«  「まちがい」謎のお得意様 | トップページ | Western Style? »

2007年11月 4日 (日)

「大徳川展」行ってきました

   もう二度とこの規模の展覧会はないだろうという「大徳川展」@東京国立博物館、行ってきました。人気の数寄もの漫画「へうげもの」の読者はもう大騒ぎで。だって、作中、主人公古田織部正重然(左介ちゃん)が全身全霊で憧れた天下の3肩衡(濃茶においてお茶の粉を入れてお点前に使う道具)のうち2つ、「初花」と「新田」が並ぶんですもん。

   旦那子どもも家事も放擲してはせ参じました。ちょっと出遅れたけどね。13:41取手行きの途中から地に潜って千代田線に化ける急行に乗って遙か上野へ。座れたので爆睡して、気がつくとちょうど表参道(危険すぎ。ちょうど乗換駅で良かった)。
   上野公園は芸術の秋を迎えごった返しておりました。着いた時点でもう3時だし。嗚呼、全部見られるかしら……って。

   

3 0 分 待 ち だ し 。

   あわてていて文庫本どころか携帯も忘れてきたおかあさんは手持ちぶさた。後ろに立つカップルの会話に聞き耳を立てたりして。
  「このチケットで他のところも見られるんだって。えーと……」ヒョウケイ館もホウモツ館も読めない若者にすこぉし不安を感じましたが。そーゆーお若い方って、なにが目当てで来るんだろう。お千代ちゃん(尾張家に嫁いだ家光の娘)のお嫁入り道具か? ほら、時代的にまだ幕府がお金を持ってた頃だし、当時は将軍家のお姫様もまだ少なかったから嫁ぎ先も御三家だし、史上最高のお支度という話ですよ。確かにすごかった。

   さて、3~5分ごとに20人ほどずつ入場を許されて入ります。
   「大変混み合っておりますので、ご自由に。第2展示室を先にご覧になっても構いません」そうで。
   「2を先にしても戻ってきて見られる?」そういえば、2ちゃんねるで実際行ってきた人のレポートでは、入ったところの大きな金の扇子でもう人が釘付けになって全然動かないんだって! 
   「それはもう」
   「『初花』の茶入れはどこ」これは声を潜めて。
   「第2です」
   「ありがとう!」と、まっすぐ第2展示室へ。
   「2大茶入れは360度全方位から見られるよう真ん中の独立したケースに入れてある」との情報に、部屋の中央へ近づくと、ありました!

   「 初  花 」 で す 。

   小梅でも入れて食卓においときたいと言った人がいましたが、たしかに、ただの茶色い小さい壺でした。

   うーむ。

   「へうげもの」作中でも「痰壺じゃん」って言われてましたけど。
   正面に当たる辺り、ちょい左、釉薬が濃く垂れていて、その辺がお花のようにみえないでもないというかこじつけというか。

   いや、肩衡にしちゃでかいでしょ(おかあさん表千家は「唐物」までやってます。こないだまでやってた裏の方も、ま、同じくらいまで。このクラスの茶入れをつかうお点前は習ってます)。唐物点前ではたしか、茶入れを拭くときに袱紗の方じゃなくって、左に持った茶入れの方を動かして一周させるんですが……普通の茶入れは卵よりせいぜい一回り大きいぐらいで、それでも左手だけでじりじり回す(指先を使って水平方向に一周させる)のには結構神経を使うのに、こんな大きな茶入れを片手で回すなんて……できないっ!! 戦国武将は握力があったのね、たぶん。身長はこっちの方が少し大きいぐらいのはずだから(伊達政宗はわたくしとほぼ同じ身長。骨が発掘調査で出てきたそうで、墓所の資料館に出てました)。手が大きかったというのは考えられないです。いえ、400年たったらお点前も変ったのかも知れませんけど。

   そして、「現代的で一見の価値有り!」と言われていた「新田」の方は、なんとシルバーグレーに輝いていたのでした。
   コリャ珍しい。
   だいたい、お稽古に使うような茶入れだと、ふつーに瀬戸とかで、茶色が多かったですから。どういう釉薬を掛けたら、こんな色になるのかしら。つやつやで。たしかにこれは引き込まれる。心を奪われるとしたらこっちね。やっぱり大きいけど。

   そして、ウソのような偶然、長い間失われていたのにこのタイミングで紀伊家(?)の方から出てきた秋野の文琳(林檎型の茶入れ)が、今は失われた「楢柴」の代わりに飾られてました。こちらは、たしかに飴色より赤味が強い釉薬が目を引きます。文琳は林檎型というだけあって球形に近い形の筈なんですが、やや縦長。そして、やっぱり大きいです。

   もうひとつ、油滴天目、油の垂れたようなぽちぽちした模様の浮かび上がった天目茶碗が360度OKケースに入ってました。なんか薄手で、実際使ったら熱くて持てないんじゃないかなとわたしは思いました。あんまりこういうのは好みじゃないです(好き嫌いで言うな)。

   やっぱり、どうも、その茶器じしんの存在としてはぴんと来ない感じ。あれだ、ナポレオンの「5000年の歴史が諸君を見つめている」だっけ? これを足利の誰が、左介ちゃんが、家康が触ったと思うから価値があるんで、ただそこに名もなく転がっていて心を打つかというと……「新田」なら拾って帰りたいかな?

   茶道具が多かったので、茶会からの流れでしょうか、和服をお召しの大きいお姉さん、昔のお姉さんがいろいろ来てたみたいです。これは、お師匠さんも行ってこいって言うでしょうねえ、そりゃ。こちらも、目の保養になりました。

   その他、お千代ちゃんの黄金のお茶セット(お釜も火箸もぴっかぴか~)とか、利休作虫喰いの茶杓とか、イロイロ目の保養をさせてもらったところで、お千代ちゃんその他の嫁入り道具とか、お着物とか、戻って家康の兜やらなんやら見せてもらいました。日本刀はもう時間ないし、そんなに興味ないしスルー。

   ミュージアムショップで、ここだけ! の葵のご紋入り手ぬぐいと唐獅子牡丹もようの筆ペンを買いました。最近のミュージアムショップの人気グッズは、クリアファイルのようで。小さいサイズのものまでいろいろ収蔵品の絵柄で出てました。図録はお金が足りなくなって買えなかったの(あんまり図録を見返すことはないのであらかじめお財布にお金を入れていかなかった)。最近引き締めています(気持ちだけ)。

   帰りは公園口からJRにして、東京駅から16:46の中央線特快に乗って新宿へ。17:11の急行に乗れました。やっぱり優先席で爆睡(するな)。目覚めたらお年を召した方が目の前にいて、慌てて立ちました。2つ前の駅。冷や汗でした。

   帰ってきたら、15000歩も歩いてました!(ま、上野公園は広いし)
   やっぱり博物館はいいです。いろいろと。

|

«  「まちがい」謎のお得意様 | トップページ | Western Style? »

コメント

行けたんですね!
実は私も行けたんです!やっとの思いで!よかったですね~。

混んでて、第2展示室から見たのもそのとおり。新田、初花、秋野。茶壺の松花、茶杓のなみだ(漢字はなんだったかしら)。秋野に比べると初花はおぼこな感じがするところが「初」なんでしょうか?
へうげものも、利休の切腹へむけてじわじわ動いていますが、この茶杓もでてくるの下と思うと感慨深いです。

投稿: とむ影 | 2007年11月 5日 (月) 17時14分

 ああーっ!! 泪(これでなみだ)!
 なんか忘れたと思ったよ!!!
 痛恨の失策であります。要反省。やっぱり誰か解ってる人といっしょに行かないと……。「先達はあらまほしき」(また徒然草)

投稿: まいね | 2007年11月 6日 (火) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16975743

この記事へのトラックバック一覧です: 「大徳川展」行ってきました:

«  「まちがい」謎のお得意様 | トップページ | Western Style? »