« 下駄の予算は幾らまで? | トップページ | 脱稿しました! »

2007年6月27日 (水)

喉まで出てる!

   ええとね、昭和40年代に日曜のお昼、こんな番組がありませんでしたか?

   スタジオには庶民の夢の最新式電化製品、三種の神器に掃除機アイロンTVにオーディオ、あと小物でも高い貴金属やらぬいぐるみお蒲団類もあったかしら。

   選ばれた視聴者の参加者がその間を歩き回りながらそれらを当時ようやく手のひらに載るようになった電卓片手に選んでカートに載せ、予算内に収まるように時間内にお買い物します。あとでその希望小売価格を明かしながら精算してゆき、見事予算内に収まりましたらお持ち帰り! というクイズ(?)番組。実に高度成長期の物欲を反映した番組であったような。どこのお店で買っても電化製品のお値段が同じだった古き良き時代であります。だいたい欲張り過ぎてオーバーするのだよ、諸行無常。

   「ガッチリ買いましょう!」なんて名前だと思ったのにな。検索しても出てこない。これの派生版、奥様の体重分だけ買っていい「目方でドン!」は日本テレビの番組だったと出てましたが。昭和58年、バブル直前までやってたって!

   近頃月末にはこの番組を思い出しますのさ。なんとなれば、ご近所スーパーが。月末には必ずお客様感謝セールを行って「2000円お買い上げごとに翌月のお買い物券プレゼント!」なんですよ。足りない場合には複数レシート合わせ技もありなんで、そう真剣になることもないですけど、「1980円ですぅ」とか言われるとなんか悔しいし。足りなかったら大変、とばかりに不要不急のものまで買って「3500円」とか中途半端な数字でもいや~んだし。でも、10個ほどの3桁の足し算を暗算で1の位まで正確に、というのはさすがにできなくて。電卓出すほど必死になるのもなぁ。でも、うちの給料日は30日なので(まだ売れてない仙台のマンションのローンも払ってるし!)月末は真剣に綱渡りなんですってば!   

   てな訳で月末には必ず、あのお買い物番組が頭をよぎるんですよ。

|

« 下駄の予算は幾らまで? | トップページ | 脱稿しました! »

コメント

まいね先生、それはフジテレビ「ズバリ当てましょう」では?
金額が当たっていれば(一定範囲内)、もらって帰れるので、「買う」わけではないんですね。

いや、私はよく覚えていないですよ(^^;)。検索かけたら出てきたのです。

投稿: アマサイ | 2007年6月28日 (木) 15時18分

   う~ん、そうだったかなあ? どうも、提供は江崎グリコで、エンディングはお年寄りの漫才師二人で「お利口にグリコ!」「ではまた来週!」だったような。
   わたくし、脇役に「織香尼栗子」と「出羽又頼宗」なんてコンビをいつか出してみたいと野望を抱いてます。

投稿: まいね | 2007年6月28日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/15575562

この記事へのトラックバック一覧です: 喉まで出てる!:

« 下駄の予算は幾らまで? | トップページ | 脱稿しました! »