« スリッパが欲しいよう | トップページ | 「風林火山」 4 美僧も黒々 »

2007年2月 6日 (火)

謹んでお詫びと訂正を

   亀の歩みながら引っ越し準備に入っております。本棚を整理してたら、出てくるじゃありませんか、「武器事典」新紀元社。アジアンなファンタジーを書こうとしてた時ですか、「最遊記」の悟浄さんの武器がなんだこりゃと思ってた頃ですか、ヨドバシの書籍コーナーで買ったような気がします。世界の神話の登場人物の一覧とか、こういう資料本は意外やヨドバシで見つかることが多いです(ゲームオタクの参考書?)。いや、読んでみると結構時間を忘れます。

  そこで、懸案事項を解決。「功名が辻」のほんの1回か2回め、千代さんがまだ子役だった頃、近江から美濃の不破の伯父様のうちを訪ねていく途中で、千代ちゃん人買いに捕まったじゃないですか? その時、ちょい役の蜂須賀小六さんがトゲ付きボールが鎖で棒についた恐ろしげな武器を持っていて、「モルゲンシュテルンだ」とわたし受けてたと思うんですが。よそのサイトなどを見ると、「モーニングスター」と表記されてるわけで。英語かドイツ語かで言ってることは一緒じゃん、とは思ったものの、なんだか寝覚めが悪くって、ほぼ1年引きずってきてしまったんですが。ま、資料が出てきたから調べよう。

   

ごめんなさい。わたしが間違えてました。

   トゲ付きボールを鎖で棒にくっつけた武器は「モーニングスター」です。鎖でくっついてる分ボールが動いて反動で破壊力が増すんです。13~14世紀ヨーロッパと書いてありますんで、ま、16世紀の日本に流れてきててもおかしくはないと。

   

モルゲンシュテルンは、トゲボールを直接棒にくっつけた棍棒スタイルの武器です。こちらはドイツで生まれ、13~17世紀ヨーロッパで使われてたようです。血なまぐさいですね。

   こっそり原稿を直すって事もできるんですが、正々堂々をモットーにしておるわたくしですから、ここはひろくお集まりの皆さんにも認識を改めて頂こうかと思って。

   じゃ、よろしくて? トゲボールを鎖で棒に付けたのがモーニングスター、直接棒に付けたのがモルゲンシュテルン

        

試 験 に は 出 ま せ ん。

   ああそれから。「秀吉」でその蜂須賀小六がバズーカを持っていたのはいくらなんでもやり過ぎだろうといわれてるとそのとき言及したと思いますが、その「手持ち大砲」もありました。「抱えの大筒」といって、珍しく出典は「和漢三才図絵」とあります。これは国文科の演習でも根拠に使う由緒正しい江戸時代の百科事典です。年代が1603~ときっちり数字を書いてあるのが江戸時代の開始にあわせてみたのか意味不明です。和漢三才図絵の発行年は1712年ごろまでに30年ぐらい掛けて徐々に編纂ってなってますからとりあえず編纂してる彼らはもう見たことない部類だったんじゃないでしょうか。れいの金崎の撤退戦は1570年ですから純粋に数字を並べるとフライングですが、ま、あってもイイじゃん。ドラマだし。

   それより、解説文が丸々1段落ずれて編集されてたり、この本の方がけっこー信頼度低いですね。ほぼ五十音順にイラストつきでジャンルごとに並んでるのは便利だけど、鵜呑みはやめようっと。

|

« スリッパが欲しいよう | トップページ | 「風林火山」 4 美僧も黒々 »

コメント

念のため、該当記事にもコメント付けて直しときました。時代考証はやっぱ楽しいわ。

投稿: まいね | 2007年2月 7日 (水) 03時40分

山形県の米沢市に河原で火縄銃を撃つ祭りがあって、そのときに、もっとでかい、大砲のような物を撃つ祭りがあるんだってさ~、という話を小耳に挟んでいたのです。
もしかしたらと今その「抱え大筒」というのでぐぐってみたら、九州でまだ存続してるみたいですね。天草の乱の昔から、明治大正昭和を経て、すごいなあ……

投稿: とむ影 | 2007年2月 7日 (水) 17時03分

 あ、そんで、「バズーカ」ってのは「肩に担いで構える、ロケット弾を撃つための鉄パイプ」だそうで。元篭めだし。ロケット弾ってのは自動追尾装置のついてない弾で、相手が逃げると外れるって事ですね。いつまでも追っかけてくのはミサイルというんだそうで。無知って恥ずかしいわぁ。
 とむ影さんありがとうございます。抱え大筒もぐぐってみましたが、ナルホド、秋月藩の方でまだ保存会があるとか。たしかに人間が構えてるのを見ると「大きい火縄銃」でした。でも、大河のはどっちかっていうと手持ちの打ち上げ花火みたいな太さでしたわ。これも、遠州手筒花火としてのこってるって思えばいいのかな? こういう風に平和・娯楽方面に技術を変化・発展させた江戸300年の平和ってすごいわ。

投稿: | 2007年2月 7日 (水) 20時26分

 う~む。またやってしまった。遠州手筒花火の起源はたしかに戦国時代の軍事技術なんですが、大砲じゃなくって、のろしの方。遠くと連絡を取るために火を焚くアレです。どうしてこう余計なこと言って間違うかなあ……反省。

投稿: まいね | 2007年2月 8日 (木) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13810325

この記事へのトラックバック一覧です: 謹んでお詫びと訂正を:

« スリッパが欲しいよう | トップページ | 「風林火山」 4 美僧も黒々 »