« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007年1月 6日 (土)

禍を転じて

   実家に顔を出すとノルマのように母の愚痴聞き。この秋、従妹の結婚式が東京であったとかで、それが大変な旅行であったという話。
   「その日がとってもすごい風で、手取川で電車が止まったのよ!」それは大変でしたね。手取川は石川県最大の川で、源平争乱時、あまりの急流に木曽義仲勢は手を取り合ってそろそろ渡ったと由来が伝えられておるぐらいです(当時橋はなかった?)。
   でも、それは東京新大阪間で大井川が不通になったようなもので(え~と、東京→新大阪間は下り? JR西日本の感覚では上りなんですが) 名古屋から新大阪に行くのに影響でるかい? というようなのがわたくしの疑問。要するに、母が実際乗る区間ではないのです。
   「手取川だけじゃなくて、富山の川もみんな鉄橋の手前で『風速が設定値を超えたので走れません』だったのよ!」ああ、去年(もう一昨年?)羽越線が酷いことになりましたから。そうでなくてもそっちはJR西日本だから、念には念をいれてたわけね。
   そうでなくても富山はある程度の規模の川の多い土地で、わたしが今そらで言えるだけでも庄川、神通川、黒部川……とJRは延々鉄橋を渡ってゆくのです。それが全部通行止めになったら、北陸線はもう全線不通みたいなもんですな。
   「もうダイヤがぐちゃぐちゃで、糸魚川から長野新幹線周りに変更になって、そんなのやったことないからみんなおろおろの乗り換えになって」
   いいなあ、あさま。わたし乗ったことないです。糸魚川まで新幹線来てませんから、さきに接続の在来線に乗り換えだそうですが。 
   「どうだった? あさま」と聞いても自分がひどい目にあったという話しばかりで、座席はスライドしたのかとか、車両入り口上部に電光掲示板はあったのかとか、トイレはどのくらいモダンだったとか、ふつうはじめての路線の最上級の列車にのったらうきうきすると思うのにそんなチェックポイントについてはなんもなし。
   「車両ははやてと一緒だよ」と、旦那様が助け船。知ってるよっ! はやてやあさまの導入時期はいっぱい図鑑買ったし。

   ほくほく線開通以来、金沢・富山方面JRは上越新幹線利用が常識となったようで、信越線~長野新幹線というのは死にルートと化しているみたいならそういう珍しい機会を楽しめば良かったのになあ。

   前回冬の帰省は新幹線が遅れたり、接続特急が埋まったり、その代替コースも止まったりとスゴイアクシデントに見舞われ、この荒天に子供二人抱えてちゃんとおうちに帰り着けるのかとの不安を押し隠し「うわ~こんな機会でもないと長岡の町なんか見られないよ」と言って「おかあさんって、の~天気!」と切り捨てられた身としては、母の姿はあまりにも(心まで年寄りになっちゃったのね)と哀しかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

歴史は繰り返す

   田舎に帰って実家の方へ帰らせて貰って、回る鮨屋なんかに連れてって貰ってさんざん食べて、さあ席を立とう、とすると母がわたくしを押しとどめるのです。
   「あら、まいちゃんそれも頂戴!」
   な、なんですか?
   「言ったじゃないの! 今、箸袋を集めてタイに送ると車いすになるのよ!」
   はあ~?
   「タイってどこのタイ?」
   「タイランドよっ! 東南アジアの!」

   

あり得ないでしょ、そんなの。

   わたくしの若い頃、缶飲料のプルトップを何百集めると車いすになるといって、必死で集めて、友人であるわたくしたちにも捨てたりしないよう運動してる子がいましたが、それでさえ都市伝説であるという噂は付きまとっていたというのに。

   古切手や古テレカについては、赤十字とかで集めておりますし、中古市場があって日本のものは珍重されているように言い伝わってますが(古テレカの場合は、度数を勝手に上書きしてニセテレカを作るためかも知れませんし、逆にそうさせないために回収しているのかもしれません)、ただの箸袋にそのような中古市場があるでしょうか?

   いったいどこがなんのためにそんな変なムーヴメントを起こしてるんでしょうねえ?
   ガチで地球環境と博愛のためにそんな運動を行っておられたらごめんなさいよ。その際は、箸袋がどういう錬金術を経て車いすに化けるのかこのおばかなおばさんに教えてくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事始めおつかれさま

   その昔、お勤めしてた頃、母はまた短絡して
   「銀行にお勤めだったら仕事始めはお着物じゃないの!? まいこちゃん、あなた、自宅の方と差がつかないようにおかあさんちゃんと支度してあげますからお着物で行きなさいよ」いや、違うから。子会社だし、勤務地も銀行じゃないし。そういえば、銀行本店にお勤めの方も、システム部に限らず、総務とか、え~っとお店に出てない部署の方はやっぱりお洋服で出社されたのかしら。東証大納会は金沢でニュースを見ましたが、今日はうっかりニュースを見忘れました。21世紀になって金融再編成がされてもお正月明けはテラーの皆さん(銀行のお店のカウンターの中のおねえさんのことをこう言うらしいです)はお着物なのかしら?(うちでごろごろしてるんだから近所の77銀行にみにいけばよかった)
   年初、虎美のお着物姿を見て「俺も着ようかな」と言ってくれた旦那様、慌てて夜、婚礼タンス(ピアノとこれだけは金沢早乙女家に嫁入りした)を捜索して大島のアンサンブルを出したんだけど、翌2日の恒例のわたくしの実家訪問返しのときにはお天気がちょっとやばくって、着てもらえませんでした。
   3日の朝、しまって帰ろうとしていると、旦那様が殊勝にも畳んでくれました。
   「おお、サンキュー。じゃ、こっちに頂戴」とタンスを開けて申しますと
   「東京に持っていこうかと」
   「それで休日にお出かけですか? その筋の方に声を掛けられないように気を付けてくださいね」何度も申しますが、旦那様は元横綱千代の富士似の以下同文。
   「いや、明日、会社にこれで行く」
   ちょっとそれはどうよ?
   確かに、スーツや腕時計の方が助かったと父が泣いたくらいお金はかかってますが。
   羽織がついてても、紬は会社に着ていっていい着物かなあ?
   女性と男性では着物の格が違うのかしら???
   女性の場合、紬は趣味着で、フォーマルに着ていくと礼を失するんですよね?
   仕事始めはフォーマルじゃないか???? いや、銀行のおねえさんや東京証券取引所は振り袖だぞ?

   「それで着物は着てゆかれたんですか?」と、さっきまで電話してたんですが。旦那様、わざわざイトーヨーカドーまで着物ハンガーを買いに行くぐらい気合いが入ってました。
   「ああ」
   「受けましたか?」
   「別に」
   「……叱られたとか?」
   「もう俺は着物ぐらいで叱られたりはしない」もっとすごいことをしでかしておられるのですね。
   予定されていた会社の新年会が延期になって、せっかく金沢で地酒、それもめでたく金箔入りを調達していった旦那様はご立腹のようでした。
   ま、がんばって妻子のために本年も馬車馬になってくださいね♪ 
   「ムッとしたから明日は仙台で飲む」
   ……もう金曜日なんだ。
   「……わーい、また逢えるのね♪」と返しておきましたが。三連休だしね。ま、ゆっくりして頂きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

執事喫茶盗撮事件

   あ、戻って参りました。なんかすごいことになってたみたい。
   旦那様のいとこのお嬢さん方(東京でキャリアを極めているそうで)とお正月に世間話をしていて、「東京に行ったらどこに行きたい」という話題で
   「おかあさん乙女ロードというところにいってみたいです。渋い執事さんが迎えてくれる性のためのメイド喫茶みたいなところがあるんですって」なんて言っちゃって。
   「まあ、そんなところがあるの?」
   「あら、ご存じないんですか?」なんて会話をしたというのに。
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20060515#p1
   そういうおきれいなオシャレな女性の読むような雑誌では超イタイところとして紹介されていたんですって。ただ、その紹介記事は取材申し込みをしないで潜入取材をして書くのが売りだったそうで、だからといって撮影禁止の店内で、お客の女性を撮影して雑誌に載せちゃったのはどうよ? 記事の内容もあんまり不勉強で一方的。とネットで批判されておったそうです。
   いや、おかあさんもその昔には「ちょっと女性の萌えを勘違いしてない?」とか辛めのコメントをここで出していたと思うんだけど。

   なんだか困っちゃう。ネットで元気な男性(?)の方が騒動に気づくと大げさになっちゃって。どうも出版社側も意固地になっているようで。
   乙女の聖地がこんなことで汚されてしまうのはなんだかいやん。
   なんて心配も乙女たちには遠くのことで、騒いでいるひとはまた新しいネタ(白のダンサーの衣装が過激だったとか)を見つけて騒いで楽しんでいるのかも知れませんが(日付をみたら5月の話だったわ)。そういうおかあさんも、自分はメインターゲットではないとばかりに高いところから見て言ってるし。同じアナの狸さんなのかも知れません。
   おかあさんにとっては今日初めて知った事件だったのでたいそう驚いたのでした。
   とりあえず、この編集長のコメント(撮影禁止の掲示がなかったので気がつかなかった。フラッシュ焚いたりもしたのに注意されなかったので撮影OKと思った)はすんげえ図々しい開き直りと思いましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

   ちゃんと明けたかな?
   2007年の元日でございます。本年もよろしくお願い致します。
   本年の目標は人間らしい規則正しい生活を送る、ですかね?
   ここらで軌道修正をしないと人外魔境になってしまいます。
   坊っちゃん文学賞もあるしね(まだ諦めてない!)
   じゃ、よいお正月をお楽しみください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »