« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007年6月 1日 (金)

しかと聞いた話

   ストレスでしょうか。また虎美は学校をお休み。吐き気がするんだって。お医者に連れて行って、もたれかかってくるのを支えながら、おかあさんはこのときとばかり奥様雑誌読みまくり。

   ミセスの4月号だったかしら、例によって桜の特集(なんか、3月はどこもひな人形だった気がするよ)。奈良の桜についての話になって。

   「奈良の桜は、枝垂れでも、鹿が来て届く高さは食べちゃうのでヘンな形になっちゃうんですね。おかっぱ髪みたいな」

   「冷たくて少し甘くて。鹿は桜が好きみたいです」

   待て~~~~~~~!!

   雨の後なんか、あれですよ、「夜来風雨の声、花落ちること知んぬ多少ぞ」、花の落ちた風情を撮ろうと(語り手は写真家?)行くんですが、早く行かないと

   「鹿にみんな食べられちゃうんですね、何も残ってないんです」

   鹿~~~~~~~~~~ぁ!(あはれ、古都の鹿は風流、とはそのときは思いもよらず)

   虎美を揺り起こし、その部分を音読して聞かせちゃったりして。

   「奈良の鹿は無敵だのう。ほら、神様のお使いだそうだから」

   「鹿だもんね、しかたないよ」虎美も無意識にオチを付けてしまってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

キャンパスバッグ?

   また大学関連の話。旦那様が去年早稲田大学に仕事で行ったとき。

   「生協オリジナル商品の鞄が出ていた」と、しぶいモスグリーンのトートバッグをお求めに。ナイロンの防水なカンジの素材で、黒い織り上げたベルトが持ち手になってます。口から少し下がったところにWASEDA UNIV. と白く刺繍が入ってるだけのごくごくシンプルな作りで、縦長のデザイン、内側には携帯やお財布を入れるポケットが縫いつけられていて、使いやすそう。持ち手はやや長めで、肩にもかけられるし。

   旦那様気に入って、去年からずっとこれを通勤に使っておられました。早稲田出じゃないのに使っていいのかと思わなくもないですが、別におおっぴらに早稲田大学ですと書いてある訳じゃないし。嗚呼、私たちの若いころは、サークルなんかでナントカ大学何々サークルと大書したTシャツやトレーナーを作ってみんなして着るのが流行りましたねえ。わたしはつくらなかったけど(その代わり、「舞子さんのご学友」と勘亭流で書いたTシャツを体育実技の時間に友人に無理矢理に着せたことはある……いちおう、本人に許可は取ったけど。お心当たりの方、どうもサンキュー)。

   で、今年は慶応大学にいらした旦那様「慶応バッグもあったから買ってきた」って。

   「やっぱり違うんですか? あのペン先のぶっちがいの紋所が入ってるの!?」と見せていただきますと、色は黒、大きさ、形はほぼ同じ、大学名の入っていたところに、黄色で例のペン先をX形に組み合わせた校章の刺繍が入ってました。黒に黄色だから、校章が目立つのなんの。

   「……この辺がやっぱ慶応?」

   「全く同じものなら要らなかっただろうか」と仰るのを

   「あ、なんか持ち手が違います! 長くて、調節ができるようになってます!」と気を引き立てると。

   「やっぱ慶応はさすがですね。もしかして、大学生協は横でつながってるから各大学ヴァージョンあるんでしょうか、細部だけ変えてあるの。じゃ、われらが大塚女子大学のも。どんな仕様なんだろう!」わくわく! ……分厚い本を持ち歩くから底部分が強化されてるとか……うれしくないかなあ。

   お集まりの皆様が大学生協にお出かけの際は、キャンパスオリジナルバッグをチェックしてよかったら教えてくださいませ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お坂がきつうございます

   昨日旦那様は仕事で慶応大学の日吉キャンパスに行かれたとか。それも、工学部は少しはなれたところにあったとか。

   「なんで工学部は隔離されてるんでしょうね。昔の金沢大といい、東北大といい、山ですね。やっぱり実験でやばいものを扱うからという認識なんでしょうか」

   「知らない。坂がきつくて。久々に今朝足がつった」おやおや。

   「旦那様がそんなことを仰るなんて! かんぽの宿一関とではどっちがきつかったですか!?」

   説明しよう! 東北大の研究者がよく使う(?)公共の宿、「かんぽの宿一関」は山にあり、最寄りのバス停からは距離はたいしたことないけど坂道が半端じゃないのだそうな。

   「そこは、宿のパンフレット自体に『お坂がきつうございますので』と書いてあるのだ」

   「うそ、うそ、嘘~~~!?」新婚早々大笑いした過去があったので、早乙女家で坂がきついというと「かんぽの宿一関」が比較対象に必ず出るんですよね。わたくしは残念ながら行ったことないですが。

   しかし、東京においてそんなに坂がきついとは。関東平野は思ったより平らじゃないんですね。

   「じゃ、慶応大学の入学案内に書かないと! 『工学部キャンパスまでの道はお坂がきつうございます……』って!」 

   「まさかそんな」

   「だってお茶の水女子大学の入学案内には『本学の最寄り駅は地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅です。JR御茶の水駅付近にはございません』って書いてあるんだよ! 田舎から出てきた受験生が迷子にならないように!」

   少子化の折、受験生は金の卵ですからして。  

   しかし、その話を仙台のPTAのときにでもしていて、「大学はホントに、研究室の新人の歓迎といっては飲み、院試の打ち上げといっては飲み。均(なら)すと2ヶ月に1度くらいは泊まりがけで飲みに行ってますね。この辺の温泉はみんな行き倒した感じです」といったら

   「うちのパパの研究室はそんなにいちいち温泉になんか行かないわよ。だから早乙女さんのところの研究室は実績がないのね」なんて言われましたね。ええ、東北大の、よその学科の教授のオクサマに。

   嗚呼、青葉山(東北大工学部) はお坂もさることながらお言葉もきつうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ちょっとCM

   今朝10時過ぎ、インターホンが鳴るから、もう生協の牛乳配達が来たかな? と出てみるとペリカン便。「ファンケルからですー!」

   速い!

   土曜、運動会に行く前あわててお化粧しようとしたら、UVカット化粧下地がもうザンブキンショウ(残部僅少)! 振っても絞っても綿棒の先ほどしか出てきません! しまった! 買い置きしておいた新しいチューブが……ない! しまった! 最近おかあさん在庫管理下手! とりあえず、もっとUVカット力の強いボディ用ミルクの残りを絞り出してなんとかお化粧は塗りました。

   で、運動会のあと家捜しした結果やっぱり化粧下地は注文忘れということで……情けな~……。ファンケルのサイトにアクセスして、化粧下地と、その他お届け下限の3000円に達するまで洗顔パウダーやら化粧水やら頼んで注文ボタンをエンター! したのが確か昨日の午後。

   夕方にはもう注文受付ご確認メイルが来てて、さらに夜に出荷メイル。うわ、もう来るよ、と思ってると今朝着いたのでした。速すぎ。前から、注文後3、4日でお届けしますとかいってたけど。助かるわ~。今日のお化粧はボディミルクの残りでしたんだけどね。

   ファンケルはもう10年ほども使ってますね。大学の寮のルームメイトが、「まいこさんもお肌で苦労してたからいいかと思って」と友達ご紹介で教えてくれて。いや、ひとり紹介すると次のお買い物が割引になるから善意ばかりでもないですきっと。昔は5CCほどずつガラスの滅菌容器に入ってて、専用オープナー使わないと開かなかったんですが、今はプラスチックの容器で、前より幾分大きくなって次々注文しなくても良くなって。感無量。

   年々使いやすくなって来てるのです。洗顔パウダーのボトルに絵を描いて「期間限定!」とか無駄なあおりをするのはやめて欲しいけど。

   無香料、着色料も入ってないところがまた心地よくて。実際お肌のトラブルもなく、すっきりむちむちと花の30才を過ごしましたことよ。おかあさんのように自分で雑誌読んで研究したりしなくて美容部員さんの言葉に逆らえないいもねえちゃんは大手化粧品店のカモなんです。下手に何か買いに行くと、倍以上のアイテムを買わされてきて自己嫌悪とともに帰って来ちゃうので、通販の方が欲しいものを欲しいだけ(本当に! 基礎化粧品だけ!)買えるのでいいのです。

   シミは消えないけどね。

   30前からあったシミは、高いホワイトニングエッセンスを毎日きっちりつけてきたにもかかわらず消えも薄れもしないのでぐれて最近さぼりがちになりました。あれ以上増えてないんだから勘弁してよとファンケルさんは言うかもしれませんが。

   青汁やサプリはもうやめました。旦那様は自分でノコギリソウとかイチョウ葉エキスとか買ってるみたいですけど。あと、続いてるのは発芽玄米ぐらい。

   快適下着もなかなか考えて作ってあって、慣れるとスーパーで買ったようなのは身につけるのがイヤになります。去年買った独自開発お財布も結構使いやすいし。って、どんどんファンケルに消費行動を支配されてる!?

   トラブル肌の方は、ま、一度お試しになったらいかが? 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月27日 (日)

しばし留めむ

   盛会でしたイーヴィヒベルク小学校の大運動会、近隣の皆さんも見にいらしてて。すばらしいと思ったのが、5分も歩けば必ずお犬様の散歩する姿に出会えるぐらい犬を飼っているご家庭の多いこの地区に、運動会に犬様連れでお越しになる方が皆無だったこと。……大きな声では言えませんが、M山ではかなりお犬様連れがいらしてて、犬コワイ病のわたくしとしましては毎年(猛獣は連れてくるな~~~~!)と心中叫んでおったのです。

   マナーが良くってすばらしくってよ。

   で、代わりに多く見られたのが、部活を抜けて来たのでしょうか、近くのゴルドベルク中のジャージ(校名の刺繍入り)を着た少年少女の姿でした。野球の練習着姿(あの前開き半袖シャツまたは色Tシャツに下は膝までのズボン、ただしチーム名などは入ってない白無地)の少年も。豹太は昨日当分部活&体育禁止を宣告されてますのでうちで留守番してましたが。

   吾子が着ればむさ苦しかるジャージスーツの

     清らに見ゆる乙女の細腰                  舞音

   ……とても同じデザインのものとは思えませんでしたわ。

   やっぱ、年頃のおんにゃのこというのはよいものですなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »