« 「ティオの夜の旅」合唱CD大人買い | トップページ | 速報! ここまで堕ちたか »

2007年12月10日 (月)

お歳暮もIT

   

お歳暮出しに行ってきました。

   この夏お中元を出しに行ったときもビックリしたんですが、もう面倒な送付先の伝票記入しなくていいんですね! 受付のお姉さんたちに一人一台ノートパソコンが配備され、郵便番号からの住所変換が一発になって、こっちが住所録から読み上げる住所をすぐさまパソコンに登録、伝票印字まで持っていくのです。スゴイ! 
   仙台は藤崎百貨店が古かったのか、小田急が進んでるのか。この2,3年で一気に変わったのか!? 嗚呼、素晴らしきかな情報化社会! いえ、藤崎だって、一度登録した相手先は記録してあって、「今年はどうします?」とばかりにここ数回の品物実績といっしょにカタログが送られてきてたんですけどね。その一覧におうちで記入してファクスという手もあったけど、やっぱり実物見て決めたいし、試供品も食べてみたいし(セコイ)。麓まで出かけてお中元/お歳暮センターで品物カードを手に「承りセンター」の行列に着いてたんですよ。順番が来たら、見本の品物に付いてた注文カードとお届け先一覧を出して、ここにはこれ、そこにはこれと指示を出して終わり。このせいで、ここ数年はずいぶんお中元/お歳暮売り場は縮小化、時間も短縮化されてきてましたが。

   で、今回も11月に入ったら小田急百貨店からカタログと相手先一覧が送られてきてたみたいなんですが……なくしちゃって(要反省!)。日付変更線越えましたが今日のこのこ出かけて来たんです。

   「送られてきたリストなくしちゃったんですけど」とおそるおそるカードだけ持って「承りカウンター」に出頭すると「はい、ではお客様のお電話番号をどうぞ」って。電話番号を申しますと、それを入力するだけで、住所氏名が呼び出されるじゃないですか! 嗚呼、年に2回しか行かなくってももう小田急百貨店の顧客様になってるんだ、うち!(もっと行ってます)。で、この夏のお中元実績もちゃんと呼び出され、手を打ったおかあさんは「そうそう、そこなのよ!」と住所録を開くことなくあっさりお歳暮の発送を済ませることができたのでした。
   夏は中央に1台(?)しかプリンタがなくって、「しばらくお待ちくださいませ」と席を立って伝票を取りに行っていたのですが、今回はもう一人一台デスクの下にプリンタも配備で伝票印字も秒速。非常にスピーディーなお手続きでした。こういうのは季節だけのリースなのかしら。莫大なIT設備投資だわ。

   スゴイナア。

   でもこりゃ、本当に顧客情報の管理徹底して貰わないと

   で、仕事を変わって付け届け先の変わった早乙女さんはビールの人からハムの人にお品物も変ったのでした(発注先も変ったからそういう情報は情報として存在しないけど)。シャチョさんバーベキュー好きらしいからお肉にしたかったんだけど、予算内に入らなかったんだもの。なんだか消費税? どれも端数が出ててキレイな数字じゃなかったです。これも値上げの影響?

   「会社より先生方に送った方がいいんじゃないか?」と旦那様。
   本当に。でも、神奈川県は公立の教職員はご辞退されてますよね? ……それでも押して差し上げるべきなのかな?

   

|

« 「ティオの夜の旅」合唱CD大人買い | トップページ | 速報! ここまで堕ちたか »

コメント

さしあげて悪い、ってことはないんじゃ?
ご辞退されそうなら、きっちりした小田急とかのお歳暮じゃなくて、実家から送ってきましたので~みたいな感じにしてみたら?

あ~私もはやくデパート行かなくっちゃ。

投稿: とむ影 | 2007年12月11日 (火) 17時22分

 あ、じゃあ、ご住所を聞き出させることからしないと。今は住所録なんかも管理が厳しいですからね。
 小学生同士は「プロフィール」という住所氏名から生年月日、好きな食べ物なんかを可愛いシートに記入するものが流行っていて、学校に持って行くと「書かせて~♪」と引っ張りだこになって、クラスのお友達分は簡単に集まったそうです。……用心するように指導するのはもう少し後でもいいかな?
 田舎から送ってきたって……学校の先生に持って行くのに松サブはさすがにまずいか。でも松井がトレードに出されたらまたユニフォームが変るかもだから、今年の縦縞ヴァージョンは貴重かも知れませんって?

投稿: まいね | 2007年12月12日 (水) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17327184

この記事へのトラックバック一覧です: お歳暮もIT:

« 「ティオの夜の旅」合唱CD大人買い | トップページ | 速報! ここまで堕ちたか »