« 迷走モーニング 女性読者のツボってどこよ? | トップページ | 迷子イン多摩 »

2007年3月 2日 (金)

へうげもの ペコちゃん支援?

 気を取り直して。

   最近のおかあさんのモーニング購読の原動力、「へうげもの」、今週もやってくれました。秀吉の支配は堺に及び、武装中立商業至上主義のよりどころ、お堀も埋められちゃってガクブルな堺衆に、また言ってることは間違ってないのに小憎らしい三成が茶を振る舞ってるところから始まります。鼻持ちならない山上宗二くんはあからさまに反秀吉を出しますが、利休居士はうまくその場を取り繕うと。
   それでももう絶望した宗二くんは……建設中の聚楽第、秀長屋敷の現場で大暴れ。現場監督やってたわれらが×左介ちゃん○オリーベが羽交い締めにして止めますが、時既に遅く、いい材木使ってるお茶室は半壊……。
   「俺ぁもう降りた!」って、正しい作中の台詞では「山に上がる!」。登山ちゃいます。当時では出家して(あ、もうしてるか)高野山の学問僧になることです。
   というような人生に関わる問答の後で現場を見やり

   ぺろりん♪

   とペコちゃん顔になるんですよ。 
   なにをやったかは以下の替え歌参照。元ネタはなつかしの「魔女っ子メグちゃん」 

826 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2007/03/02(金) 00:02:29 ID:i/tgrWS50
シャランラシャランラ
ヘイヘヘイイエーイエ シャランラ
武人だなんて思ったら大間違いよへうげもの
二つの胸の膨らみは茶碗につける印なの
久秀説教たれてても平蜘蛛茶釜にもう夢中
宗二が現場で暴れたら大黒柱をお助けよ
ゲヒって奴はゲヒって奴は
あなたの茶室に忍び込む 忍び込む
 
ホントに、2ちゃんねらのみなさんってば芸達者。 
                     …… いや、最後にシャランラ(ハァト)が足りんな。

|

« 迷走モーニング 女性読者のツボってどこよ? | トップページ | 迷子イン多摩 »

コメント

 より楽しむために解説。
 「ゲヒ」というのは芸術のためにはモラルも平気で踏み越える我らが古田織部正くんが羽柴秀吉(当時)が信長様から下賜された茶杓をかっぱらったときの笑い声(の擬音)に由来する言葉で、「ゲヒる」がかっぱらう、「ゲヒ」が織部じしんを表しております。
 また、本能寺から脱出する茶人どもがその場のお宝(前日に茶会を催しておって名のある茶器が集結していた)をちょろまかしたときの台詞に由来する「~をお救いしました」というのも類義語ですね。ま、掲示板内では「手に入れた」ぐらいの意味で使ってますけど。
 ちなみに「ホヒョン」とは天王山で明智に味方しないために幽斎パパに頭をマルガリータにされた頭のらう゛りーさから転じて、細川忠興君のことをさします。
 どれも作中ではなく、2ちゃんねるでの隠語。 

投稿: まいね | 2007年3月 2日 (金) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/14100440

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの ペコちゃん支援?:

« 迷走モーニング 女性読者のツボってどこよ? | トップページ | 迷子イン多摩 »