。秀吉も「人身売買はやっちゃダメ!」と言ったところは同時代人から評価されてたそうなんで。意外とハゲネズミもやりますね。やっぱ、下々の出身の人間は視点が違う。それに比べたら、キリシタン大名(誰とは書いてなかった)は鉄砲や南蛮グッズと引き替えにふつーに領民を売り飛ばしてたそうで。どっちが正義の人だかわかりゃしません。おかあさんも先週初めてネットで知ったようなことを偉そうにここで語る語る。

   で、そのときに「当時は戦で捕まえた非戦闘員はふつーに市場で売り買いしたんだよ」というご意見が出て。
   「だから来週の『風林火山』、何とかの戦いで武田信玄は女子どもみんな売り飛ばして顰蹙買ったんだってば」というお話が続いて、掲示板は阿鼻叫喚となったわけです。

   だからって、ホントにやるとは思わなかった。

   序盤の海ノ口城攻めで、若い姫様だけ生き残って、どうなったかしらちゃんと生き延びられたかしらとかここでも書いたかと思ったんですが、なんたる偶然、このお城にお嫁に来てて、また落城(時代的にはそう特別な人生でもないらしいが)、小山田君に目をつけられて小山田君のお嫁さんになっちゃったそうで(史実)。売り飛ばされるよりはましかも。勘助ちゃんのこと覚えてて、差し出したお水をえらい勢いで断ってましたね。

   仁の道で治めようとして思うようにいかず、裏切られて、これ以上なめられるわけにも行かず、心ならずも修羅の道に堕ちてしまう。
   辛いですなあ。
   それなのに、すぐ隣には我こそは正義のひとと喧伝する天才がいて、自分のことを悪の権化のように呼ばわる。
   殿様も辛いよ。
   はじめて晴信ちゃんに同情したかも

   いやでもガクトうるわしかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 5日 (木)

O wie shoen 

   一番脳みその若い(?)時期に合唱サークルで歌詞をたたき込まれて、気がつくとドイツ語に詳しくなっているおかあさんです。
   漫画とか、洋物の小説とかで詩を暗誦しているとかいうとすっげえ気障なインテリとか思ったりするんですが(キャンディ・キャンディでもイギリスの寄宿学校でさせられてたでしょ? 向こうの上流じゃ常識なんでしょうけど)、メロディがついてると意外とできちゃうもんです。年を取っても、ああ、ここんとこいいなあと思い出したり、浸ったり。ああ、こっちで高校の時百人一首暗記させられるようなもんかぁ。忘れる人は忘れる、覚えてる人はなにかにつけ思いだして浸ると。

   O wie shoen, wenn Liebe sich zu der Liebe findet.

   なんで1個目のリーベに定冠詞がなくって2個目にはあるのかって、それは20年前もさんざん悩んだからもういいの。ゴロでしょ(とあっさり割り切れるから語学そんなに嫌いじゃないのかな? 実は深い意味があるんだったりして)。

   おお、愛が愛として姿を現したときはなんと素晴らしいのだろう、的意味か?

   文法的には意味不明でも、ああ、ってわかりません?

   なんであの子のことを考えるといちいちカリカリきちゃうんだろう? 
   なんでいちいち声を掛けてヤな思いをわざわざしちゃうんだろう?
   なんで、なんで、なんで。

   それを、訳のわかってる友達なんかに指摘されちゃうんだ。

   そりゃ、  恋  でしょって。

   嘘! とか言いながら、目の前がぱっと開けたようになる、そんな瞬間のことじゃないの?
   なんてすてき。

   関係ないんですが。

   子どもが小さい頃、もらい物かな? かわいい二つのクリップをおリボンが繋いでて、長さが調節できますってのを手に入れました。これで、手持ちのハンカチがよだれかけになりますってアイディア商品なんだけど、母が山のように大きなよだれかけ作ってくれちゃってて。お出かけもそんなにしないし、そのクリップ部分がおおきなくまちゃんで、ちょっとじゃまかな? と使わないまましまい込んでて。

   引っ越しの時も、アラこんなところに、とか言いながら台所のものと一緒に詰めて持ってきて、必要なキッチンばさみとか、砥石とか、まだ出てこないのにこんなもんだけ先に見つかって、その辺に転がしてて、踏んだら危ないわ、と思ってたんですが。

   借家で簡単にフックとか画鋲とか付けられないから、お台所タオルの掛けるところ、カレンダーの貼る場所、密かに困ってたんですよ(カレンダーは冷蔵庫が大きくなったからその前面に磁石でどばっと貼り付けちゃった)。前は、カウンターの扉の取っ手に掛けられてたんだけど、デザイン変わっちゃったから。
   冷蔵庫に、磁石で貼り付けたラップホルダー(千趣会のアイディア商品)のラップをとめる腕木のところにそのおリボンを通して、クリップでお台所用タオルを挟んだら

   あら簡単! ちゃんとタオル掛けになったわ! 取り替えるときもワンタッチだし。

   10数年ぶりにぴったりはまって生きる場所が見つかって。

   O wie shoen~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

「八甲田山死の彷徨」こわかったぁ!

   え~ん、こわかったよう!!

   ただいま読み終わりました。お蒲団被ってぶるぶるしながら読みました。多摩丘陵本日は霧雨、お洗濯ものを乾かすためにエアコンは除湿モードでフル回転中。寒いんです。仙台だと、この季節は稼働させると温かくなる普通の除湿器の方が具合がいいもんでしたが、関東地方ではそれをやると蒸され死にしてしまうのですね……。

   というわけで、あの死の彷徨を味わうにはベストだったんだかどうだったんだか。

   頃は明治末期、日露戦争を2年後に控えた東北で、「耐寒訓練、やっといた方がいいんじゃない?」という参謀長どののお言葉に、「じゃ、青森の方と、弘前の方と、競争したら面白そう」(いや、ここまで脳天気じゃなかったけれども)ということになり、青森は第5聯隊、弘前は第31聯隊が厳寒の八甲田山に訓練に出かけることになりました。

   冒頭のこの辺の描写が既にして細かい。弘前組の門間少佐に「大変なことになりましたな」なんて声を掛けられて「なにが?」と冷淡に応える青森組の少佐、山田君。君、君、も少し謙虚で慎重になりましょう、と開始8ページにしておかあさんが突っ込みたくなるその性格が悲劇の遠因であったのです。

   また、青森と弘前は地理的に昔から仲悪そうだし(え? 違う?)。だいたい通番がさ、青森が5で弘前が31ってのが一目瞭然。近くないんだもん。一緒の時期に設立されて、昔から演習なんかも一緒にやった仲良しこよしってカンジじゃなくてさ、弘前は後でできましたよ~って。前からある方がなにかと威張ってそうでさ。明治も後半だと、廃藩置県の集合離散も一段落してますか? もとは別の藩だったある程度の規模の市同士は仲悪いって聞きますよね? と、要は聯隊同士の意地の張り合いがあるんじゃないかと。

    青森組の方の大尉(中隊長で、実際の計画を立案、演習も指導する立場)の神田君は、平民から教導を経て士官になった努力家だそうです。このキョードーというのは、士官学校じゃなくて、その下の下士(軍曹とか、伍長とか。命令できる軍人さんのうちでは下っ端、現場組。ケロロ軍曹に出てくるカエルさんたちはタママ君以外この下士です)を育成する学校。おかあさんもいっぱい調べながら読みました(泣)。嗚呼、明治は遠くなりにけり。その辺にも問題があってね。努力で成り上がった人だけに、ぎっちぎち。しかも、士族出の士官様に遠慮があって、どうもちゃんとものが言えない。それがために、山田君の越権(山田君は少佐だから命令してもいいけど、この計画じたいの指揮者は神田君)を許して指揮が混乱したのです。

   しかも、なんだか弘前の方は雪に慣れてる兵隊を、しかも体格とか十分に吟味して志願させ選抜したのに、青森は適当に「1日ちょっと行軍訓練するよ」つって引っ張ったとか。またこれが、弘前は一応日本海側で、雪の怖さを知ってるけど、青森は宮城とか岩手から集められた兵で、雪国つってもそんなに雪の怖さを知らなかったとか、もう、出かける前から問題山積。一般の兵隊さんの服が小倉ってなによ? と調べると、綿製の軍服って、雪山に木綿着ていく奴があるか!(外套は羅紗:ウールだそうです)。将校さんはちゃんと羅紗だって。

   あんたら、行くのやめなさいよ。

   物語は準備万端、上司にも恵まれた弘前組31聯隊の徳島君を中心に最初描かれ、多少難儀しつつも八甲田山に近づいていく様子が描かれます。彼らは南回り、先に十和田湖を目指し、十和田に出て最後に八甲田山を踏破して青森に至るルート。ここに、家庭の事情で養子に出され、青森組と弘前組に生き別れた斎藤兄弟が登場します(小説のような事実!)。お互いが雪中行軍に参加することを知った兄弟、これが最後の機会かもしれないのに行き違いになって逢えず……。お互いを案じつつ、心の支えにしながら雪地獄を歩くわけですな。「今弟が死んだ夢を見た!」とかいって恐怖をあおるあおる。浅田といい新田といい、ジローは泣かせが上手い

   

最初の猛吹雪の二日をようやく耐え抜いて十和田にたどり着き、さらにその先まで踏破、人心地付いてると、張り紙があるのです。
   「第5聯隊様 第31聯隊様 御休憩所」

   先の宿で、青森組も3日遅れで出ており、逆ルートを取ってそろそろ八甲田を抜けてすれ違う日程であると徳島君は聞いていたのでした。しかし、行き合わない。経過を電話で本部に連絡しても(電話ってもうあったんだ!)、青森組の進捗は伝わってこない

   怖いよう。

   生き別れ斎藤兄弟の「虫の知らせ」事件もあり、どうも青森組はやられたらしい、と徳島君は覚悟するのでした。

   で、そこから次の章は「彷徨」、青森組の悲惨な道行きです。いきなり山田君出しゃばるし。全然弘前組のような懇切丁寧な対雪山の特別な指示出せてないし。山田君案内人のひとを断っちゃうし。せっかく随伴のお医者さんが「もう物理的に無理だから」って言ってくれてるのに「不可能を可能にするのが帝国軍人!」とかバカなあおりをするやつに乗せられて撤退のチャンスをつぶすし。そりは捨てろつってんのにこだわって人員を無駄に死なすし。特務曹長の進藤くんは(これも小悪役)「あ、ここ来たことある! 田代はこっち!」といきなり思いつきで道案内して皆を路頭に迷わすし。

   心からサムかったです。

   途中、とうとう斎藤兄が弟の死体に出くわして、「弟の代わりに持って帰っ」た銃の始末にみんなして困ったのがまた後味悪いこと。「第五聯隊に遇(あ)いました。場所はここ。迎えに行ってあげて」「銃を置き去りにできず持って来ちゃいました。返すね」と素直にいかなかったのが旧陸軍の体質の悪さの象徴だったのかしら。

   あ、そうそう、神田君の奥方が「雪の中ではゴハンよりパンの方が食べよいでしょう」つってパンを持たせてくれたってのが意外でした。青森で、明治35年に、パン。意外と文明開化はスピードが速かったのね。山田君の側で生き残った大尉の倉田君(彼は最後まで冷静だったプチいいひと)の生還の原因が当時珍しかった高価なゴム長(彼ともうひとりしかはいてなかった!)だったとか。彼は毛糸の手袋もしてた用意周到さんでした(他のひとは白手袋っていうから木綿のアレらしい。ヒドイ話だ)。

   オチで、第8師団長(東北地方のボスか?)立川中将が「勝ったのは第5聯隊。おかげで冬用の装備に予算が付くことになった。第5聯隊はおかげで全国区だし」って、そりゃ、苦しい。「だからって、第31聯隊も勝ったぞ、あの雪山に。壮挙だな」って、もう、手前の参謀にまで「両方勝ちってありっスか?」って突っ込まれてる。もう、なにをか言わんや。結局、遭難中に自害した神田君、救助後自害した山田君以外責任取ったり取らされたりした奴はいなかった模様。そりゃスゴイネ。

   仙台にいた頃、地元の情報誌かなんかの夏の怖い話特集で、
   「八甲田の辺りのサーヴィスエリアかなんかに夜トイレで寄ったドライヴ中のカップルが、例の遭難死した兵隊さんたちの幽霊を見ちゃって。男の方は彼女を捨てて車を出して逃げたそうだ。翌日、後悔して彼女を拾いに行くと、彼女はもう気が触れていた……」ってのがありました。
   まださまよってるのでしょうか。
   はやくみんな温かいところに行けたらいいのに。
   そこのスピリチュアルな有名人! なんとかしてあげてよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

10のいろ

   ああ、数年前の話ですから。
   それはもしかして、新興宗教とかの巧妙な勧誘であったかもしれず。

   「無料で姓名判断いたします」との電話の勧誘で、ちょっと自分と豹太を占ってもらったら、「結果は直接会ってお伝えします」な言われて玄関先まで押しかけられて(おかあさん! 危機管理なってなさすぎ!)。

   「息子さんは……だいたいいいんですけど、ここんところにちょっと弱いところがありますね、健康面」なんて、思わせぶり。
   「おかあさんの格との相性を考えると、ちょっと心配ですね」って、親の弱点をクリーンヒットだ!
   「そこでちょっといいお話なんですが、改名するとここのところの格が最高に生きてくるんです……」と本題に入ろうとするのを強引におかあさんは
   「わたしとの相性が悪いってことは、じゃあ、誰か別のひとに預ければ生きてくるんでしょうか?」
   「いえ、そういうコトしなくても、名前をちょっと変えてあげれば。今はそんなに難しくないんですよ……」
   「いいえ、名前を変えるなんて表面のことじゃなく! わたしじゃない人間が育てればいい子に育つんですね!?」
   「……冷たいおかあさんですね」 
   捨て台詞を残して去ってゆかれてしまいましたが。

   だって、もう自分の名前はこれって思って育ってきてる我が子を、今日からこの名前に変えましょうなんて、子どもが混乱しちゃうでしょう。

   自分がいい親でない自覚はあったので。自分が我が子をダメにしてしまっているのなら、自分の手から離すことによって子どもによりよい未来をあげるという解決方法もアリかと思ったのに。具体的に言うと、早乙女おかあさん。できた方だし。とても豹太のことかわいがってくれてるし。田舎の方がなにかと環境もいいかと。

   それは責任のがれでしょうという反論は自分でも解ってたので、ひとには言わないまま、手抜かりの多い子育てをそれでも時々楽しんでやっておったのですが。

   本日読みました小説で、恋人の命と引き替えに一族の長からのどんな使命でも受けると約束をしてしまった女性というのが出てきて、「ただ生きてさえいてくれたらそれでいい。自分は勝手にあの人のことを愛し続けるだけ」というフレーズに、なんとなく煮詰まってた昔のことを思い出しましたのさ。

   大好きってのは四六時中一緒にいてごろごろいちゃいちゃすることだけとは限らないと思うのよ。

   ま、それはひとそれぞれ、いろいろだと思うけど。小説に出てくる女の子の恋の話をとりあげてオオゲサに話すなと言われればそれもそうか。 


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

夏休みの課題図書2007

   土曜日は虎美のお医者のついでに駅前まで出てまた本の買いだめをしてきました。だって
   「今日電車の中で女子大生のようなおねえさんがもやしもんを読んでいた」(旦那様情報)
   「そろそろ新刊が出たそうですから。アニメ化するんだったかな?」ってことで。
   イトーヨーカドー内の有隣堂に行ったら、文庫新刊を立てかける棚にヨンダちゃんの黄色い腰巻きのかかった新潮文庫の100冊が展示されていて。今年はこの中から2冊読んだらアロハ柄のブックカヴァーを全員プレゼントと言うではありませんか!

   「よし、買おう!」って、新潮文庫の100冊は、さすがに古典だけあって読んだことあるのも多いし。とりあえず、
   「これは夏涼しくて良いだろう」と「八甲田山死の彷徨」新田次郎に、悩んだあげく、「見てるだけでいいか」と、猫の写真集にエッセイのようなもののついた「海ちゃん ある猫の物語」岩合光昭 岩合日出子 ということになりました。その場でもらえるんじゃなくて、腰巻きに付いてる応募券をはがきに貼って送るのね。はいはい。気をつけないとうちの猫科のひとにくちゃくちゃにされそうだから早めにやっとかないと。

   まだちょっと読む余裕はないですが、今年は涼しく過ごせそう……大丈夫かな、はまりこんで読んじゃって、エアコンの下だと心から冷え切っちゃったりして。

   お集まりの皆さんの今年の夏はどんな本を読むご予定ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

わかってますとも

   とうとうおかあさんやってしまいました。

   本日娘があんまりだらしないので

   「勉強がどれだけできても生活の基礎ができてないと人間としてダメなの! おかあさんを見なさい! 勉強ができたって旦那様にお台所のお掃除をさせるなんて主婦として最低でしょうが!」

    ……って、オイオイ。弁解の余地なし。

    おかあさんごめんなさい(旦那様にも謝れよ)。

    やっぱ人間きれい好きで働き者が一番よねえ……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »