« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

2006年2月18日 (土)

「結界師」細工はりゅうりゅう

   おかあさんは活字中毒です。大学に合格したとき、せっかく漫画とは手を切る決意をしたのに、バイトでひとり寮に残ってた夏休み、孤独と禁断症状に耐えかねて階段下の古雑誌処分スペースを夜中に漁り、花とゆめを拾い読みしてしまったのが運の尽きでした。そこで、川原泉、遠藤淑子、河惣益巳を知って現在に至ります。
   基本的には同じ本を何度も何度も読むのは好きだし、ネットで1時間も2時間も細かい字を追うのも苦にならないんだけど、時々新しい本の衝動買いがしたくなるんだな。立ち読みで済ませるのも最近は辛くなってきて(年齢的に、いい年して恥ずかしいのと、体力が続かない)。
   と言いつつ本日は「結界師」を読んできました。近所のTSUTAYA、試し読み本です。立ち読みなので主人公の名前はうろ覚え(覚えて来いよ!)。これはなかなかよくできた話です。主人公は中学生、家は代々妖怪退治のような仕事をしていて、才能があることは手に浮き出た紋章のようなモノで明らか。幼い頃から家業に駆り出され、ちゃんと仕事はこなしています。パートナーは犬の霊のようで掛け合いが微笑ましい。ライヴァルは、隣家の美少女、ちょっと年上で、家業も同じ。家同士に因縁があって(ロミオとジュリエットとまでは行かないが、仲はわるい)同じ妖怪退治に鉢合わせすることも数々。主人公の潜在能力の高さを認めてはいるものの、年齢的なこと、性格的なことイロイロ絡んで、主人公は差を付けられてると思っている。ちょっと恋愛未満なような感情もあり、さらに幼い頃、主人公がドジを踏んで美少女であるところの彼女に成長後も残る傷を負わせてしまったのでかなり負い目を感じている模様。
   うわ、完璧な設定だ。
   サンデーさん、「犬夜叉」やってて、昔「うしおととら」やってて、妖怪退治の宿命モノばっかりって思わないのかしら。そーゆー突っ込みは置いといて。
   主人公は、気持ちのいいバカで、ま、家業の重さは今イチ深刻に理解してないみたいだけど、それを解ってくるとなかなかいいオトコに育ちそうです。モノが妖怪退治ですが、話のノリは明るいのが救いになってます。1巻の登場人物では、1回キリのゲストキャラと思わせてまだまだ続きそうな天然ボケのパティシエの霊がいいカンジでした。絵も、書き込みの濃さが丁度いいカンジ。白すぎず、トーン貼り過ぎとかの暗い感じもせず。わたしは結構佳作と見ました。即刻買って帰るほどじゃないけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

守護聖人 -今日は誰の日?-

   キリスト教が厳格な一神教かってぇと、ところがぎっちょん、人間そうそう割り切った思考はできないもんで、神様以外にも守護神があっちにもこっちにも。有名なところで聖母マリア。最初はただのキリストのおっかさんなんで、スルーされてたらしいですが、やっぱ、人間、母性ってのは慕わしいですから、どんどん神格化されて、あれよあれよと「聖母」、ノートルダームですよ。
   有名なところで、この前ご活躍の聖ヴァレンティヌス。噂によると、結婚しちゃいかんと言われていたローマ時代の兵士を禁令に背いて結婚させてやった咎で死刑。宗教上の行いを咎められての死刑がこれ殉教ね、やったひとはキリスト教世界ではエライ。恋人たちの守護聖人ということになりました。「守護神」と言わないところがいやらしい。いや、首尾一貫にしてます。
   そのもうちょっと前にご活躍の聖ニコラウス、オランダ語が米語に訛ってサンタクロースだそうで。クリスマスプレゼントの「神様」でしょお、多神教の感覚で言うと。もうコレは広く年末の善意の象徴、子供には幸せでいて欲しいと願う心のエッセンスとして宗教を超えて一般化してもらっていいと愚考しますんですが。
   その他、聖ルカは病院の名前にもありますが、医者の守護聖人、聖カタリナなんか図書館の守護聖人、聖チェチリアは音楽の守護聖人、もう、各業種にいますとも。この前買った本によると365日毎日守護聖人がいて、しかも多くの日には複数守護聖人がいるとのこと。ちなみに2月17日だと聖アレクシス、12世紀の修道士、マイナーだ。説明文読んでも何のことかわかんない。18日だと、ルルドの奇跡で有名な聖女ベルナデッタ。聖母マリアのお告げで万病に効く泉を発見した人ですな。
   女性の守護聖人ってのは、だいたいキリスト教捨てろと言われたのに断って死刑になったひとが多いですな。この、聖カタリナ(アレクサンドリアの方)とかも。この人は車輪にくくりつけられてゴロゴロやられて死んだらしいので、カタリナというと車輪というのが彼らの世界では大仏が片手あげてると同じレヴェルで常識らしいです。振った相手の逆恨みでキリスト教徒と密告されて拷問死って、ホントはキリスト教徒じゃなかったのではというひとも初期殉教者にはいるみたいですが、とばっちりで死んだひとまで利用する図々しさ、と見てはいけません。ここでキリスト教に知らんぷりされたらホント犬死にだし。守護聖人、なかなか奥の深い世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

作文の神様

   どこから誘導されたんだか。おかあさん数日前より戦国群像というサイトにはまっております。http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-imfk/index.html
   そこの戦国Xファイルというところが、戦国時代の武将のエピソードを画面で2スクロール位にまとめてあって、面白いんです。でもおかあさんったら、冒頭の、何のタレべえ、幼名○○丸、××の殿に仕えどこそこの合戦で手柄を立てる、云々の詳しいプロフィールはスルーで。だから、後になってそれは誰のエピソード? と聞かれても困るんですけど。有名な人も、そうでないひとも、割りにちゃんとした史料からちょっとしたエピソードを拾ってくれていてほうほうと感心してみています。分量が多いから、毎日10人ぐらいずつね。
   本日は本多重次どの。セカンドネームは作左衛門。あの、「一筆啓上火の用心、お千泣かすな馬肥やせ」のひとです。おじいさんの松平ナントカの代から徳川家に仕えてたそうで。後に城主となった越前丸岡じゃあ、町おこしに「日本一短い手紙大賞」なんか作っちゃって本にもなってますが「一種の文学賞にまでなった戦国武将はほかにはないのではないか」とはサイトの記述。
   主君家康どのの新たな禁令を記した高札が、これがまた性格を反映して小難しくて読めなくて、全然高札としての意味をなしていないところを、本多君ったら一読、「こりゃだめだ」とばかりにを入れて、さらに隣に「右に背くと、作左が叱る」とシンプルに追記。一気に内容を伝達させてしまったそうで。
   おかあさんも話が長いんだ。昨日、もう子供たちが寝る時間になって旦那様が書斎へ去ろうとするところをカーニャが呼び止めて、南京豆の入った袋を手に語るには、どうやらクラス全員がやっと揃って、クラスでの豆まきが(何日経ってるんだよ!)行われた模様を話しているようなのが、あちこち脱線して、もー、ちゃんと要領よく話しなさい! と言ったあとで意味ありげにわたくしを見たのは。
   あ な た の 遺 伝 で す。
   ……と言いたかったんだろうなあ。
   作左さま、おかあさんのうちに来てこの駄文を添削してください。オネガイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

インフルエンザ誤報

   おかあさん昨日からニセフルエンザで寝付いています。
   やっぱり日曜に野球のお茶当番、風に吹かれていたのがいけなかったのでしょうか。月曜辺りから寒気がして。火曜の夕方、頭痛を堪えかねてお医者に行ったら
   「今日の夜から熱ががーっと上がったらインフルエンザです」
   嗚呼、先生そんなに嬉しそうに言わないで。
   ネットもしないで、10時にメイクを落としてコンタクトも外してお利口に寝たら。
   ……どうも治ったみたいなんだけど、せっかくだから寝てようっと。
   ま、いい骨休めになりました。大昔に読んで書棚の肥やしになってた「インド動物ものがたり」西岡直樹なんてよんでました。「カラワンギ・サーガラ」のせいかな、あっちの世界に浸りたくなって。
   夕方になって起き出して、ハンバーグ作ろうと思って今週生協で挽肉取ったから使ってしまわないと、と、いきなりタマネギを炒めはじめて。丸めるのがイヤでアルミホイルで巻いてミートローフ? 大俵ハンバーグ? にしてしまいました。切り分けるところが珍しいらしくニャンゴは喜んでました。昔はラップで巻いてチンしてミートローフにしてたんだけどね。いつ頃からハンバーグにするようになったんだっけ。
   結局4等分してみんな食べちゃったので明日の朝ご飯の分がなくなっちゃいました。失敗。やっぱハンバーグにすればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

大きく天を仰いで 連絡網は確実に

   春まだ浅いM山ですが、スポーツ少年団は地道に活動を行っておあります。12日はおかあさんお茶くみ当番で子供の練習に付き合わなきゃいけなかったから、前日からドキドキ。この前また降ったのに(センター試験寒波)、運動場は使えるのかしら、雨天日程だと12時から体育館なんだけど、まだ連絡網回ってこないよ、雪上野球するのかな
……。で、連絡のないまま朝8時、おかあさんはお湯を薬缶に2杯も湧かして大容量魔法瓶に準備、練習後のよいこたちへのご褒美の差し入れチョコレートを持って、あとは自分の防寒対策。シーズン終盤バーゲンで買った楽天のグラウンドコート(駅伝の選手やサッカーの控え選手が待ってる間に着てるような長い防寒コート)と「あったまって」(両手を中に入れて温める円筒形の手袋、マフってやつですね)にメーテルがかぶってたみたいな黒いふかふか帽子。紫外線対策にサングラス、と、完璧。ニャンゴを先に行かせて丁度5分前に到着したら。
   広い大雪原に野球帽をかぶった少年が3人。

   

や ら れ た 。

   寒いから出足が悪いなんてもんじゃなくて。
   「ニャンゴや、来ているのはダレとダレだ?」
   「ヒロヤ君(仮名)とユキト君(仮名)」嗚呼、電話連絡網、うちのラインのうちばっかりだよ。おかあさん大きく天を仰いで、
   「水野さん(仮名)やってくれたぜ」水野さんは連絡網でうちの前の方です。お忙しいのか、そういえば最近飛ばされてさらに上流のうちからかかってきたりもしますが。

   すかさず携帯を取り出して(持っててよかった、泣)、今年の役員さんの所に掛けます。だいたい、練習5分前には役員のママが来て部室の鍵を開けてるはずです。
   「はい、小森(仮名)です」ああ、ナマイキで有名なキョウコちゃん(選手の妹、2年生)が出ちゃった。
   「あ、ニャンゴのママだ、おはよう~」
   「……ママに替わってください」待たされること数分。
   「後でかけてって」はい、ママは今練習に来てる予定じゃないってことね。じりじりしてると、電話が入り、水野さんママです。
   「すみません、わたし昨日仕事から帰ったの11時半で~遅くて申し訳ないと思って~」仕事が言い訳になるか!! 翌日でいいからこっちが出かける前に掛けろよ!
   「今日の練習は12時から体育館だそうです」現在時刻9時20分。
   とりあえず運動場の水たまりの氷を割って遊んでいる少年たちにはおのおの自宅に電話させ、一時解散と相成りました。パパがお迎えに来るというユキトくんに付き合っていると小森さんから折り返しの電話。実に冷静に
   「連絡が行ったとばかり思ってました。それは申し訳ありません」ふーん。なんのための「最後の人は役員まで連絡が届いた証拠の電話をください」なんだよ!?

   連絡網って、大変ですよね。実は、この秋、丁度わたしと水野さんのところで連絡内容を変えちゃうってことも起きてて。
   「……ってことなんですけど、わたくしには良くわからなくて」とおっしゃる留守番のおばあちゃまに
   「あ、きっとこういうことですね、解りました、伝えときます」って、わたしがテキトーに補足して後ろへ伝えて。
   集まってから、役員さんたちがひそひそやってるから
   「なにか不具合でも?」と堂々聞いてやったら
   「今日の連絡事項、早乙女さんはどう聞いたの? あなたの後のおうち、全然違う風になってるんだけど」
   嗚 呼 、 犯 人 は オ レ か よ
   自己判断しないで意味不明になった時点で大本に問い合わせろよ!
   「ダーメだ、今度から連絡網じゃなく、メールで一斉送信にしよう」と当時の役員さんが明るく言ってくれて助かりました。
   「……メールのできる携帯を購入させて頂きます」と小さくなったのはホンの数ヶ月前のことだったんだけど。
   連絡網は、内容を正しく、次の相手に確実に、刻限までに伝える、簡単なようで、難しいもんですねえ。

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

「功名が辻」6 やりくりお千代さん

   うぅーむ。だんだん「功名が辻」が楽しみになってきております。今回も、お千代さんったら可愛らしいこと。金八じゃなくてえーと武田鉄矢役名は吉兵衛、もう小姑のごとくに千代さんを指導しまくってますが、それもはまってきて掛け合いのおかしいこと。勢いで「連れてこい」って言っちゃった前田吟、こっちは新右衛門、の妻子が8人でとたんに財政が行き詰まるところがウマイ(おまえら遠慮して食えよ)。嫁入り衣装を売り払い、さらには断食を敢行するお千代さんけなげです。嗚呼、おかあさんもあしたからご飯を減らそう。お腹に付いたお肉も減らせるし、一石二鳥だわ。それでもおじさまの持たせてくれた黄金には手を付けません。うまいな。これから要所要所でこのへそくり葛藤シーン入れてくとお馬を買うときに「どっから出した?」と言われなくてすみます。
   同じシバリョウから光秀と濃姫(本名は帰蝶とか言うらしい。どうりで、先週バタフライマークのはいったお椀があったといってしみじみしとった訳よ。トレードマーク入りの食器セットを誂えてもらっていたとは、お嬢育ちだったんですねえ)が幼なじみで恋人同士だった説を取ってきたようです。桜の舞い散る庭で、「あの日のことを覚えていますか」なんてしっとりやってました。月やあらぬ、春やむかしの春ならぬって、二人で逢えたんだからいいじゃん。本歌では相手にはもう二度と逢えなくなってるんだから。いや、すぐそばに居るのに立場が違ってもう寄り添えないという方が辛いか。この二人の恋はどう枯れていくんだか(再燃するのか?)。
   光秀は出てくるし、義昭は出てくるし(三谷コーキちゃんと役者してました)、あ、そうそう、榎木孝明さんの浅野長政はうるわしいし。普通の太閤記っぽくなってきましたよ。来週は上洛。六平太がまたスパイやってます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »