« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月22日 (金)

tropic version

   ただいまの室温は30度くらいありますかね。「この町は夜は冷えるわよ」とご近所の奥様から聞いていたのに、今晩はそうでもないみたい。6時ぐらいに、どーせ抜くんだからとお風呂の残り湯で水遊びを兼ねてバケツに5,6杯も打ち水したんですけど。焼けアスファルトに水でした。

   わたくしの感覚では「う~ん、ぽかぽかして気持ちいい」なんですけどね。うちの猫科の人たちはあづい~とばかりのたうち回ってますが。毎年夏休みにはおじいちゃんちに避暑ならぬ求暑に行って35度の猛暑というものを肌で感じているというのに(ま、おじいちゃんちはエアコンガンガンつけてますから)。嗚呼、首都圏へ越してくるに当たっての最大の危惧が現実に。この猫ちゃんたちは寒冷地仕様なんですね。真冬でも室内じゃアンダーシャツとシャツとトレーナーだけで生きてるし。こんなんで地球温暖化の折から亜熱帯と化した首都圏の夏に耐えられるのでありましょうか!? どうりで最近動きが鈍いと思ったよ……。昨日はお弁当食べ残してくるし、今日は夕飯全然箸つけてないし。

   それに比べて、おかあさんはご機嫌。そりゃ、暑いのは積極的には好きじゃないけど、室内で、すっぴんで、タオルを手にごろごろだれだれする分には30度でも、35度でも。お湯のみに3,4個も氷を浮かせて。麦茶よりほうじ茶が好きです。もう暗記したような文庫本なんか読みながら。これでもわたくし、アルバイトの関係上冷房設備の一切ない大学の寮に夏休みは毎年8月10日ぐらいまで居残ってましたもん。いい季節だな~てなもんよ。ま、80年代は「異常気象」で夏は涼しいもんでしたけどね。

   もしかして、わたしは亜熱帯仕様なんでしょうかね? 生まれて3ヶ月の気候で寒さに強いか暑さに強いか決まるとか言いますけど。それを言ったら豹太なんか夏にとっても強くなるはずだしね(あの平成の大凶作の翌年、敵討ちのように暑くなったあの平成6年の初夏生まれ)。とりあえず、うちの猫科の人たちにはなんとかこの夏を乗り切って欲しいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

一山いくらな話

   嘘のようなホントの話がネットに載ると。

   和歌山の方でおじさんトリオが釣りをしていたら、先の方で女の人が身投げをしたらしく。自慢の竿を振って糸をとばしたらうまく近くに落ちて、意識朦朧としたおねーさんはそれにつかまりうまく釣り上げられて一命を取り留めたとか。

   2ちゃんねるにこの話が紹介されると、

   それで魚拓は取ったのか?(エッチな意味込み!)

   3人で「釣果」はおいしくいただいたんだろうか(エッチな以下同文)。派生で「キャッチ&リリースはいかん」云々。

   おねーさん一人釣り上げられるなんてどんな立派な竿?(石鯛用のしかけならあり得ると何度も回答が)

   手元が狂って錘が頭なんかに直撃してたら死んでるよ(釣りキチ三平にそういう危険性を訴えるエピソードがあったらしい)

   死にたいひとを助けてそれ以後の人生に責任取れるのか(江戸時代の作法によると女はよくよく考えないで発作的に死を選ぶので、女の身投げは助けてやれというのが通説、と回答)

   といったネタが入れ替わり立ち替わり。おまえら、人の意見を聞いてから自分の意見を言えよ。自分では気の利いたことと思ったかもしれないけど、そこら中で同じようなこと思いついて言ってますから。

   おかあさんも、こんないかしたことを考えてるワタクシ、なんて思ってブログ書いてますけど(思ってるのかよ)、イロイロ見てる人にとっては片腹痛いのかもしれませんな。

   そこから派生して、結婚式の悲劇をいろいろ報告するところから転載があって。

   結婚式当日になっても新郎が現れない、手分けして探すと、前日の「独身最後の夜宴会」のあと、酔っぱらった新郎は元カノのところに行っちゃってて、そのまま元カノのうちで一夜を過ごし、爆睡中だったとか。さんざん罵倒されたあげく式場に新郎が引きずってこられると、今度は新婦がいない。新婦は世をはかなんで近くの海で身投げをしていた。

   ここで気のいい釣り人登場。「花嫁さんが身投げ!?」と釣り上げて、救急車を呼び命を救ったところが、お兄さん花嫁に一目惚れ、いろいろあって花嫁は釣り人と結婚しましたとさ。それがうちの両親のなれそめ、てな話。

   新婦の妹と新郎がデキてたとか、無理矢理ついてきた親戚の子どもが物理的にも式次第的にも式をぶっ壊した話とかうわぁ、な話が続いてただけに釣り人グッジョブ! ご両親お幸せにとか好意的な感想が続いてました。

   こういう話が読めるから2ちゃねらはやめられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドラゴン桜」たとえ結果がそうであっても

   ああっ、勇介さん、勇介さん、勇介さんっ!!BGMはラクリモサ モーツァルトのレクィエムで)

   東大受験テクニック漫画「ドラゴン桜」、とうとうこの日がやって参りました。ぎりぎり滑り込みのセンター試験、センターぼけ解消のマラソン合宿、胃が痛くなるような2次試験を経て合格発表です。

   もう2ちゃんねるモーニングスレでは母子家庭、母はスナック経営の水野ちゃんと会社社長のパパとふつーに間違ってる教育ママゴンなママとちゃんとそのレールでお受験から東工大という順調な人生送ってるにーちゃんたちに囲まれてわかりやすいグレ方をしてた矢島君(ファーストネームは勇介)、どっちが落ちるか、どちらも受かるか固唾をのんで見守ってました。ま、ここへ来てキャラクターの等身が超おかしくてそっちのほうが話題に上ってた感もありますけど(だいたいこの作品は登場人物みんないつも目を見開いた正面顔で、気持ち悪いと言えばキモチワルイ絵柄です。時々オイオイこの先生こっからここまでみんな脚かよといいたくなるほど等身が狂ってるし。でも、遠藤淑子で慣れてる(オイ!)おかあさんは、ある程度絵がヘンでも話の内容が面白ければスルーできるのでここまでおつきあいできました)。

   やっぱ、漫画だし、ダブル合格しないとこの龍山高校の建て直しにならないし。そう! これは経営危機に陥った私立高校の建て直し策として受験実績をあげるという話だったんですよ! ここまでがんばってきたんだから、あとがない水野ちゃんなんかとくに合格させてあげたいし。かといって勇介さんはあのママゴンが要所で足を引っ張りまくりなのがあんまり不憫で(センター後の大事なところでここで保険のために滑り止め受けませんかとか突然言い出したりするし!)、合格させてやりたいし。

   おかあさん今日はお昼ご飯の前にのこのこ山を下りて2丁先のヤマザキデイリーストアまでモーニングを買いにいきましたよ。

   水野ちゃんはサクラサク。これは、掲示板に番号があった描写まであるから確実。

   途中、夏期講習あたりで知り合った、公立から理科Ⅲ類を目指すというスーパー秀才、作中の表現で言うと「宇宙人」のイケメン大沢君も大丈夫だったみたい。

   勇介さんの家庭教師、本田先生が大阪で受け持ってる片や親の期待に応えすぎて高校で燃え尽きちゃった子ちゃん(名前忘れた!)、彼女も「通った」って言ってましたね。

   そして、一通り喜んで、「あ、勇介!」と気づいて、相方の番号を確かめた水野ちゃんの表情が凍ります。彼らは同じ学科を受けてるし、受験番号も連番なんじゃないかと思いますが(受験中の描写覚えてないけど)、とりあえず、掲示板のコマでは水野ちゃんの番号の前後は抜けてました。

   赤門前で水野ちゃんを呼び止める声。雨が降り出してます。左ページの上3分の1を使った大ゴマは

   眼が拒否しちゃったよ。

   縦の線が詰まったそのまんま東、じゃない東国原知事みたいな感じの顔で。

   気の強いツッパリ(今はこういう表現しないんだっけ?)な勇介さんの顔じゃない顔でした。

   まず「おめでとう」と相手を祝福する勇介さん。嗚呼、本当にこの一年で大人になったなあ。その胸を叩いて、涙する水野ちゃん。二人をみつけて声を掛けようとするえ~と名無しちゃん(ごめん)、それを押しとどめる大沢君(やっぱ苦労人はひとの痛みがわかる!)。なおも激しくなる雨に、水野ちゃんに自分の傘を差し掛ける勇介さん。

   美しいシーンでした。

   ここは雨降らないとね。

   合格させてやれよう。

   水野ちゃんはイケメン大沢君が好きなんだよ。でも、勇介さんも、ここまでの日々で、がんばり屋の水野ちゃんのことが好きになってきてる。イケメンで成績優秀な大沢君に嫉妬したり、恋する水野ちゃんに気を遣ったりとか結構わかりやすいエピソードありましたよ。二人で楽しい東大生らぶらぶ生活が待ってるのに、勇介さんだけ浪人? 今から留学? 無理矢理私学? ってあんまりよ。

   ま、勇介さんちはお金持ちだから、留学も浪人もできるし、ここまでのがんばりで両親との関係も修復されたようだし、なんとでもなるのかもだけど。

   二人とも受かったらリアリティがなくなるとかいう理由だったらかわいそうでした。でも、この漫画をを読んで一緒にがんばってきたけどダメだった読者へのフォローのために、彼は落ちたのかもしれません。おまえが一年やってきたことは無駄じゃない桜木に言わせるために。

   とうとう2次試験の数学で問題を見たとたんに解き方が解る境地に達して「オレはやった!」ってなってただけに。ああ、それがミスディレクションだったのか。漢字で躓いてめちゃめちゃになる水野ちゃんと違って、それ以前から「オレはできる!」と調子に乗ってる描写ありましたし。

   補欠ってないの?

   「ふたり鷹」(新谷かおる)では主人公は補欠合格してたよ?

   東大を辞退するひともそういないでしょうけど。

   もう他の試験方法ってないの?

   来週最終回がどうなるのか、もう、今から待ち遠しくてなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

虎美ちゃんの家庭菜園

虎美ちゃんの家庭菜園
そろそろ食べ頃?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

ご本のとりよせ

   「本屋さんがないよう」と愚痴ると、旦那様は「アマゾンでも何でも使いなさい」と。セブンイレブンさえ近くにないので、今まで使ってたセブンイレブンの本屋さんも使えなくて。

   楽天イーグルスの関係で、楽天に登録してたっけ、と楽天ブックスを使ってみることにしました。ところが、IDがどんなだったか全く忘れていて、結局パスワードを忘れたひと扱いで再登録になってしまいました。メイルアドレスをIDとして使用ならもっとわかりやすいとこに書いといてよ。また新しいパスワード覚えなくちゃなんなくなって。

   で、2日で来ました。スゴイネ。セブンイレブンより幾分包装が簡素かな、内側にエアパッキンの貼ってあるクラフト用紙といった感じ。全面にあの楽天のロゴが臙脂と黒の2色で印刷されてるのがちょっと恥ずかしいと言えば恥ずかしい? お嬢様ご所望の「Heaven?」3巻は在庫がなかったそうですが、他の2冊はあったそうで。消費税込みでぎりぎり1500円を超えたので送料は無料になりました。セブンイレブン受け取りだと無料だったから、文庫本1冊から気軽に頼めてたんだけど、楽天はファミリーマート受け取りで。ファミマあるけどね。豹太の中学からちょっと降りたところ。お散歩がてら取りに行ってもいいけど帰りはバスになるわ……(帰りも歩きましょう)。

   今回はカード払い。郵便局での払い込みは設定されてなかったみたい。イトーヨーカドーでVISAカード作っておいてよかった。引っ越したら消費生活も変わってきたおかあさんでした。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

卓袱台補足。

   各方面甘やかしすぎで、虎美ははっきり言ってわがままです。

   初節句には当然わたしの実家からひな人形パンフを揃えて好みを聞いてくるし(顔やらお着物より置けるか、保管できるかの方を優先しましたよ)。さらに5月が近づくと

   「虎美ちゃんの鯉のぼりも買い足したから。お兄ちゃんのと一緒に泳いでるのよ」と、早乙女家の方で。嗚呼、男女同権は女の方が自分の既得権益は手放さずに男の分野に出張っていくことで達成されているという現代社会を如実に反映してますな。

   で、豹太が幼稚園に入れば、わたしも当然という顔で入園式についてって席に座るし、飛行機は3才までは親の膝の上という規定なのに、わたしもシートベルトを締めさせろと暴れて客室乗務員さんをあわてさせるし(離着陸時にはシートベルトは親だけ)。ランドセルも、わたしの分はと言って同じ売り場にあった10センチくらいのミニチュアを買わせるし(きっとそのようなお妹さんが世の中にはいっぱいいるのであろう)。

   そして、豹太が学習机を手に入れると当然のように

   「とらちゃんも!」注:うちの子は出世猫科(その上ブログ上の仮名)なので正しくはこう言ったのではありません。

   で、クリスマスプレゼントは何がいい? と言ってきた弟に「なんかキティちゃんの絵のついた机。卓袱台みたいなやつであるでしょきっと」と申しましたら。

   送られてきたのは、90×90くらいのキティちゃんの絵の卓袱台でした。Uの字型の金属の棒でできてる脚を握るとストッパーが外れて倒れる、アイロン台と同じ原理の。当時はキティラーでしたから、虎美の喜んだこと。お絵かきをするにも、こどもちゃれんじをするにも。ちょっとおやつを食べるにも、使いまくり。これはよいものをもらいました。

   これがまた、旦那様も気に入って、「ちょっと借りるよ」と書斎へ持って行って、学会の仕事でいろんなところへ案内の郵便物を出すと言って作業テーブルにし、年賀状のシーズンにはインクを乾かすために並べる台にし。

   「おとうさん、卓袱台はとらちゃんのだから返して!」と怒っておりましたっけ。

   いえ、実はおかあさんも、夜中に応募原稿に穴を開けたり、お友達にオンデマンド出版をするため、要するに袋とじにするためA4コピー用紙を延々二つ折りにして綴じるその作業机にしちゃってたりして。いえ、こどものお入園、お入学の準備にも使いましたとも!

   「意外と使えるよね」

   「じゃあ、今年は旦那様の誕生日にこのような卓袱台を差し上げましょうか」ということで、2年ほど前、歩いてなんとか到達できる距離の郊外型ショッピングセンターのそういうかわいらしい気の利いた雑貨を売ってるお店で見つけたペパミントグリーンに白い水玉、角が丸まった正方形の卓袱台を求めました。1500円くらいだったかしら。

   旦那様喜んでお使いになってたんですが、引っ越しのどさくさで行方不明になって。

   「あとは卓袱台が出てこない」と常々仰っておられたと思ったら。この週末、豹太の部屋にふつうにおいてあって、本なんか載せてあるじゃないですか。

   「おとうさんからもらったのか? 探してたみたいだけど。大丈夫?」と聞きますと、

   「前からオレの部屋にあったよ。取りに来ないから要らないかと思って。これいいよね」って。嗚呼、ブルータス、おまえもかよ。

   たぶん返還要求があるなと思って昨日ノイエ・リリエンベルクのオサレビルに買い物に行ったら、やっぱりかわいい雑貨の店に、あるじゃないですか!

   下に出てるような、可愛い猫の顔の卓袱台!

   さっそくお買い上げ。3990円。

   棚から片手で引っ張り出して、レジへ直行「これって現品限り?」と図々しく聞くと、何とも言えんイマ風ファッションのおねえさんは無言で奥へ引っ込み、厳重に梱包した同じ商品を出してきて「こちらでよろしいですか?」と聞いてきたもんだ。

   豹太に持たせて、ご機嫌で帰りました。

   「おとうさん要らないって言ったら?」

   「そのときはおかあさんがもらう」

   ペパミント卓袱台を豹太が取っちゃった話をしたら怒りをあらわにされた旦那様も

   「これが代替品と言うことで」とにゃんこの顔を出すと、あっさりOKしてくれました。

   お耳のところがやや尖ってて痛いかもだけど、なかなかよいデザインではないですか。黒猫ちゃんが楽天のクリムゾンのクッションに映えること。……こうやって書斎がどんどん整っていったら、旦那様いよいよ出てこなくなっちゃうな。   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

可愛がって卓袱台

可愛がって卓袱台
父の日のプレゼントは他にあるの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

インテリジェンスダイエット

   痩せません。

   どうも、新居が便利すぎて、毎日おとなりのスーパーぐらいにしか外出しないから運動不足みたいで。前のおうちは毎日お買い物のついでにご近所TSUTAYAをうろうろしてたのがいい運動になってたのね(嘘のような真実!)

   「歩け! 散歩しろ!」と旦那様の仰せで、一昨日はコンヴィニを探しついでにうろうろしてみましたけど、緩やかな上り坂を歩いて軽く汗をかいて帰ってきたら……翌朝太ももが筋肉痛で。なんでこんなところが。

   今朝なんか足つっちゃったし。

   ということで、旦那様が「ヨドバシに行く。時計バンドが切れた」というのを捕まえて

   「万歩計買ってください」とお願いしました。

   果たして、「もう売ってなかった。秋葉まで行っちゃった」という旦那様が持ち帰られたのはわたくしが最初に使ったのと同じモデル、「平成の伊能忠敬」でした。

   わたくしはうちの子たちが幼稚園に行ってた頃から万歩計での体調管理にはまっておりまして、O幼稚園のおかあさんたちにとっては「早乙女さん? ああ、万歩計つけてるひとね!」だったようです。もう、いつどこへ行くにもウエストにつけていて、帰省の時乗った飛行機の中で時間をチェックしようとして客室乗務員の方に「離着陸の最中ですのでたまごっちはご遠慮ください」と言われたといって悔しがったのも懐かしい思い出です。子どもを連れた30代の女性がそんなたまごっちなんか……当時はまだいたのかな。それとも、そんなご婦人がピコピコメロディがなって伊能忠敬が「さあ、旅立ちでござるよ」なんていう万歩計つけてる方が恥ずかしいのか……。

   最初は伊能忠敬と一緒に日本地図を塗りつぶす旅にでるヴァージョン、日本を3,4周もした後は、いっしょにはじめた旦那様が全然大垣に到達しないと要って奥の細道ヴァージョンを取り上げ、それが壊れた後は目指せカシュガル、シルクロードを旅するものに持ち替えて、3,4つめのオアシスまで歩いたところで楽天観戦に行ったフルキャストスタジアムで落っことし、旦那様にしかられて以来新しいモノは買っていただいてなかったんですが。

   ここで2年ぶりに復活させて、真剣に体重管理を始めようと思ったのです。

   「今はこれで体の脂肪がどれだけ燃えたかということを示すモノが主流」だそうで。ゲーム感覚を出したモノはもう他には売ってなかったと。

   ええ~っそんな。つまんないよう。

   それだけ体脂肪率を下げることが健康への近道という感覚が常識になってきてると言うことでしょうか。

   そりゃ、35が30になり28になったら痩せてきているという感覚は眼でわかるでしょうけど。

   今まで300万歩あるいた、それは距離で言うと何キロで、この地図で言うと東京はもう踏破した感覚かな、なんて変換を全然しないで、体脂肪率がなん%とかいう単なる数字をダイエットの目標にできるということはダイエットの実行者が抽象的概念を把握してがんばれる頭を持ってるってことなんでしょうか? みんな、スゴイナア。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »