« 死なないで! | トップページ | あ た ま が か た い! »

2007年8月25日 (土)

あなどれない書店

   一度麓に降りると用事がいっぱいあるのが山暮らし(山ちゃう!)。この前のお出かけのネタが続きます。
   ゴールデンウィーク前に、駅前のオサレビルに新しい書店が入りますとビラを配ってました。それが、「時代屋時代物専門だとかいう売りで、これは一度覗いて見ねばなるまいと思ってました。
   やや遅れて梅雨の頃見に行くと、思ったより軽いノリで、時節柄風林火山グッズやら戦国武将着せ替えシールやら各有名大名の家紋シールやらストラップやらよりどりみどり。どちらかというと渋いおじさまより歴史オタクをターゲットにしておる様子。奥の方は歴史物に限らずコミックを「どうぞごゆっくりお立ち読みくださいませ」と開架で陳列。おかあさんここで「後宮」2巻まで読んで来ちゃった♪
   その他、よそではもう棚から外されてるような時代小説の単行本やら、「歴史群像」だっけ、その筋の雑誌の増刊バックナンバーもそろっており、これはなかなかなお店と見ました。なぜか歴史物に限らず中古ゲームソフトも揃ってて、豹太はそっちにはまりこんでお利口に母を待っててくれたりして。

   で、この前はちょっと買いそびれた本を探しに入って、「おお、『へうげもの』は本日発売だけにちゃんとあるな」と感心。レジでお買い物を済ませたついでについ
   「今流行りのひこにゃんあります?」とシャレで聞いたら、2部式とおぼしき黄色の着物にたすきがけのレジのお姉さんったら
   「ありますよ♪」と実に軽やかに案内してくれて。
   「お品物は今はこれだけしか入れてないんですけど、あとは売り上げ次第でまだ入る可能性はあります。どうぞ、お客様がんばってお買い上げください」って、ひこにゃんの刺繍入りハンカチやら、実に土産物的グッズがずらり。
   しかしながら、ミッフィーやらの絵本と同じぐらいのサイズ(約15センチぐらいのほぼ正方形)の絵本があって「ひこねのよいにゃんこのおはなし」、例の、豪徳寺の招き猫伝説を割と史実に忠実にかわいらしくひこにゃんの絵柄で絵本にしてあって(ラストだけ、良いねこじゃ、彦根に参れ、ということになって彦根でごろごろしていることになってる)。話のネタに買いました。でも1000円は高いよ。

   うちについて袋を開けたとたん虎美がどっかへやって、今手元にないんですけど(旦那様にもまだ見せてない)。サンライズ出版だって。著者もへろんってのはどうよ? ま、純粋に話のネタとして求めましたことよ。

   「……しまさこにゃんはないですよね?」解ってて聞くな! ところが
   「本店には入ってます」って、
   「本店どこ~!?」おかあさん身を乗り出してましたね。
   「小川町です」はて、それは東武東上線の果てのアレかい?(おかあさん板橋区民を6年やりました)チラシを出してもらったら、それは神田小川町でした。そりゃ、そうだろ。
   「神田までは行かないわ~」と手を振ると
   「近いですよ、ここからだと~分」とにかく商魂たくましい立派な店員さんでした(いや、素直に感動してるのよ)。

   お近くに支店がありましたらどうぞ覗いてみてください。 

|

« 死なないで! | トップページ | あ た ま が か た い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/16230696

この記事へのトラックバック一覧です: あなどれない書店:

« 死なないで! | トップページ | あ た ま が か た い! »