« 「風林火山」2 遠きにありて思ふもの | トップページ | つるかめつるかめ »

2007年1月19日 (金)

テクニックは磨けるか

   とむ影さんのところで面白い本を紹介しておられました。(リンクは左の柱から)
   「15分スケッチ練習帖」って。スケッチの、技術を上げるためのワークのようなものらしく(内容は見てないからレヴューを見て想像するのみですが)。
   ここにポイントを持ってきて描くとかいう絵心とか、色彩感覚はともかく、単純に見たもの、描きたいものを描出するのは技術力であるからして、それは手や腕を鍛えることに収斂させればポイントを絞った練習で向上させることはできる、という考え方が目から鱗。ま、それ以前に絵の好きな子供は好きで数をこなしていくうちに自分で学び取っていったりしていたのでしょうが。
   芸術を教えることはできない、それは掴むものだと思ってました。
   だから、小説教室なんてものも、軽く見ていて、たんなる仲良し褒め殺しサークルなんじゃないかと思ってたんですが。実際、ニフティの創作系の会議室に顔を出していたときは、こんな生ぬるい所じゃうまくなれないだろうよと苦笑していたり。だからといって、真剣に批判アリの所に顔を出してみると、これがまたもっとちゃんと読めといいたくなるような「意見」が雨あられで消耗することしきり。
   それで、最近は批評家としてよりお友達スタンスを重視して読んで頂くひとを選んでたわけです。って、そりゃ後退だろ。
   作文は三多と申しまして、よく読んで(看多)、よく書いて(「イ故」多、カギ括弧内で一字。コの字が拾えませんでした)、よく直す(商量多)とうまくなるんだそうで。あ、調べたら最後のショウリョウタを思い違いしてたよ(「批評される事」と思っててこの話題をふったのに、やっぱり記憶というのは年とともに減衰するもの)。やっぱり人の意見をよく聞いて、この意図でこう書いたものが巧く伝わらなかったことを認識したら意図に合うよう何度もトライする事が技術向上の決めてでしょうか。
   くだらないプライドにこだわってないで、わたくしも他の方に磨いていただいた方がいいのかも。

|

« 「風林火山」2 遠きにありて思ふもの | トップページ | つるかめつるかめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13571660

この記事へのトラックバック一覧です: テクニックは磨けるか:

« 「風林火山」2 遠きにありて思ふもの | トップページ | つるかめつるかめ »