« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »

2007年3月17日 (土)

「6枚のとんかつ」 悪くはない

   え~と、3月になってから左柱の「今月の本」コーナーのネタがないのは、さすがに荷造りをやっておるわけではなく、発掘された本を読み返しておるからです。オイオイ。もう引っ越し1週間前だよ。
   とうとう買ってしまったのは「6枚のとんかつ」蘇部健一 壁本として有名なアレです。

   ミステリの世界には壁本という範疇が存在するそうで。
   あまりの駄作さに、読んだ後壁に叩きつけたくなる(実際やってしまった)本だそうで。
   え~と、この「6とん」とか、有名なところで綾辻の「人形館」とか(わたしはやってません、気持ちは解るけど「あほか~っ!」ってカンジ )。選ばれる作品は人によっていろいろです。
   まあ、一般にバカバカしいというか、人をバカにしているというか。

   実際読んでみると、う~ん、軽い。軽すぎる。短編集なんですが、みんな、薄いコンヴィニ文庫の推理クイズ集みたいな軽さ。登場人物が薄い、ネタを紹介するための存在で、細かい実在っぽい奥行きが感じられない、それは「どんなネタよ、どんなネタよ」と急いで読んだせいもありますか。バカバカしいネタを読ませるために、わざと俗っぽい人間に書いてあるのかとも思いますが、この探偵役にはちょっと好意を感じられません。
   トリックは短編でなら通用するちょっとスウィートな小ネタで、実はセンスのあるひとなんじゃないかと思いますが、照れ性なんでしょうかね、あまりにも料理が悪い感じ。衆人環視のパーティの最中に有名な宝石が「消える」。すぐさま出入り口を封鎖して全員身体検査をしたはずなのに出てこない、それは、いろいろな条件が重なって「宝石を持ってる人」が透明人間化していたからというトリックは、「ウブメのナツ」なんかよりずっと気の利いた、そしてフェアな視覚錯誤だと思いますけど。ホントに不愉快な地の文で。雑食型のわたしがここまで神経逆撫でされるのも珍しい。イヤホント、なんでだろ。

   で、表題作、シマソウにあやまれという「六枚のとんかつ」は(島田荘司のあの「占星術殺人事件」のあの大トリックの換骨奪胎であるという)、流し読みして、あのとんかつ5枚から6人分創り出すという図で大いに笑い、この図のために714円払ったかいがあったと悦に入ったわけです。

   

結局は 面 白 か っ た のよ

   A地点からB地点までの時刻表トリックと見せかけ、ねえ、その地図ホントに日本地図? というベタな引っかけもあり(ギャグでそれはよく聞くけど、ミステリにまともにネタにした人はこの人が最初であろう。しかも、コレがデビュー作だとか)。しかも応用編もあり(2回目は誰もひっかりません! 寒かった!!!)

   同じトリックをさらに衆人環視の被り物ショウに翻案した「5枚のとんかつ」、これはもうわざとねらって同じ口調で同じトリック解説をしているところを楽しむものだとは思うんですけど、ただでさえ好みでない語りを2回読むのは油の悪いとんかつ2枚食うようなもんだわ、ちょっとおえっぷ(失礼しました) 。

   

トリックのセンスは悪くないと思うの。流し読みでもほほうと思ったし。ただひたすら、文体というか物語として全体にお品がない、くだけすぎな感じがやっぱりなんだかなあというものでした。

   壁本ではないです。かえって、たまにぱらぱらしたい本ですね。短いし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月16日 (金)

美しき誤解

   お引っ越しも一週間前になって、今日はお茶のお稽古の仲間のみなさんとお別れランチでした。 
   「なんだか早乙女さんきれいになってるわ~やっぱり旦那様と一緒に暮らせるようになって吹っ切れたのね」
   ぱ~どん?
   「ホント、単身赴任のままあと8年がんばってもらうって言ってたときと顔が違うわよ。お肌もつやつや
   あの~それは、今日ランチだっていうからフルメイクしてるせいですよ。いつもはお茶碗に口紅がつくといけないってルージュも引いてないし。
   ファンケルから春のフェアーでなんとかいう美容液の試供品が来て、最近はひと手間掛けてるせいもあるかも知れません。首都圏の住宅街ぐらしを控え、少しはこましな格好をしないといけないかと少し身構えてます。
   「よかったわね~家族みんなで暮らせるようになって」
   ……とりあえず、サオトメ家はらぶらぶだと思われているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

「風林火山」10 カピバラ牙を剥く

   なんだか先週、満を持して「父を裏切る」みたいなことを言っちゃって、板垣さんに引かれていたらしい(違います)晴信ですが。とうとう謀反決行でございます。ま、「殺られる前に殺る」正当防衛だから。戦国時代はホント大変ね。

   「息子を追い出すからよろしく」「パパを追い出すからよろしく」親子から密書がかちあって困ってるのは今川さんち。うるわしくもダークな義元くん(もう髪の毛生えそろって髷結ってました)にデスラー雪斎にジュケーニの三者会談です。パパはジュケーニに嫌われてます。
   「孕み女の腹を割いたとか。そんな男と枕を並べたくはない」って、2ちゃんですかさず突っ込まれてました。同衾する気ですか!? わたしもオイオイとすかさず言ってました。引き受けるって、そんな好(?)待遇で?
   「枕を並べるまでは」云々とデスラーにもフォローを入れられてましたね。とりあえず、なるべく顔を合わせないように配慮するとか。ああびっくりした。
   とりあえず、実は切れ者っぽいし、狂犬信パパより考えが読めるだけ息子に甲斐を握らせておいた方が楽、と見て
   「じゃ、晴信の方の申し出を飲むということで」
   伝助さんは密書の中身は知らないまま、久しぶりにあった勘助と世間話なんかした後、またお返事を持って帰ってゆきました。ヤギじゃないので途中で食べたりはしません。まさかこんな小者が大それた密書を持ってるわけないというフェイクと、こんな教養のなさそうなやつなら開けてみても読めないだろという配慮の人選だそうで。ちょっとした小細工で信パパ宛のお返事も持たされて。これは、「功名が辻」でお千代さんもやってた相手を信頼してるというパフォーマンスね。
   「こういう返事書いといたからうまく演技しなさいよ」ってやつ。
   信パパは、諏訪婿殿を連れて信濃出兵中でした。忙しいやつだ。ルイ14世もですが、対外出兵ばっかやっとると国ががたがたになります。信パパ追い落としに家臣団が協力したのは付き合ってるとこっちも飢え死にだからだと甘利くんも言ってましたな。フランスほどの大国でも、屋台骨が揺らいで革命の遠因になっとります。はい、ここ重要! マリーアントワネットがダイヤの首輪買ったりギャンブルにはまったぐらいで破産するような国家財政じゃないですから。って、大河ドラマのレヴューでやってどうする。
   板垣くんは家臣団への根回し。
   「君と僕とは一心同体」って繰り返して。なんかいやらしい。武田家家中はみんなホモかい(違いますから)。「あまりにも」と甘利くんが渾身のオヤジギャグを飛ばしたといって2ちゃんねるでは受けていましたが、わたくしは一心同体宣言に心を奪われていましたので未確認です。みんな、心に響く台詞が違うのね……。とりあえず、家臣団は押さえられた模様、今川家に人質嫁入りしていた晴信のねーちゃん(結構重要な役なのに未登場)を訪ねて駿河入りする信パパ、それは片道切符だったのでした。このパパ結構フットワーク軽いね、先週は晴信の妹を訪ねて諏訪に行ってるのに。よそはそんな、人質先までのこのこ出かけたりしてたのかしら?
   そして、手負いの虎と化すこと必至の信パパ預かり人の白羽が立ったのは「それなりに切れる人間で、でも死んでも惜しくないやつ」ということで勘助だったのでした。確かにその論理は判るけど、ああ、義元、うるわしいけど冷たいお方(おかあさんたら、鯉は桃食う)。
   で、なんか次男は感づいてたっぽいけどうまくだましおおせてパパを送り出した後、「もう帰ってこなくていいから」と国境を閉鎖した晴信、見事な謀反成功でした。

   で、おみっちゃんの仇の生殺与奪を握った(?)勘助、どうする?
   ……って、義元から殺していいよって指令受けてないから殺すとまずいよね? 晴信からも、やっちゃってイイからとまで言われてるわけじゃないし。よそんちのお家騒動にそこまで介入して親殺しの汚名を被ってやる必要はないし。それを口実に攻め込まれても困るし。

   殺しちゃいけませんよ? 待て次週!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月13日 (火)

ミドルネームが欲しいよう?

   さんまのなんとかというトーク番組を見ていた豹太、親が外国人というタレントの本名が実は長くて芸名(ファーストネーム、省略形)の正式なものプラスミドルネームプラスファミリーネームという構成にエキゾチズムというかかっこよさを感じたらしく。ま、アイスのCMで、ミドルネームカッコイイというのがあったからかも知れませんが。
   「俺もミドルネーム欲しい!」って、おいおい。
   「お前にもあるぞ。にゃ~にゃ早乙女にゃ~にゃ豹太だ」実際うちのこの幼名はにゃ~にゃです。幼稚園にも提出してあります(恥〉。
   「やだ~~~っ」
   「しょうがない。じゃ、早乙女パンサー豹太」同じ動物を並べてどうする。
   「進化させただけじゃん!」本人のツッコミどころは違いましたが。
   「じゃ、タイガー豹太」
   「猫科は嫌のなのにゃ~~~!! またたびかじってごろごろするのはイヤ~!」ってそののたうち回り方は猫科以外の何者だと?

   昔の人はなんちゃって官位のミドルネームをつけてましたね。大岡越前の越前も、中村主水の主水も、旧律令時代の官職から来ておって、字面のいいやつを自分で(てゆーかたぶん親戚のゴッドファーザーのオッチャンが)つけてます。ま、将軍に近い辺りだと、お金を積んで、帝にホントに叙任して貰ったそうですが。日本全国の下々の侍までカヴァーは無理だと思うし。名乗ったもん勝ちだったでしょう。
   おかあさんは尚侍とかがいいなあ、でも、女性の官職は少ないし、ミドルネームにした実績はないよね? じゃ、大学頭ぐらいにしとこうか。頭良さそうな所で。早乙女大学頭舞子(こーゆーときは子が付いてないとかっこ悪い)。うわ、激シブ。
   クリスチャンじゃないけどクリスチャンネームでいくならセシリアですかね。オルガンを作ったという伝説のある音楽の守護聖人です。爽やかそうですね。

   いえ、まいちゃんもう自分で自分の名前をつけましたから。確かに中学生の時ので、実際今となっては中学生が頑張ってつけました感アリアリではずかしいですが(そんでもって今の絢爛豪華な赤ちゃんの名前に実例続出でもっとはずかしいですが)、もうこの名前でいろんな投書やメイ作を出してるんで、もうこれはわたしの名前です。オフ会に出て、まいねさんと呼ばれても照れずに返事できるようになってます。

   豹太も、自分の名前を自分で決めたい年頃になって来るのかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実況 胴体着陸!?

   NHKの「知るを楽しむ」、あの宮崎カメラマンによる南極探検の白瀬中尉の評伝で、ほうほうと感心しつつ見てたら
   ぶちっ
   と画面が切り替わり、臨時ニュース
   国際的になんかあったかと思えば

   高知空港に着陸の70数人乗りのプロペラ機が前の車輪が出ないまま着陸を強行しようとしておるというニュース。

   丁度始まったばかりの時の映像は、練習なのか、途中でびびったのか、降りる寸前まで行って、反転浮上した時のものだそうで。たしかに前の方は出てませんでした。

   詳しい解説者を呼んで、こういうときは燃料を捨ててもしもの時の火災を避けるもんだとか、もう2時間も予定時刻を過ぎているとか言ってます。消防車がもう待機して火事に備えてるそうですが。

   

これがNHKでやるべきニュースですか?

   国家要人が乗ってるわけでもないのに(すいません、命に軽重はないですが)。

   もし失敗したら、56人の命は危険にさらされる
のでしょう、全日本(全アジア?)の人の目の前で。
   ホントに全TV局がこれをやってるとしたら、ちんたら偉人伝の再放送をやってる場合じゃないかもだけど、とりあえず、仙台ではあとはTBS系しか飛行機の映ってる局はなかったけどなあ。
   TVの総ワイドショウ化に対応してNHKもお昼の番組は流動的対応できるようにしたとか言ってたけど。

   

見せものにしなくていいです。

   乗客のご家族の心中いかばかりか。

   みなさまのNHKとしてはやっぱり全国にお伝えするべきですかねえ?
   ああ、10時のニュースでドバイだかの空港で着陸に失敗して空港閉鎖とか言ってたばかりだからかなあ。

   といいつつ、ここまで見ちゃったら成り行きで付けっぱなしにするつもりだけど。
   ……無事に降りられたらよいけど。
   「TV丸見え~」とかの衝撃映像ものの番組だと、結果が判ってて、全員無事脱出! とかあとでホッとできるからまだしも。あんまり悲惨な映像なら流さないだろと思うし……これが失敗、炎上、○○○○だったりするとすっごく後味悪っ。

   あ、49分時点ではフジ系も映してました。日テレ系、テレ朝系はCM。とりあえずこの辺で。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

シンジラレナーイ! スプリング

   雪降ってますよ。こんこんこんこん、ゴホンと言えばの龍角散スノー。意外にも積もって、もう足先が埋まり加減。
   油断できないんだから。
   今年は暖かくて、いつもはお正月に金沢の靴の量販店(金沢サオトメ家より徒歩5分のところにある)でスノトレを購入するところを、要らないか、と買わなかったんですよね。
   スノトレというのは、そういえば、わたくしの高校時代から、目端の利いた高校生ぐらいは履いてたかも(ふつーの人はゴム長)。スノートレーニングシューズかと思ってましたが、スノートレッキングかも知れません、防水、底が厚く溝が深く掘ってありスパイク金具がついてたりという雪道用シューズ。カタチとしては登山靴ぽいです。編み上げなので脱ぎ着はチョと大変。実際、去年、豹太が小学校の遠足、最高学年というので市内最高峰(一千メートル級!)に登ったとき登山靴の用意をと指示があったんですが、「これでいいではないですか」と旦那様がスノトレを勧めてました。ちょっとビックリ。それで見事に行って帰ってきましたが。
   というわけで、もう去年のは履けないし、と実家に送ったばっかりだっつうのにこの積雪。明日の朝には凍りそう。
   おかあさん泣いちゃうから。
   ま、ゴム長はあるから、それで行って頂きましょうか。
   まったく、やっぱり東北は油断できない。

   裏切られ信じられずに過ぎければ
         春とは偲ぶものと心得(こころう)
                                  舞音

   いや、それはあまりにも後ろ向き。桜が咲いた時ぐらい浮かれないと。散った後でしみじみしてもしょうがないって。もったいなかったかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

「風林火山」密かに人気

   レヴューの方はまた後でゆっくり。
   大河ドラマはNHKの看板なので、各方面でバックアップがあったりしますが、あからさまなところで、土曜の「スタジオパークからこんにちは」という番組で、出演者をよんで撮影にまつわる話なんかさせたりしてますね。
   この土曜は晴信役のひと(市川亀治郎)が出演したそうで。
   このひとは歌舞伎の世界の人で(梨園、と言っちゃうと梨農家のことと思うひとがいるらしい)、その割りになんというか色は黒いし下ぶくれで眼はぎょろりとしているし、「新選組」のときに中村獅童を見たときにも「美形じゃないっ!!」と強く違和感を感じたもんですが、彼は彼で写楽とかの役者絵に出てくるようなフォルムが見て取れて、ナルホド江戸時代から続く家柄の顔じゃわいと納得がいったのですが、この人の方は。
   う る わ し く な い よ う。
   そんで、芝居が大きいもんだから、すいませんうちのTVはまだアナログで今の水準で言うともう大きいとは言えないサイズなものですから(旦那様ごめんなさい、わたしはこのサイズでいいと思うけど)その画面で見ると浮いてるんですよ。
   ま、どうせあのエロ入道だと思えば余りうるわしくなくても困らない、芝居さえ大外ししないでくれれば、と思ってたんですが。

   その、スタジオパークで語ったことによると(2ちゃんでの伝聞情報ですが)、大きい芝居もみんな解ってて作ってるそうで、これからどんどん信玄として大きくなりそして父と同じ道をたどる……? と、意味深なことを言ってたそうで。

   スゴイナア。

   大河板では一気に人気沸騰してました。

   そんで、視聴者から励ましのファクス(もうお便りじゃないのです!)なんか届いてて、番組内で紹介されてたのが、先週とうとう忍耐が限界で「父を追放する!」と腹心の板垣の千葉さんに激白してたのを受けて。

   「謀 反 が ん ば っ て く だ さ い」って。

   オイオイ謀反はがんばって起こすもんじゃないだろ。
   でも、日本全国のお茶の間でそれくらいの共感は呼んでましたとも。おかあさんも思わず手に力が入っちゃった。
   ちょっと、大河の登場人物としてはいい話。
   歴代の織田信長が「本能寺で殿を殺さないで!」と助命嘆願が起こるってのはまあよくあることですが、父親を追放しようってのに
   「よく決断した! ガンバレ」って言われる武田信玄もなかなかいないんじゃないですか。 
   あと、意味不明な応援を受けそうな大河レギュラーキャラってなんだろ?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »