« 1日1ネタの本屋 | トップページ | 茫然自失 »

2007年11月15日 (木)

お手伝いさせてください 

   本日の一発ネタ。やや前振り長し。   
   旦那様の仕事がかなり立て込んでいるようで、お帰りは午前様、休日も出勤。
   「なにかわたくしにお手伝いできることがあればお申し付けください。ワープロをただだらだらと打つぐらいならできます」本業であったところのプログラミングについては無謀であるので口に出しません(SEとは名ばかりの落ち零れプログラマでした)。
   「ありません
   「でしょうねえ」という毎日だったのですが、昨日は旦那様帰るなり
   「メイルは見ましたか?」いえ、いっこうに。というとがっかりされて
   「大至急で文に起こして欲しい書類があったからメイルで送ったんだけど」
   それは大変。
   というわけで、昨夜はバリバリとワープロ打ちをしておったのです。
   見ると、実際に紙に出力された状態で受け取った仕様の指示書。画像データとして取り込みはしたけど、このままではデータとし社内で共有できないので、ワープロに打ち直して文書データに直して欲しいと。書式は適当、一太郎どころかメモ書きテキスト形式でよいとのこと。

   

任 し と け

   パソコン通信のリアルタイム会議(今で言うところのチャット)で自然に覚えたブラインドタッチは分速ウン十字、今日こそお役に立って見せますわ!

   デザートの林檎も剥かないで(おみかんを食べていただきました)パソコンに向かい、2時間ほどで、みごと完成。さあっと目を通して、メイル経由で旦那様に提出。

   「こういうお仕事でしたらなんぼでもお手伝いいたします。うちに持って帰って嫁にご用命ください。
   コレがホントの 家 内 制 手 工 業 

   たまに役に立ったと思って口が減らない奥様でした。

|

« 1日1ネタの本屋 | トップページ | 茫然自失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/17077488

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝いさせてください :

» 在宅アルバイト []
開設したばかりの初心者で、皆さんのサイト作りを参考にさせてもらってます。在宅アルバイト。 [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 07時37分

« 1日1ネタの本屋 | トップページ | 茫然自失 »