« イヌワシも飛んでゆく | トップページ | 狸の毛皮はぬっくぬく »

2007年12月16日 (日)

有銘は貴重な左腕です

   ありめたんといえば。
   昨日から目の前の箱を操作して一生懸命探したんだけど見つからない(お前の記憶力はそんなもんか)から伏せ字のママにしときますが。

      気がつけば 皆討ち取らる××に 西武は松坂となに思ひけむ  
                                            舞音 

   恥ずかしくも後鳥羽天皇御製の本歌取り。
   元ネタは「見渡せば山もと霞む水無瀬川 夕べは秋となに思ひけむ」
   松坂以外にもいいピッチャーいるんじゃん、程度の意味。

   この西武の××(たしか西口)と投げ合いをやって、スコアボードは0ばっかり18個、
   「有銘もがんばるなあ」と西武のひとにもため息をつかれてたり。って、歌の中に有銘の「あ」の字もないじゃん! (試合はたしか0-0のまま延長に突入して、その後やばくなって西口降板。西武が勝ったかな? もったいないと言われてました。もしかして投げてたのは有銘じゃなくて一場?)いや、調べてみるとこの西口実にいいピッチャーでした。語呂もいいから西口にしときましょう。って、なんでこうなるかな?

   ロッテ戦でも投げて、投げて、打たれて、追いつかれそうになって、もうあと少しで勝ち投手の権利の付く5回表にロッテファンひしめくライトスタンドから、
   「ありめー、もうちょっとだけがんばって!」と叫んだのも2006年のシーズンでした(涙)。今年は応援に行けなかったけど、おかあさんはありめたんのことも応援してるんだよ。ありめたんを称える歌はこんどゆっくり詠むことにしますから。

   (おかあさんなぜかライトスタンドからの応援が多いのは、ご迷惑ですが、外野自由席券しか買えなくても、旧フルキャスはレフト外野席が楽天山という芝生席になっていて、これが傾斜が微妙でのんきに腰を下ろしていられないんで、楽なお椅子席のライトスタンドへ行ってしまうという理由。ライトスタンドは常識で敵チーム応援団のお席らしいですが、地元だし、いいじゃん、と、飛び跳ねるマリーンズ応援団の皆様の真横で平気で楽天の応援をしてたりしました。それでよそのチームのファンのご意見も聞こえたわけ。空気読め?) 

   いかないで 有銘は貴重な左腕です 

   今日のところはこんなとこで。

|

« イヌワシも飛んでゆく | トップページ | 狸の毛皮はぬっくぬく »

コメント

 イロイロ調べると、西口と投げ合いをやったのは一場で、がんばるなあと相手にも褒められたのはロッテ戦でした。後者なんて自分でここに書いといて、イヤになっちゃう(2006年9月2日の記事。試合はその数日前)。
 ありめたんはがんばってます(たぶん2007年のシーズンも)。来年もガンバレ。

投稿: まいね | 2007年12月17日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17381146

この記事へのトラックバック一覧です: 有銘は貴重な左腕です:

« イヌワシも飛んでゆく | トップページ | 狸の毛皮はぬっくぬく »