« 帰宅しました | トップページ | お引き取りいただけませんか? »

2007年8月21日 (火)

「ジャイアント・キリング」どうしましょう!?

   

ジャイキリをね、どうしようかと迷ってます。
   モーニングのこの新春からの連載で、正式タイトルは「ジャイアント・キリング」大物食いの大金星のことだそうで、J1の架空のチームを舞台とするサッカー漫画。原作が綱本将也で、作画はツジトモです。つってもなじみがないだろうなァ。綱本氏はサッカー漫画「Uー31」をしばらく前にモーニングで連載してました。この時は絵も自前だったんですが……男性の読者が多いはずの雑誌でスポーツものをやるには描線が繊細すぎたような。「Uー31(30才以下の選手による)代表選手権でもあれば選出されるかも知れないけど……(実際はそんなのありませんから)」というやや薹のたった1流半のサッカー選手が主人公の「Uー31」は、Jリーグファンによれば相当取材もし、細かいところまで切り込んでいる作品だったみたいですが、門外漢にはイマイチで、終盤には別冊に追いやられてどういう風に完結したか解らないという’05~06のモーニング誌上の編集部に冷遇された作品の代表みたいな位置づけです。
   主人公の河野くんは、前述の通り。Jリーグ初期のヒーローで言うとカズやゴンのように、30を超しても40になっても現役を続け、チームに影響力を持っているようなスーパーな選手じゃなくて、地味に実力はあるんだけど「河野さん? ウザイよね」「あのひとそろそろ引退してくれないかなぁ」なんて言われるような(言われてなかった?)さびしい先輩。フロントからはそろそろ引退して欲しいというような圧力を感じ、チームからも浮き気味な彼が、もうひと花咲かせるべくあがくあたりがなんとも痛々しく見ていられないつらさでおかあさんもどんどんとばし読みになってたわ。
   で、ツジトモ氏はこれが初連載の新人。結構バタ臭い独特な絵で、「スリーストライクス」というプロ野球の脇役選手にスポットを当てた読み切りシリーズを発表してました。この二人が組んだらどうなったかというと。

   

最 高 。 毎 週 楽 し み で。

   東京の下町をホームとするJリーグのチーム、イースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)。成績は低迷して、やっとJ1に復活したところ。打開策として、チームの過去のスター選手で海外雄飛後、イギリスの下部リーグで名監督になっているという達海猛氏を招聘。しかし、この名(?)監督、昔っから問題児で。負け癖が付いてる体育会系の選手たちには理解不能な奇手をどんどん打ち出してくるものだから、フロントの後藤、広報の有里ちゃん、キャプテン村越、古株のDF黒田、みんな引っかき回されて大騒ぎ。これが、なかなか勝たなくて、ストレス溜まりまくりなのは「メジャー」とどっこい。今はこういう展開が流行りなの?

  原作の綱本氏のこだわりがまだまだ健在で、チームのマークは浅草雷門の大提灯だし、「合羽橋商店街」が由来とおぼしきマスコットの「パッカくん」は独自の魅力だし、作中の偽Jリーグの12(?)球団はそれぞれちゃんとモデルが何かモロ判りの名前をつけてあるし、最近やっと11人出そろったらしい選手たちはそれぞれ個性的だし(ワガママな混血? のMFにより脱力なあだ名付いてるし~村越がコッシー、世良がセリーという具合に。OTL)。

  7月に2巻が出たところで、はまるなら今のうちです。休載ないし、週刊連載だし、これからどんどん単行本出るでしょう。地味に編集部もプッシュしているようで、「へうげもの」同様、こちらの単行本にもステッカーが付いてるとか。
  折も折、「本誌で連載は全部読んだからいいか」と単行本買わなかった「勇午」が読み返したくなって悶絶の夏休みを送ったところだし、いい作品は見える形で支持しておかないと、打ち切られたり、別冊に隔離されたりしちゃうし。布教するには単行本が手元にないとだし。

  ああ、どうしよう!?

|

« 帰宅しました | トップページ | お引き取りいただけませんか? »

コメント

 失敬。U-31の作画は吉原基貴氏が担当でした。って、結局今日買ってきました。おかあさん当分おやつ抜き。
 おかあさんの一押しはかあいい新人のバッキーこと椿君でも渋いキャプテンの村越さんでもなく、「歯に衣着せぬ物言いで物議をかもす若手MF」(連載時人物紹介より)のザッキー赤崎くんです。前髪にメッシュ入れてるから絵柄的に判りやすいし。あの体育会系社会で先輩であるジーノ(ハーフ? で超マイペース。実力はあるからわがままも放置)にも熱血バカの黒田にもズバズバ突っ込みを入れてるし。今週号では試合中、開幕戦でのポカがトラウマになってプレイが萎縮気味のバッキーとそれに回りくどくも優雅に喝を入れてるジーノとの二人に(立ち止まってるし!)「そこ二人守備ーーー!!」と必死に突っ込み。繰り返しますが試合中ですから!
 連敗街道ばく進中でもニヤリとさせられる名作です。チャンスがありましたらどうぞ。

投稿: まいね | 2007年8月23日 (木) 22時11分

   例によっておかあさん2ちゃんねるの当該作品スレッドを毎日楽しみに読んでるんですが、あるときあまりにも初心者でおまぬけな質問をするひとがいて、2ちゃんねるの常でキツい応対をされてたんですね。
   「サッカーチームと選手の名前合わせて30言えるようになってからまた来い」って、おかあさんもJリーグ開幕当時じゃあるまいし、そんなに現実世界のサッカーには燃えてないわよう! とあわてて指折り数えてみました。
  「もう、本阿弥様からディド、ペレにベッケンバウアーにプラティニ、ボルティス徳島にサガン鳥栖、モンテディオ山形にソニー仙台まで入れてやっと30になったの。……おかあさん見に行ってもいいよね」
   「……何をやってるんですか毎日」旦那様は脱力してました。
   「Jリーグのチームだけで30はそりゃキツイだろう」と、その後で冷静な突っ込み。そーね、J2は全部は無理。
   「日本地図を思い浮かべて……」って、旦那様自分も乗りそうになってました。
   おっと、もちろんツエーゲン金沢を忘れちゃいませんよ。

投稿: まいね | 2007年8月26日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16195157

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャイアント・キリング」どうしましょう!?:

« 帰宅しました | トップページ | お引き取りいただけませんか? »