« 「のだめカンタービレ」B型人間大集合 | トップページ | 「風林火山」4 愛は浪人を救う? »

2007年1月29日 (月)

東洋の魔女復活?

   先週あったM山小学校の授業参観、豹太のクラスはソフトバレー、最後だったから1組2組の対抗戦でした。
   「小学生がバレーボール? 球はどのようなモノを使っておるのだ? ビーチボールか?」と疑いのまなざしを向けるおかあさんに
   「柔らかいよ。青いボール」と解ってんのか解ってないのか。
   「ストーブ焚くって言ってるから見に来て」と言われたら、行かないわけにはいきません。
   こちらでしか見たことないんですけど、商品名ジェットヒーターとかいう暖房機、ちょっと見には大きな送風機なんですが、吹き出し口の向こうでは赤い火が燃えているみたいで(燃料は灯油?)、たいへん勢いよくその暖まった空気を吹き出していて、冬の式典や学校行事に役立っております。
   子どもたちもその風の吹き出し口に固まって暖まっておりました。

   ネットはおかあさんが手を伸ばしててっぺんに触れられるくらい、とゆーと1M7、80位ですか。ナマイキにモルテン社のロゴの入ったボール入れには確かにミカサのロゴの入った青ボール(二つながらバレーボール界での有名ブランド)。ビーチーボールよりはしっかりした感触ながら軽く柔らかい実にお子様向きのボールでした。
   こんなボールで小さい頃からバレーボールに親しんでいたら、バレーのニッポン再興、東洋の魔女復活も近いかもとふと思ってしまったんですけど。

   試合が始まってみれば、三段攻撃どころかアンダーハンドパスもおぼつかない仔猫ちゃんたちは、ワンバウンドでもよい、5回タッチ以内で相手方に返す、というスポイルルールのもと片手で適当に相手方に向かって打ち返すばっかり。ネット際も、脊髄反射的になんの工夫もなく相手側に球を叩き返すばっかり。なんじゃ、そりゃ。
   「レシーブは体軸を真っ直ぐボールに向けて! 一回で返そうとするな、上に上げて繋ぐんだ! ちゃんと3段攻撃しろ!」と、おかあさん気がつくと叫んでおりました。
   「さ、お、と、め、さんっ」
   つよく腕を揺すぶられておかあさんハッと我に返って。。
   「だめよ、コーチじゃないんだから」と、微笑むのはよしこママ。
   「すいません、ついエキサイトしちゃって」
   なんだかなあ。じつに可愛らしい……フランス宮廷で行われておった原初のテニスとはこういうものではなかったかと思いました事よ。それでバレー王国ニッポンの復活は……近いとは思えなかったような。

|

« 「のだめカンタービレ」B型人間大集合 | トップページ | 「風林火山」4 愛は浪人を救う? »

コメント

 ビーチバレー界の妖精とかいうおねえさんの水着写真集のトラバがかかっていましたが、いくらバレー繋がりとはいえ水着写真はチョット、と思って削除しました。ご覧になりたい方はコッソリ相談してください。まだURLはとっといてあると思うの。

投稿: まいね | 2007年1月30日 (火) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東洋の魔女復活?:

« 「のだめカンタービレ」B型人間大集合 | トップページ | 「風林火山」4 愛は浪人を救う? »