« おかあさんのおもちゃ | トップページ | もうおねえさんなので文庫結び »

2007年7月31日 (火)

帰省します

   今年も帰省の季節がやって参りました。
   ゴルドベルク中の野球部は早々と夏の大会に敗れてしまったようで、
   「いつでも休んでください」期にはいったそうなので、とりあえず明日から帰省と。

   表向きの更新止まりますが、携帯やら、早乙女おかあさん機からのコメント更新などは画策しておりますのでよろしければお立ち寄りください。

   今年は上越新幹線支援のため敢えて新潟方面回りで帰ります。
   「せっかく神奈川に越したんだから小田原から青い方の新幹線に乗ればいいんじゃないの?」と各所は首をかしげてますが。
   うちの子は帰省は大宮から上越新幹線に乗らないとできないと思っておるようで。

   なんでだよ!? この前の中越地震の時は東海道回りで行ったじゃん!?

   分かんないけど、そういうことだそうです。

   「豹太や、日本の大部分のひとは新幹線といったら名古屋を通る青い新幹線のことだと思っているのだよ」
   「えーなんで?」
   大宮を通る緑色の新幹線こそ新幹線だと思ってるのはキミぐらいです。

   首都圏に住んでておばあちゃんちも車で行けるひとは、一年に3回も4回も新幹線に乗ったりしないんですってっても、分かんないんだろうナァ。

   

帰省貧乏な早乙女家からお送りしました。

|

« おかあさんのおもちゃ | トップページ | もうおねえさんなので文庫結び »

コメント

中学生になると大人料金だけど、JRは学割ってものがあるからちょっとだけうれしいよね。
新潟周りで帰るんなら、今度はいっそ一筆切符にして新幹線乗り倒し、ってのはどう?

投稿: とむ影 | 2007年8月 7日 (火) 17時59分

 ああっ、その手があったのね。
 鉄気の多いおじいちゃんに着いた早々そこのところは指摘されてがっくりしたところです。
 そうね、仙台時代には出来なかったルート取りね。次には是非。

投稿: まいね | 2007年8月 7日 (火) 23時14分

 とりあえず本日はお買い物。「ヒストリエ」4巻はなんか涙でました。淡々とミッションを遂行して、世話になった村の人々のために夜こっそり出てゆくエウメネス君が哀れ。しかし、ひそかに自分がスキタイであることまで利用するあたりやっぱり彼はしたたか。

投稿: まいね | 2007年8月 7日 (火) 23時20分

 進研ゼミも夏の実力テストの季節。金沢に持ち帰って必死にやっておりますが、数学で「まだ習ってないよう」と豹太が涙目に。
 「それくらいで固まってどうする!? 鉛筆を転がせ! 野生の勘を呼び起こせ!」と叱り飛ばすとおばあちゃんが、
 「そこで親が出てやらないでどうします! 豹太や、見せてごらん」と教え始めちゃって。
 「おかあさん、それはあとでコンピューターにかけて全国での順位を出すんですから教えてやっちゃいかんでしょう」とおそるおそる申しますと
 「そんなのは3年生になってからでもかまいません」
 「よその子はまじめに一人でやってるんですから、正々堂々やらないと」
 「よその子はどうでもよろしい! 自分の子が一番でしょう!」
 「はぁ~~~!?」
 早乙女おかあさんのようなご立派な方からそのようなお言葉が出るとは。
 ま、会場でやってる模擬試験じゃなくって、各自が適当に自分でやって提出する実力テストだから、どのくらいまじめにやったかは自己申告なんですけどね。わたくしも、小学校までは足立区の某小学校のように
 「……コホン、豹太や、そこは本当にそれでいいのかね? 確かめ算をもう一度したらどうかな?」なんてことをやっておったのですが。
 高校時代、用事で皆と一緒に模試を受けられなかった子がいて、彼は自宅解答にしてあとで提出したところが、珍しくいい成績で。今回はがんばったのねと思ってたら、あとで疑惑の噂。教室で一斉受験の子が帰りにもらった模範解答を入手の上、それを引き写したのだとか。
 かなりその結果で真剣に進路を考える時期だったので、ことの真偽はともかく相当彼は悪く言われてましたね。
 ああいうものの結果でもまともに受け止めて、時節柄死を考えたりもする子だっているのにさ。ずるはいかんよ。
 てなことがあったので、実力テストと言うものは真剣に受けるべきだと思ってたんですけれども。
 ……これから進研ゼミの実力テストの結果をまともに受け取れなくなっちゃうなあ。ごめんね、会員のみんな。

投稿: まいね | 2007年8月 8日 (水) 20時32分

 本日は旦那様のおばあちゃまその他(オイ)の17回忌法要。「うちうちだけだから」とのことで白ブラウスに実家の母作グレイのタイトスカート、カバンもいつものクリーム色のショルダーで行ったら皆さんブラックフォーマルで。
 ……皇室に嫁がれた方の気持ちがわかったぁ。

投稿: まいね | 2007年8月 9日 (木) 20時42分

 金沢は今日も真夏日。今日はまたえらく暑いねといって過ごし、夕方、あんまりにも暑いので設定を下げようとリモコンを見たら
「暖房」モードになってました。
 謝れ! 必死に電力を調達していた北陸電力のひとに謝れ!!
 どうもすいませんごめんなさい。

投稿: まいね | 2007年8月12日 (日) 19時38分

 12日夜にやってた水木しげるの戦争体験のドラマ。鬼太郎の水木さんが南方戦線で大変な目に遭われたというのは聞いてたんですが、子供の頭を乾かしてやったり寝かしつけたり(幾つの子なんだよ!)いろいろやりながら見てて真剣な視聴じゃなかったけど……大変でしたね。
 最後、玉砕したはずの部隊に生き残りがいたのはまずいからお前らもっぺん死んで来いと榎木孝明さんの参謀が来るあたりが悲惨。その前に「命乞いに行ってくる」と理性を見せてくれた嶋田久作の軍医どのは「軍はある種の狂人ではないですか!」とか言ってくれたけど、「もうやめましょう」って結局自害しちゃったし。あ、ごめん、こういうシチュエーションで軍人系の人がする自殺は「自決」ね。
 指導的役割の二人は「どう責任を取る」つって「自決させていただきます」と言わされるし。あ、こーゆーのは江戸時代の武士の切腹から連綿と続く文化ですかね。明治維新は身分制度がなくなったことになってますが、これをみんなキモチ武士になったようなところがあると言ってた人がいましたよ。もっと町人とかは実力主義で女性の地位もしっかりしてた面もあったのに、全部武家の感覚のいわゆる「旧民法」の非人間的モラルが全員に適用されるようになってかえって息苦しくなった云々って。
 ま、榎木さん久々に登場と思ったら憎まれ役でしたってことで。
 「貴様らは後に続くことを信じて死んでいった友軍を裏切ったのだぞ!」つっといて
 「自分には隊長殿にこの結果を報告する義務がある」と自分は玉砕しないんだ。嗚呼、榎木さん、ひどうございます。
 「一緒に死んでは下さらないのでありますか!?」という問いに激しく同意したわたくしです。
 で、「これから切り込みます!」って、悲壮な決意の発露があったときには、みんなしてその参謀殿をふんじばったり殺しちゃったりして(オイ)米軍に投降して生きながらえるんだと思ったのに(独ソ戦なんかでそういうエピソード聞いたことがある)。
 果たして皆で歌を歌った後、ほんとに玉砕しちゃったのでありました。水木さんは生き残ったからさ、みんななんとかお国に帰れたんだと思ったのに。水木さんだって左腕を失ってますから。今までストーリーがその原作であるところの戦記を描いてる戦後の部分と交互にやってたんですが、「俺たちのことを描いてくれ、そうでなければ治まらぬ」と訴える水木さんの眼前に現れる戦友たちは、記憶の中の友であるから軍服姿なのではなくって、もうこの世の人ではなく幽霊であるからその姿だったのでした。
 最後のシーンで、戦後またあの島を訪れた水木さんが思わず笑ってしまった理由を質しに軍曹殿(幽霊)が出てくるのですが、一発殴って(殴れるのかよ)わけを聞いた後、「水木、100まで生きろ」と言ってくれたのにこそ泣きました。あの方たちは恨んでいるのではない、生き残った人のことを大切に思ってくれていて、それゆえ命を捧げてくれたのだということに泣けました。
 あの時代も、みんなが今の人間と別な生き物であったわけでなく、特別志が高くて特別非人間的だったのじゃなくて。
 同じようにちょっとずるくてちょっといい人であったのであろうと。
 そう思うとまた泣けてくるのであります。
 戦争はいやだなあ。
 どうぞ皆さん、長生きしてください。

投稿: まいね | 2007年8月13日 (月) 11時40分

 本日はやってしまいました。
 いくら自分ちのじゃないとはいえ、温湿度計を見誤るなんて。
 「40度、30%」ってのは、いくら真夏日が13日続いてて街路樹に水撒きが始まってたってありえない……。
 でも、一瞬信じる数字だよね?
 

投稿: まいね | 2007年8月14日 (火) 23時19分

 お仕事の都合で先に帰宅した旦那様情報によると、おうちの2階の書斎の温度は「38度だった」って。
「窓を開けてゆかれては」
「全開だって」
「この際お兄ちゃんの部屋も開けてみれば」
「そこも全開」
 ……首都圏の皆さんくれぐれもお体には気をつけて。

投稿: まいね | 2007年8月15日 (水) 10時11分

 この帰省はうっかりして晴雨兼用日傘を忘れて。……秋が怖いよう。ちゃんと日焼けケア忘れないようにしなきゃ。
 今日なんか、余りの日差しに最後の理性でショルダーバッグに入れといた扇子を開いてかざして歩むというある意味耽美なことをしてました。
 ……カラスコの黒Tシャツにウエストがゴムのリラックスパンツ姿でなにが耽美だ。
 

投稿: まいね | 2007年8月16日 (木) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/15964983

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省します:

« おかあさんのおもちゃ | トップページ | もうおねえさんなので文庫結び »