« 大砲をぶっ放せ | トップページ | 「風林火山」 8 少し芽が出る »

2007年2月28日 (水)

野生の王国 異種婚篇

   ご飯が終わって虎美が話を振りました。
   「今日学校で、先生が『ラマはなにとなにを引き合わせてできた生き物でしょう?』って聞かれたの」
   「それをいうなら『かけあわせ』!」
   「そう? それで何と何だと思う?」
   「馬とロバだろう? ん? そりゃラバか?? 母親が馬で? ラはどっからきたんだろう?」
   「馬と駱駝だって」
   「そうか。~はらくだの~♪」
   「あたしはライオンって答えたの」
   「オマエ、そりゃ無理だって。似たような動物じゃないとできないだろう」
   「先生も笑ってた」
   「実物を見たことないから馬系というのが解かんないんだな……それ、それはやっぱり、『あ~らこちらすらっとしててステキなのね。あたしをおよめさんにして~ん』とか言ってできたんだろうか」と、お子様を憚って言ってみると
   「人間がさせたに決まってるでしょ」とクールなお答えでした。
   ……人間がどうにかしてどうにかなるものなんだろうか。
   「旦那! コレ違いますよ、わしらのメスと違います!」といいながらそれでもその気になれば一緒なのか、それとも、なんかいつもと違ってイイカンジ~といってしまうのか?
   そんで、やっぱり妊娠期間とか妊娠の経過とかはジュンナマの子どもの時と一緒なんでしょうかね? それでなんか違うぞと感づいて不安になったりしないのかな?
   野生の世界も生む生き物と生ませる生き物の皆さんは大変ですね。

|

« 大砲をぶっ放せ | トップページ | 「風林火山」 8 少し芽が出る »

コメント

 先生のウソツキ~~~~(T_T)
 本文を登録した後で、ウィキペディアででも調べるべえとキーを叩いたら
 「ラマ:リャマとも。南米に住むラクダ科の生き物。コブはなくラクダよりやや小さい」って。ラクダ系の純粋な生き物じゃないですか!
 で、ラバが、ロバの雄×馬の雌の生き物でした。
 うわああああぁん。虎美を傷つけないで訂正するにはどうしたらいいのよう!?
 

投稿: まいね | 2007年2月28日 (水) 20時50分

 「みらばけっそ」のCMを見ていた虎美、今度は「アルパカはラクダとウサギのミックスなんだよね~」といい出しました。
「どこからそんなホラを聞いてきた!? アルパカはアルパカの父とアルパカの母から生まれるそういう動物だ~~~~ッ!」
 「え? 違うの?」って、素で答えるんですよこのトンムスは!
 そんなに簡単に新種の動物は作れません!
 「でも、ウサギに似てない?」
 「似てません!」
 

投稿: まいね | 2009年9月 3日 (木) 03時02分

引き合わせ(!)ても掛け合わせられるとは限らない,という事実を学んだのでしょうね(笑).
アルパカとアルパカを掛け合わせたときに限りアルパカが生まれます.
ところでラマ,アルパカ,グアナコ,ビクーニャは似てるけど,お互いの掛け合わせはあるのかしら?

投稿: 三ねんせい | 2009年9月 3日 (木) 12時16分

 そうですねえ。ビクーニャとかアルパカとかで雑種が生まれたら、また新しい素材が取れそうなのに……。もうサンザン試し尽くされてるんでしょうか? 希少価値が下がったら自分の首を絞めるようなものだから、大事に大事に、あるだけキープしてるのかな?

投稿: まいね | 2009年9月 3日 (木) 12時24分

最近の私の夢は、(那須にある)アルパカ牧場に行ってアルパカをもふもふすることです……

投稿: とむ影 | 2009年9月 3日 (木) 16時32分

 ……行ってらっしゃい。あそこ、盛況だそうですねえ……。

投稿: まいね | 2009年9月 3日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/14079945

この記事へのトラックバック一覧です: 野生の王国 異種婚篇:

« 大砲をぶっ放せ | トップページ | 「風林火山」 8 少し芽が出る »