« 「六の宮の姫君」イチローも狙ってみるかホームラン!? | トップページ | 金木犀を詠んでみよう »

2007年10月 6日 (土)

「マダム・ジョーカー」奥様コミックの珠玉

   名香智子の「マダム・ジョーカー」6巻が出てました。

   一時期百花繚乱だったレディースコミックも、いまは見事に落ち着いて、生き残りが細々と各分野に棲み分けしておる模様。登場人物がスクールガールばっかりの「少女漫画」を卒業したおねえさんが性描写はべつにいらないけど大人の読む内容で、となると「のダメカンタービレ」とかになるのでしょう。昔はOLが主人公のも「花とゆめ」に普通に載ってたのになあ。

   で、奥様が登場人物で奥様が読んで面白いものというとこうなるか。

   月光寺蘭子さんは、美貌の財閥未亡人。シリーズ開始時点では高校生と中学生の二人の子供もいて、ちゃんとハンサムなヒモもいたという何不自由無い生活を送ってました(今はヒモと切れて亡夫の弟と再婚)。そういう無敵の奥様がいろんな事件に出会って解決したり世の無常を悟ったりというお話。

   はっきり言うと、学生時代の蘭子さんは校則をやぶって色つきリップを塗ってきたりマニキュアをしたりという問題児で成績はぱっとしないお嬢さんであったらしく、わたくしが絶対お友達になったりしないタイプです。現在も、ケバイし失敬、とても華やかでいらっしゃるし、社交的で開放的でいらっしゃるのでわたしでなくても誤解をしてしまうタイプかも知れません。

   しかしながら、若くして玉の輿に乗られ(実家は華族とはいえ極貧だそうで)ご苦労があったのでしょう、なかなかの人格者です。もともとおおらかで楽天的なところがあったんでしょうね(亡夫もそこが好きだったと言っておられたような)。

   奥様としてありがちな、派閥にはいれだのあの彼女は気に入らないだのという話に
   「みんなそう言っている、だからあなたの従うべきだという意見、学生時代も良く聞きましたわ」とにこやかに応じ
   「でもそのようなことは未熟な幼い人間のすることだと思っていました」とバッサリ。上流の方は喧嘩をするときも優雅ですね。こーゆーことをハッキリ言ったりできるので、蘭子さんは一部に嫌われ、一部でとっても好かれて楽しく(?)人生を送ってこられてます。

   

友達になってみたいかも知れない。

   作者は噂によるとこういうゴージャスな世界を肌で感じて育ってきた人らしいですが、なるほど、ゴージャスな人ならではの変なところを上手く描き出してる作品が多いです。しかしながら、お金、家族、運、美貌、善い心に恵まれてないひともこの作品にはよく出てくるんだな。

   息子に稼がせてその金を搾り取って遊んで暮らす親、政略結婚した妻をないがしろにして精神的に虐待する夫、独居老人のうちを乗っ取ろうとする犯罪者、遊んで暮らすしか能が無くて娘を電気やガスの止まった家に放置する親、そして、家事放棄して子供(や夫)に食事を与えない親……。

   ゴージャスな蘭子さんの手は彼らにさしのべられ、結構あっと言わされたりもするけど読んでる方はほっとする結末になりますのよ。

   こういう雑誌に載ってる話にしてはシリーズが続くのも宜なるかなと思いましてよ(この年になると、レディースコミック雑誌を読むのもなんだかなあというカンジです。絵も話も変な作品が載ってたりするとうちで広げるわけにも行かなかったりするし。掲載誌読んだことないかも知れない。でも、この作品は信頼できるから、単行本なら読もうという気になります)。

   自分が親に放置されて、給食で食いつないできた子だから、同じような子にはお腹いっぱい食べさせてあげたいという百合子ちゃん(蘭子さんの同窓のライヴァルの娘。婿養子たる父は彼女の家を破産させて失踪)がもうけなげで。親がダメでも子供はしっかり育つのねえ(フィクションだから?)

   いやしかし、奸計で引き裂かれた恋人に20年ぶりに逢ってみたら彼はその父(今は略奪されて彼女の夫)とおなじ顔に老けていたってのは悲惨。だからといって彼女の取った行動も……時は残酷だけど、女心もまた……(そこで女衆がなるほどと納得するのも。納得するなよ……)。

|

« 「六の宮の姫君」イチローも狙ってみるかホームラン!? | トップページ | 金木犀を詠んでみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16677371

この記事へのトラックバック一覧です: 「マダム・ジョーカー」奥様コミックの珠玉:

« 「六の宮の姫君」イチローも狙ってみるかホームラン!? | トップページ | 金木犀を詠んでみよう »