« 速報! ここまで堕ちたか | トップページ | ソチも悪じゃのう »

2007年12月11日 (火)

バラはなんのために?

   ちょっとクールダウン。
   今年最後のバラが食卓にあります。色も他になく濃く、パティオローズとは思えないくらいの大輪です。最後だからがんばったのかな? 丁度、夏の後で上げた肥料のタイミングが良かったのかな?
   バラは、花が咲いたら(もう、蕾がほころんだら、という厳格な園芸書さえあったような気がします!)すぐ切ってしまわないと、お花を咲かせる方に栄養がいってしまって良く育たないんだそうで。今時、バラに限らず、お庭に植える花でタネを取って翌年咲かせようなんてことはもうしないんですってよ。ま、ちゅうりっぷとか、球根物も、すぐお花は摘んで、球根を太らせましょうなんて、そういえば何となく言われてきたかもしれません。とにかく、タネができるまでお花を咲いたままにしてちゃいけないそうで。ま、花びらが散ったら見苦しいことになるし。

   盗人もあろうに道に盛りなる
       夜中の薔薇の主ゆかしき               舞音

   これは駒場の社宅にいた頃。歩道の方までプランターを出して、ガードレールにもうくくりつけちゃって、堂々と出してあるたしか大輪の白い薔薇。盗みやしませんが、まあ、おおらかだことと感心したのでした。もう、散り零れるまで放任で。薔薇って、熱心な方は、温室で、囲って、大事に大事に育てるもんだと思ってたので。そこまで入念でないのでうちのバラは「バラ」。

   ねえ、いくら全体のためだからって、せっかく薔薇を育ててて、咲いたらすぐ切り取って、捨てはしないでしょうけど、うちの中に持って入って。じゃあお庭は永遠に未完成、明日咲きます、明日咲きますばかり? 道行く皆さんにご覧に入れたりはしないの? そういえば、花束の薔薇も、持って帰って活けることを想定してだか、なんだか蕾っぽいのばっかりで、今見て美しい花が入ってないよ、と物足りなく思うこともありました。わたしの美的感覚がおかしいのかな? 咲ききって、今が極限値、というときを見てもらうものだと思っていたけれど。

   で、あと一日、あと一日とはさみを入れる日を延ばして、見苦しいことになることが多いのでした。やっぱり性格かなあ。

   「誰も寝てはならぬ」でも、さっと切り替えて「次の花」となるゴロちゃんに比べ、未練たらしいハルキちゃんは「これはこれでまだ見れる」と咲ききった薔薇ばかり集めて活けたりする人なのでした。そして、我らがヤーマダくんは、「可哀相だろ。やれ咲け、咲いたらタネは要らんとか、よけーなお世話と花は思ってるかもだぞ」と散るに任せよと言うのでした。うん、方向性が間違ってるかも知れないジェントルさでした。3者3様のこのくだり好きなんだ。6巻参照のこと。

|

« 速報! ここまで堕ちたか | トップページ | ソチも悪じゃのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17343483

この記事へのトラックバック一覧です: バラはなんのために?:

« 速報! ここまで堕ちたか | トップページ | ソチも悪じゃのう »