« 禍を転じて | トップページ | 「風林火山」1 好スタートを切りました »

2007年1月 7日 (日)

ねこの駅長さん

   3連休ということでおうちにお帰りになる途中の旦那様から携帯メイル。「今乗った、帰りはHH時だよ」「お土産があるよ」的内容が多いのですが金曜日は違ったな。
   「猫の駅長さんが和歌山に誕生したらしい
   え~~~!? でも昔にも広島かどっかでありませんでした? ローカル線の無人駅に住みついた猫の保護を兼ねてとかいって。
   「ソースは?」
   「東京新聞」って、新幹線の中で、電光掲示板に出たんでしょうが、あんなところ、朝日とか読売とか大きい新聞社が出してるんだと思ってました。この前の帰仙(台)のときは毎日新聞ニュースだったかな。東京新聞はチューニチ新聞系のローカルだと思ったのに、東北新幹線にも ニュースが出せるんだ?

   といってたら、今朝ほど旦那様からメイル。ソースを夜中かかって探した模様。http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=836485016

   これは山陰の新聞。その他、朝日とかいろいろ並記してあって、読み比べてみると、集まったお客さんが約40人だったり約50人だったり。朝日は、すみかにしていた家が取り壊されることになり駅長に泣きついた云々と独自情報もあったりして。新聞って読み比べてみるもんなんですね。

   猫の駅長さん、しかも女性(三毛だから)。和歌山電鐵なかなかがんばっております。
   「猫と執事は家につくのよ」という名台詞が執事マンガにあったそうですが、駅舎にいつく猫は駅長にふさわしい生き物かも知れません。

|

« 禍を転じて | トップページ | 「風林火山」1 好スタートを切りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13367920

この記事へのトラックバック一覧です: ねこの駅長さん:

« 禍を転じて | トップページ | 「風林火山」1 好スタートを切りました »