« 因果応報、あるいは仁義なき戦い | トップページ | テストは返ってきてからが勝負 »

2007年1月11日 (木)

かるたクィーン

   で、今年は帰省の日にちが少なかったのと、虎美が大量に宿題を抱えて帰ったのもありまして、百人一首をする暇がなかったの。おかあさんとっても残念。旗源平は、おかあさんがお昼寝をしている間に(するなよ、旦那様のご実家で)1度はやったらしいけど。
   それでも、せっかく買ったしばわんこかるたをやらねばなるまいと、お正月の実家詣での時に持っていって、強制的に広げたら母が寄って来るではありませんか。
   「おかあさんも入って♪」をを、母とカルタをとるなんて何年ぶりでしょう!
   わたしが読んで、子どもたちと母とが取るという実に微笑ましいカルタ取りになりましたが、もう彼らも大猫ちゃんなので、どすん、ばたん、
   「それあたしが先~!」
   「俺の手が下だって!」って、ああ、可愛くないよう。

  

 「『ゐずまいただすしばわんこ』これわゐうゑをのゐ、るに似たやつだから!」
   「はい取った!」
   「おかあさん、それ違うから」って、もう賑やか賑やか。
   「んま~あ、これがみけにゃんこ? むかしあんたもこういう絵描いとったのに。真似されたね。もったいない。あんたも描いて一儲けしたら」おかあさん、そんな天をも恐れぬ事を。猫は猫でもわたしが描いてたのはギコ猫みたいなギザギザした拙い絵ですってば。お金の取れるようなものじゃないって!
   「今流行ってるんです! NHK教育! 金曜夜9時45分! いっぺん見て!」
   全然理解してないようでしたがカルタはしっかり楽しんでいたようでした。

|

« 因果応報、あるいは仁義なき戦い | トップページ | テストは返ってきてからが勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13438592

この記事へのトラックバック一覧です: かるたクィーン:

« 因果応報、あるいは仁義なき戦い | トップページ | テストは返ってきてからが勝負 »