« 生きる値打ちもない | トップページ | V9をしらないこどもたち »

2007年6月 8日 (金)

挑め! とりぱんライフ

   地味にはまっております。「とりぱん」、とうとう我が家の猫科の人たちも喜んで読むようになりました。

   せっかく庭付きの家に引っ越したので、遠慮しいしい、庭のなにかコンクリ蓋のようなものに、わさび漬けかなんかの入ってたプラスチックの器(捨てろよ!)を出して、ご飯を炊くときに混ぜる米粒麦をさらさら乗せておきました。おかーさんそれじゃ「とりむぎ」だよって、つっこまれたんだったかなあ。

   けっこー警戒されてました。

   しばらく放置で。4,5日ぐらいしたら、いつの間にかなくなってました。

   おかあさん鳥はからきしで。ってゆーか、あまり自然のものに(花以外)興味がなく、星も一番星やシリウスぐらい、魚は赤い魚はみな鯛か金魚と思っててお姑さんを絶句させたり(うちではキンキの煮付けなんか出なかったんだもん!)。鳥も、雀とカラスと鳩しかもう日本にはいないと思ってて。バードウオッチングなんて、どんなシンザンユーコク(深山幽谷)に行くんだと思ってました。

   いるんだ。

   仙台の、山深き(深くない!) M山のおうちで、眠い目をこすりつつにゃ~にゃ時代の豹太におっぱいを与えていた時に

   「トッキョキョカキョク!」とホントに鳴く鳥を聞いちゃって。

   嗚呼、これが文学世界にすむ鳥、ホトトギスであるかと。

   しばし感動(オオゲサ!)。

   で、見てると、あの「とりぱん」作中で「駐車場に住む鳥」と描かれているところのセキレイが。ホントに、流れるように歩んでおりますので。

   ああ、いるんだ!

   で、多摩丘陵はここイーヴィヒベルクでもツーピーツーピーツーツルピーと鳴く鳥がわたくしを監視しておるので、いっちょこっちも近くに誘ってみようと思っておるのであります。

   果物も置いた方がいいかしら?

   こないだのカボチャのワタ部分、もしかしたら、と思ってお庭に転がしておいたやつはまだ手つかずなんだけど。

   「庭に生ゴミを放置しないでください」って言われないうちに回収した方がいい?(公団かどっかで実際やってみてクレームもらった読者がいたとか。単行本情報)

|

« 生きる値打ちもない | トップページ | V9をしらないこどもたち »

コメント

おひさ。
カボチャはたぶんやめた方が良いです。基本的に、都会では、腐るもの、ニオイが危ないものは避けた方が無難かと。
うちではそろそろつぐみんは来なくなり、ヒヨドリばっかりです。佐藤錦が、今年はずいぶん実入りが良いと思っていたのに見る影もなく……

投稿: とむ影 | 2007年6月10日 (日) 18時27分

  きゃ~! ダメなの? まだ手つかずです、カボチャ。一緒のタイミングで撒いた米粒麦はもう空です。回収するか……。
  佐藤錦って、サクランボじゃ……? ヒヨ、さすがだヒヨ……。

投稿: まいね | 2007年6月11日 (月) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/15353305

この記事へのトラックバック一覧です: 挑め! とりぱんライフ:

« 生きる値打ちもない | トップページ | V9をしらないこどもたち »