« 十五夜ですよ~♪ | トップページ | 字余りだっていいじゃない »

2007年9月26日 (水)

「黒博物館スプリンガルド」アーサー王の遺産

   坂田靖子の往年の名作に「バジル氏の優雅な生活」というシリーズがありまして。有閑貴族のヒューマンなコメディ。「エマ」やら「アンダーザローズ」やらのヴィクトリアンな漫画の源流です。「アーサー王の遺産」というエピソードは主人公バジル・ウォーレン卿の友人、新婚の某氏のお話。楽しみにしていたくせに、彼は結婚を楽しんでない様子。具体的には、ドレスのセンスが悪いとか、口の利き方が気に入らないとかの見ていて見苦しいまでの嫁いびり。バジル氏のみならず、悪友連中も彼を見放しかけるのですが、一番頭に血が上ってるのがA氏。先頭を切って奥さんを慰めるんだけど、ちょっと熱入り過ぎじゃありません? って、そう、彼は奥さんに横恋慕してたんですね。奥さんの方も、お見合いの日初めて逢ったのが彼で、うっかり彼の方が結婚相手だと思って恋に堕ちてしまってたんです。
   どうするんだよ、こういう運命の過ちって? アーサー王って言うより、トリスタンとイゾルデ?
   ここで、タイトルの謎が明かされます。アーサー王ってのは、例の、円卓の騎士のアーサー王。奥さんはランスロットと恋仲だったんですね。もう、プラトニックどころじゃない仲だったそうで。そんで「王妃とランスロットはあやしい」と言われるたびに決闘して勝ってもみ消してたんじゃなかったかしら。力が正義って、そりゃ違うだろう。ご清潔な大学生のまいちゃんは怒り狂って、以来アーサー王ものは読んでませんです。
   「アーサー王は、2人を許すべきだった。考えてもみたまえ、3人のうちの2人が幸せになるんだ、残る1人も、そのうち幸せにならないとも言えない」というのがその某氏の言葉。彼は二人の気持ちを知っていて、身を引くつもりだったのです。
   奥さんがとうとう実家に帰って、離婚は成立、A氏は彼女を慰めに通い詰めているそうだ、と物語は終わります。
   「残る1人もそのうち……」とひとりごつバジル氏で終幕。辛いけど身を引いた某氏、「泣いた赤鬼」みたいな話とも言えますな。

   で、話は本題。藤田和日郎の「黒博物館スプリンガルド」も、バックはそういうこと。放蕩貴族のウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド卿がある日バネを足につけて飛び回りつつ女の子を驚かすという(ついでに強制わいせつ?)酔狂なイタズラをしていて出会ったのは、貧しい娘、マーガレット。身分違いの恋を貫く気もなく、イタズラは引退、彼女を玉の輿に乗せる手助けをしたところへバネ足男復活の知らせ。しかも、奴はマーガレットの命を狙っているという。偽バネ足男の正体は、目的は? 秘めた恋の行方は……? ってお話。いいですね、人間として大切なのは財産や家柄ではなく、悪いことを悪いと言える強くて健全な心という作者のポリシー、また、それをこのご時世にはっきり描ききるところが美しいです。

   話の筋道は意外や一本道で、「奴だ!」とウォルターが総毛立って思いついた「犯人」はどんぴしゃり犯人だったし。スコットランドヤードの警部相手に傲岸不遜にしらを切ってたくせにマーガレットが出てきたとたん「マ、マァァガレット……」ってめろめろになって、「惚れてるネ?」ってモロバレだし。解りやすくて、いいですね。

   それでも、惚れた女の結婚式の日、選ばれなかった男の取る行動としては最高のものがありました。この作者さんのこの前完結した長編「からくりサーカス」が、自分以外の男に愛を誓った女に対する執着を何百年引きずって全世界を不幸にした話だっただけに、その陰画として。

   やっぱ、人類はアーサー王の遺産を貴重なものとして受け継いでいかないとネ。

   面白かったですよ。シリーズ化希望。モーニング誌上で近日再開って言ってるけど……。   

|

« 十五夜ですよ~♪ | トップページ | 字余りだっていいじゃない »

コメント

スプリンガルド、マザーグースの方もおもしろかったと思いません?
キュレーターさんかわいいし。

投稿: とむ影 | 2007年9月28日 (金) 13時21分

 「マザーグース」ちゃんと次世代には恋を実らせるってのがしみじみですよね。坊やはちゃんと心の強い子だし。それにしてもホントにバネ足ジャックの歌があるのかしら???? 夜更かしする子ははらわたざくざくってのはともかく、おとこのことおんなのこがであったよ……のくだり(嗚呼、やっぱりおかあさんは野暮)。
 キュレーターさんって最初はクールビューティーだと思ってました。……かわいかった。こーゆー裏切り方もいいわぁ。

投稿: まいね | 2007年9月28日 (金) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16576553

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒博物館スプリンガルド」アーサー王の遺産:

« 十五夜ですよ~♪ | トップページ | 字余りだっていいじゃない »