« 百聞は一見にしかず | トップページ | 同窓会行ってきました »

2007年9月21日 (金)

美女限定の病気

   本日もお嬢様は登校拒否。胃の辺りを押さえて「痛いの、とっても痛いの」。

   おかあさんいい加減キレて
   「だったらちゃんと医者に行って見て貰おう。ヤバイ病気だったら大変だし」って、支度をさせて、近くの内科医院に連れて行きました。丸中医院(仮名)は先生が渋くって実は楽しみなんだ。9時前にたどり着いたらもうお年寄りが席を取っててあきれたけど。

   で、お診立ては「肋 間 神 経 痛。まだ若いのに早いね」って。

   嗚呼、それはおかあさんもかかった不 治 の 病です。

   同じ小5のころから、肋骨沿いにぴりぴり電気が走ったような痛みを感じたり、時にナイフで刺し貫かれるように感じたり。お年頃なのに胸を晒してこれでもかと心電図撮りまくったというのに「左心室肥大? ま、命に別状ないから」と放置されて今まで至ってます。

   「ま、癪だと思えば? 都合が悪いときに『うっ……持病の癪が』っていってごまかすのに使えるぞ」と、おかあさんは至って脳天気。

   調べたら、特になんという病気とは特定せず腹部の激痛のことらしいですから。ま、ウソにはならないでしょ。

   癪って言うと、芸術鑑賞教室で連れてかれた歌舞伎、「鳴神」で朝廷から使わされた女性エージェント雲の絶間姫が、国中の龍神を封印して雨を降らせないテロ(?)を敢行中だった鳴神上人を籠絡したときの捨て身技だった印象が強いですね。

   「あぁっ、いたい……持病の癪が……」つって
   「お上人様ぁ、ここさすって」と胸を触らせて誘惑、女犯をさせて神通力を失わせるという。やっぱ、女性の力は強いネ。

   虎美ちゃんも持病を逆手に取れるくらいしたたかな女性になって貰いましょうか。腕をがしっとつかんで引きずって保健室登校させてきました。

   そういえば、「顰みにならう」の故事で有名な西施、彼女の眉をひそめさせる病気はなんだったんでしょうねえ。

|

« 百聞は一見にしかず | トップページ | 同窓会行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16525697

この記事へのトラックバック一覧です: 美女限定の病気:

« 百聞は一見にしかず | トップページ | 同窓会行ってきました »