« あ た ま が か た い! | トップページ | 空気読め!  »

2007年8月27日 (月)

あなたの側の異次元

   こんなネタ、「ファッション」のカテゴリに入れるのも何だけど。

   もう何シーズン目かに入ったユニクロのリラックスウエア、上はもうぼろぼろになってこの春現役引退したはず、下のグレイの薄手のパンツ、ウエストのゴムを入れ替えればまだはけるわね、と裁縫箱を取り出しましたのが30分ほど前かな。
   ユニクロの! パックに入ってて普通の日に行っても1000円ぐらいのリラックスウエアをわざわざゴムを入れ替えてまで穿くか!? って、穿くんだもん! その1000円で「ジャイアント・キリング」買えたもん! うちでごろごろしてるときに穿くパンツ、穴が開いたとか、裾がすり切れて糸を引いてるならまだしも、ゴムを入れ替えれば済むんならやるもん!
   ……これがご近所履きの下駄に6000円費やしたひとの言うことでしょうか(結局また買いました。快適♪)

   うちは結構ゴムの入れ替えやりますよ。猫科の人たちのパジャマとか、旦那様のスエットとか。だいたい、現物のお腹に巻いて、結び目分とって切って、通し終わるとなんだか長すぎて余ってお腹のところで結んでごろごろしちゃうんですけど(切れよ) 。
   あれですね、ゴムには説明書きとして「当社のゴムは優秀ですので実際必要な分の長さの*%をお使いいただければぴったりフィットいたします」とか書いといてくれれば失敗がないのに。ああそうか、失敗してたくさん使って切り捨てればその分需要が出るのか。

   などとぶつぶつ言いながらウエストのゴムのところをちょっと切って(当然ゴムの入れ替え口などない! いいのよ、入れたあとでかがっとけば) 、伸びちゃったゴムを抜こうと引っ張ったら……抜けない。

   

縫いつけられちゃってます。

   仕様、じゃなくて、縫ってるうちにミシンが踏んじゃったカンジ。そこまで丁寧な縫製を要求されてないので検査を通ったんでしょう。なるほどなあ、ウエスト回り、巻縫いをした縫い目のところに白いものがうっすら見えてると思ったら、これ、ウエストのゴムの端っこだったんだ。

   ま、いいか。と気を取り直して、そのゴムの内側にさらに新しいゴムを通していきます。トンネルは行き止まりではないようで、なんとか入れた穴まで一周して来たんですけれども。

   

元のゴムの向こう側からゴム通しが出てきました。

   ぱーどん?

   ウエストに縫いつけられちゃってるゴムのどこをくぐり抜けてゴムの向こう側に出たというのでしょう?(だから縫いつけられてなくて隙間の空いたところがあったんだって)しばらくSF的気分に浸りましたことよ。

   今更どこで向こう側に迷い出たかなんて調査しません、そこまでのできあがりは要求しないし。
   古いゴムをまたいだ形で新しいゴムの両端をつなぎ合わせて、完成。

   ……だけどやっぱりゴムが余っちゃったの。見栄え悪っ。

|

« あ た ま が か た い! | トップページ | 空気読め!  »

コメント

ゴムが縫いつけてなければ、そりゃ、ゴム代えますよね。正しい判断です。でも、ゴムが伸びるころには、生地も傷んでくることが多く。うまく出来てますよ、made in China

投稿: アマサイ@ | 2007年8月27日 (月) 15時04分

 う~ん、だから、この春おばあちゃんちに送っておしりのちょっとほころびてきたところ直してもらっちゃったんですよね。それを、帰省したときに回収して。穿いてみたら、ゴムも弱ってたと。直した分が無駄になるからもう少しはこうかと……。すべてが無駄!?

投稿: まいね | 2007年8月27日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16253505

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの側の異次元:

« あ た ま が か た い! | トップページ | 空気読め!  »