« 一山いくらな話 | トップページ | 休日参観日@中学校 »

2007年6月22日 (金)

tropic version

   ただいまの室温は30度くらいありますかね。「この町は夜は冷えるわよ」とご近所の奥様から聞いていたのに、今晩はそうでもないみたい。6時ぐらいに、どーせ抜くんだからとお風呂の残り湯で水遊びを兼ねてバケツに5,6杯も打ち水したんですけど。焼けアスファルトに水でした。

   わたくしの感覚では「う~ん、ぽかぽかして気持ちいい」なんですけどね。うちの猫科の人たちはあづい~とばかりのたうち回ってますが。毎年夏休みにはおじいちゃんちに避暑ならぬ求暑に行って35度の猛暑というものを肌で感じているというのに(ま、おじいちゃんちはエアコンガンガンつけてますから)。嗚呼、首都圏へ越してくるに当たっての最大の危惧が現実に。この猫ちゃんたちは寒冷地仕様なんですね。真冬でも室内じゃアンダーシャツとシャツとトレーナーだけで生きてるし。こんなんで地球温暖化の折から亜熱帯と化した首都圏の夏に耐えられるのでありましょうか!? どうりで最近動きが鈍いと思ったよ……。昨日はお弁当食べ残してくるし、今日は夕飯全然箸つけてないし。

   それに比べて、おかあさんはご機嫌。そりゃ、暑いのは積極的には好きじゃないけど、室内で、すっぴんで、タオルを手にごろごろだれだれする分には30度でも、35度でも。お湯のみに3,4個も氷を浮かせて。麦茶よりほうじ茶が好きです。もう暗記したような文庫本なんか読みながら。これでもわたくし、アルバイトの関係上冷房設備の一切ない大学の寮に夏休みは毎年8月10日ぐらいまで居残ってましたもん。いい季節だな~てなもんよ。ま、80年代は「異常気象」で夏は涼しいもんでしたけどね。

   もしかして、わたしは亜熱帯仕様なんでしょうかね? 生まれて3ヶ月の気候で寒さに強いか暑さに強いか決まるとか言いますけど。それを言ったら豹太なんか夏にとっても強くなるはずだしね(あの平成の大凶作の翌年、敵討ちのように暑くなったあの平成6年の初夏生まれ)。とりあえず、うちの猫科の人たちにはなんとかこの夏を乗り切って欲しいところです。

|

« 一山いくらな話 | トップページ | 休日参観日@中学校 »

コメント

   で、旦那様のために寝室&居間にかるく冷房を入れてたんですが(エアコンは一台だけ)、2時20分頃にお嬢様が「暑くてねられない」と起きてきて。しょうがなくおかあさんのお蒲団に寝かしました。思いっきり熟睡してましたね。
   おかあさんは蒲団の隅に丸まって寝ました。虎美ももう大猫ちゃんなのでさすがにきつかったな。いいの、子どもたちが出てから2度寝したから。よいお湿りで寝やすかったです。

投稿: まいね | 2007年6月23日 (土) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/15514963

この記事へのトラックバック一覧です: tropic version:

« 一山いくらな話 | トップページ | 休日参観日@中学校 »