« おかあさんの家庭菜園 | トップページ | めかぶ生産者組合広報活動活発化? »

2007年9月 4日 (火)

山羊のおしごと パート2

   月がとっても青いか~ら~♪ 遠回り注意報発令で。

   イギリス海軍には山羊少佐がいるという話をここで振ったのは2006年10月のお話。昔は女性の代わりに使ったとかサイテーな噂から、今の仕事は機密処理なのか福利厚生なのかと。ああ、もしかして、山羊乳出してもらって飲むのかも知れませんって、足りないだろ。

   モーニング連載中の「とりぱん」は、岩手在住の30代シングル女性が庭に来る鳥を観察したネタに東北ならではの風物を入れた日常生活のショートコミックなんですが、ある時のネタに、山羊で草刈りというのがあって。近所の土手のところ、いつもは業者が入って草刈り機で一気に刈ってしまうところを、ある年は山羊が何頭か放されていて、(一応逃げないよう柵に電気を流しておいて)彼らに食べてもらうことによって草刈りをしておったと。いたずら好きの作者、スーパーの野菜売り場からキャベツの切れ端を調達してこ~いこいと呼んだところが、やっぱり栽培種の方が獣にもおいしいようで、目の色変えて寄ってきたって。もう、(見てたわけじゃないだろうけど)それ以降子どもたちがわらわらえさをやりたがって大騒ぎになったとか。それで、糞公害と、やっぱり1,2頭逃げ出して騒ぎになったのと、電気の柵に子どもが引っかかったのとで山羊除草はとりやめになったとかいうオチでした。いいのに、エコで。……あれ? これは羊だったかしら?

   この夏休み、レポート用に実家の父に連れて行ってもらった「恐竜パーク」、手取川上流の方にあって。化石掘り体験をたっぷりした後で駐車場への道を降りてゆくと、白いものが土手というか崖に揺れています。山羊が2頭ほど。長いひもをつけてもらって、のんびり草をはんでます。
   「豹太、山羊の草刈りだ、山羊の草刈りだ。うわーこんなとこでもやるんだ。よしよし、がんばってきれいにしろよ」見ると、下の方にはちゃんとお水も用意してあって。
   「さわっちゃお~あ、なんか毛は固いな。牛の背中に似てるよ。な? おまえ乳搾り体験したよな? 牛触らしてもらったろ」豹太は言葉少なですが、シャイな子ので気にせずおかあさんはハイになって撫でるやら声を掛けるやら。ええと、昔うちにたしかもらいものの牛か水牛かの毛皮があって、かっこつけて応接間のソファかなんかにかけてあったような。それで、わたしは牛の皮の手触りに覚えがあったんじゃないかと。

   さんざん遊んで、おじいちゃん待ってるよ、あとで山羊の話教えてあげよっと、と立ち上がってしばらくして立て看板があって、振り向くとそこには

   「ふ れ あ い フ ァ ミ リ ー コ ー ナ ー   ヤ ギ と 遊 ぼ う

   「草刈りじゃなかったのか。なんで恐竜パークでヤギと遊ぶ必要があるんだ!?」
   「入り口に書いてあったよ。ふつうそうでしょう」と、豹太は動ぜず。
   「おまえ! 触って遊ぶ用のヤギだって解ってた?」
   「うん。おかあさんに悪いから黙ってた」

   はい、山羊の仕事は 愛 玩 さ れ る こと。福利厚生科慰安係で決定。

|

« おかあさんの家庭菜園 | トップページ | めかぶ生産者組合広報活動活発化? »

コメント

豹太君目ざといですね。子どもも賢くなりますね。

投稿: くし | 2007年9月 4日 (火) 21時26分

 目ざといって言うかねー、長いものに巻かれる性格ねー。気がついてたなら言いなさいよ。

投稿: まいね | 2007年9月 8日 (土) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16337075

この記事へのトラックバック一覧です: 山羊のおしごと パート2:

« おかあさんの家庭菜園 | トップページ | めかぶ生産者組合広報活動活発化? »