« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月11日 (土)

チャーリーとチョコレート工場 21世紀のメフィストフェレス

   見ました。鶏のオリンピックが始まるというのに、なんでこんなもん借りてしまったのでしょうか。旦那様が「何時に終わるの?」と寂しげに聞いても目は爛々とTVに注がれておりました。
   カーニャは原作で予習済み。「借りてきて借りてきて」と矢の催促。おかあさんはまだ食事の支度中だってのに「みてもいい? もう見てもいい?」って。ドラえもんは見たものの、しんちゃんはカットで上映と相成りました。いきなりニャンゴも固まってしまって、もうみんな物語世界に没入。
   チャーリーのおうちはスゴイ貧乏。あの傾き加減はあり得ない! 平均95才のおじいちゃんおばあちゃんズがひとつのベッドに横になって。あのー平均95才の老爺がどうして10才ぐらいのチャーリーの祖父たり得るのでありましょうか。45才の時の子供が40才でパパになればそのくらいか? それでも自分だけの部屋があると言ってニャンゴは「いいなぁ」って、穴の開いた屋根からお星様が見えますけど。チャーリーの家から見えるウォンカさんのチョコレート工場は世界最大規模ながら、産業スパイを防ぐためにただの一人も雇っていない謎の工場。昔この工場に勤めていたおじいちゃんが語るには、社長のウォンカさんは成功した独創的(且つ個性的)なチョコレート職人。入ってみたいなぁと憧れを募らせるある日、ウォンカ社長が「チョコレートに入れた金のチケットを引き当てた子供5人を工場にご招待」と大々的に広告。金のチケット争奪戦が世界中で始まります。
   これがまた、チケットを引き当てたのはどいつもこいつもいけ好かない子供たち。カーニャもニャンゴも「サイテー」「なんでこんなのに当たるんだよ」。5人目にはチャーリーが当たって欲しいと心から思ってしまいます。「これで当たるの?」「これが当たりなの?」ニャンゴが前のめりになって聞いてきます。「違うんだよ」「まーだ!」
   せっかく引いた金のチケットを「うちはお金がないんでしょ? お金に換えてもらったら?」というチャーリー。けなげです。ガッカリするおじいちゃんA(工場で働いていた方)。自分が行きたかったんだよね、チケット見たとたん踊りだしてたし。それを、おじいちゃんBがチャーリーを呼んで「毎日印刷されて 世の中に溢れているものと世界に5人だけの栄誉とを引き替えにするなんてトンマだ」と諭すのです。おじいちゃんB、さすがです。
   そしてめでたくご招待……。
   「ウォンカさんってさ、つんくみたいじゃない?」
   「つんくってダレ?」……そうですか。ニャンゴはモー娘。見てキャーキャー言う年頃じゃないしな。なんかイタいカンジがしましたけど。うーん、エキセントリック? これはたしかにジョニー・デップだわい。
   ウンパ・ルンパが武蔵丸コーヨーだったのが意外(イヤ本人じゃないし)。ニカウさんみたいな華奢な、丸いカンジのを想像してました。なんか威厳があって、哲学的でさえありましたな。ウォンカさんは、解ってて他の4人をひどい目に遭わせてるのが原作より解りやすくなってます。原作はウォンカさんの意図がないとも読めるようになっていて、逆に教訓というか因果応報なカンジになってましたが、ジョニー・デップだと、もうどんなヤツか調査済みで、わかっててハメたカンジありあり。アナタに幸せをあげましょうといいつつ人間の弱さにつけ込んで破滅させる、21世紀のメフィストフェレスのように思われます。いや、ちゃんと生きて工場から出てるけど(ここらへんのフォローはやっぱ映画?)。
   原作とはクライマックスを変えて一ひねりしてあったのが最高。そうか、あの変なカンジは伏線だったのか。チャーリーはホントに人生の大切なことを知っていて、ちゃんと行動できるよい子でした。お年寄りと一緒に暮らしてたから? 大切なことを思い出させてくれた実によいファミリー映画でありました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

銅像あれこれ

   本日も暇ネタ。
   銅像の話。
   仙台、青葉城のシンボル伊達政宗騎馬像は、実は2代目。初代は例の戦争の折仙台市内の二宮金次郎君たちと戦争に行くべく塩竃から積み出されそうになったが「貞山公(政宗)を出征させるわけにはいかない」と思った心あるひとがいたらしく、密かに匿われて終戦を迎える。ただし、胸からは下は既に溶かされちゃってたらしい。今は仙台市博物館のお庭の陰の方で台座に据えられ……さらし首ではなく「肩まで浸かっていい湯だな~」と見えるからまだましか。カブトかぶった状態でいい湯だなもないが。
   金沢、百間堀の前田利家像は、普通の3倍ほどの高さの烏帽子型のカブトが自慢。なんといっても光り輝いてる。金メッキなのはカブトだけなのだが、ある時全身ゴールドのスプレーで塗りたくられてしまった。ヒドイヤツもいるもんだ。しかし、近くの兼六園のシンボル、琴柱灯籠もよく蹴り倒されてバラバラになってることから、金沢人は意外とシャレにならないいたずらが好きなのかも知れない。実は太閤秀吉に託された御用金がその下には埋まっていて、暗号の古文書を読み解いたヤツが出るたびにその下を掘るから、というオチ(当然、兼六園を造園してる最中に掘り当てて、用水を通すのに遣ってしまった後)を用意しているのにその暗号ミステリが10年かかってもまだ書けてない。
   兼六園の銅像と言えば、その昔、龍角散のCMにも取り上げられた「日本武尊」像。ヤマトタケルは知ってるけどさ、60年代生まれは古事記の人物みんなカタカナで習いますから(てゆーか、学校では習いませんから)この字でヤマトタケルノミコトと読むとは思わなかった。ご存じない方に説明すると、「このニッポンブソンの前で写真を撮りましょう!」という若者にお年寄りが嘆息するというネタだった。この像はなぜか鳩の糞の被害を受けないことで密かに有名だったらしく、金沢大の工学部の教授がしゃれでその理由を研究したら、銅像の成分により、動物の忌避するイオンが出ていて鳩を寄せ付けなかったとのこと。これはたしかバウリンガルの次の年のイグ・ノーベル賞取ってる。
   銅像ではないが、昔の金沢駅の待ち合わせ場所と言えば郵太郎。ポストの上に、加賀人形の男の子(金太郎のごとき腹掛け姿)が獅子頭なんか持ってポーズを取ってた。あるとき、講演会の演者が
   「わたくし本日待ち合わせの間じっと彼を眺めていましたが、彼は、失礼、彼女は男性ではなかったですね。郵太郎姉さんと呼ばなくてはいけません」シンボルが付いていなかったそうな。確かめようにも新幹線が来るつもりの金沢市、駅を大々的に立て替えちゃったので今はもう郵太郎くんはいない。今は恐竜の骨の前ででも待ち合わせるのか。鼓の形をイメージしたという鼓門はなんとも珍妙な形。一度ご覧あれ。
   あなたの街の銅像にはどんなエピソードがありますか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TDLお土産の進化

   マンションの方からお土産を頂きました。このりねんちゃんママ(仮名)はご実家が福島で果物を作っておられるからこちらも気合いを入れて折々に松井サブレを貢いでおります(セコイ!)。先週、「この週末はお出かけします」と言ってたから今度は何が貰えるのかといやしく捕らタヌ算(捕らぬたぬきの皮算用)してました。ら、行き先はTDLだったようで。そーいえば、りねんちゃんママは黄色いくまさんが大好きなひとでした。お土産は、ゴールドを基調とした缶に入ったチョコレート3種。形があのネズミさんの単純化したシルエット(もうほとんど3つの円を三角形に配置しただけ)なだけ。吟味したえ~と、ガーナとエクアドルとベネズエラ産のカカオ豆による甘さ抑えめの大人の味のチョコレートでした。
   ごちそうさま。
   最近は、ネズミの国もお土産が昔ほどネズミネズミしてなくていいですね。大人が何度でも行く所になって、お土産が洗練された気がします。わたしは大学を受けに行ったときに、東京もコレが最後かも知れないから(んなことねーよ!)と当時開園したばかりの東京ディズニーランドへ連れてって貰って、ホントにミッキー、ミニーにドナルドダックの羅列に(小学生じゃねーんだから)とふてくされた覚えがありますが。だから、うちの実家には初期のあの赤くてミッキーの耳が付いた不織布の帽子、ありますよ。つばを押すとガァガァ鳴くドナルドの帽子も。埃まみれなのにニャンゴが気に入って押しまくった頃はヒヤヒヤしたなあ。
   ディズニーキャラクターとかは好きじゃないので(そういうところだけ歩調の合う夫婦であります)、子連れでは行ったことがないし行きたくもないのですが、企業努力は認めてもいいなという気になりましたです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

れんこんLOVE

   昨日ニャンゴが帰るなり、
   「おかあさん、レンコンのチップが給食にでて、おいしかったの」ああ、さくさくしてていいですな。おかあさんも食べたいよ、うらやましい。
   「うちでも作って」嗚呼、これはまた。おかあさんあんまり下ごしらえが大変な野菜はイヤなんだよなあ……。だいたい揚げ物はカロリー高いと言って旦那様が嫌がるし、レンコンもあれもほぼ芋類だと言って……。いや、こんなことでブチブチ言っているからレパートリーが広がらないのだ。
   「解った」と、お買い物にでますと、意外や、直径6センチ長さ15センチぐらいという手頃な大きさのレンコンがでているではありませんか。よかった、幼児の肩から先ぐらいのを一本二本って単位で売ってるのかと思ったよ(それは金沢でひとのうちにお使いものにする単位……おせちの準備の季節になると毎年ご近所とかから回ってくるのを早乙女家で見ていたのでそんなイメージがあった。泥付きのを古新聞で巻いてあって。わたしはもっぱらお礼を嬉しそうに言う&おいしく食べる係)。ほぼ泥もなくきれいに洗ってあって。ホッ。
   あとは皮を剥いて薄くスライスするダケよ~皮むきはカーニャにさせました。最近は手伝ってくれるから楽々~。ペーパータオルを渡して、丁寧に水気を拭き取らせます。そして、素揚げはニャンゴが。
   「揚げるのはぼく手伝うから」って、嬉々として天ぷら鍋に向かいます。嗚呼、助かるぅ。
  「レンコンはきんぴらもいいねえ」
  「ぼくレンコン好きなの、さくさくしてるから」早乙女のおばあちゃんは天ぷらにもするよね。わたしはあれが好きなんだけど。
  「すり下ろしをみそ汁にも入れるだろう。あれはお乳が出ると言って、ニャンゴが生まれたときおばあちゃんがつくってくれたんだ」
  「お正月にでたときおばあちゃんが言ってたよね」いや、おかあさん実家では食べたことなかったからあのねずみ色のしゃくしゃくした液体を飲むのは非常に勇気が要ったんだけども。結構おいしかったですよ。頂き物でレンコンた余ったときなどお試しあれ。シンプルみそ汁、具はレンコンのすり下ろしだけ。味噌は北陸の麹味噌じゃないと合わないのかも知れませんが。  

   などと話している間にみごとにレンコンチップスのできあがり。量の関係上2皿に分けて、1枚目が埋まれば食卓に運び、またしばらくして2枚目のお皿を持って食卓にニャンゴが向かうと……1枚目のお皿はカーニャによってほぼ空にされていたのでした。
   よし、またレンコンチップ出してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

楽天イーグルスカップヌードルでました!

   楽天イーグルスの関連のサイトで噂は聞いてたんですが。日清食品から、東北限定で楽天イーグルスのキャラクターの絵のついたカップヌードルが発売になりました。
http://www.nissinfoods.co.jp/news/news_release.html?nid=952

   中身は、クラッチがヌードルで、具は鶏からあげ等。
         クラッチーナがうどんで、具は味付き油揚げ等。
         カラスコがそばで、具は毒々しいピンクのエビ天等。
        等、というのは、刻みネギなどに、三種共通で楽天イーグルスのロゴ入りカマボコが5枚ほど入ってるのです。

   希望小売価格は155円となってましたが、おとというちの近所のスーパーで105円だったから買っちゃった。で、今日、給食なしの半ドンだったので、食べちゃった。
   そば喰いのカーニャがカラスコを取り、おかあさんはクラッチーナをもらいましたが。限りなく味はどん兵衛でした(あぶらげは1.5センチ×8ミリぐらいのが5本ほど)。ま、いいか。
   とりあえずたべたぞ、と。話題に乗ってみただけ。今日は雪の降る中またJ寺に行ってお稽古してきたところだったから、お湯を沸かすだけでお昼ができて助かったし(帰りにスーパーによっておかずもちゃんと買いたしたのよ)。
   お正月、金沢でおうどんをたべて(加登長。ローカルなおうどん屋さんチェーン)やっぱりこのお出しの味がうどんの正しかるべき汁よねと思っていただけに、東日本ヴァージョンのどん兵衛だしを飲んでやはり東北は汁の味が濃いと思い知りました。あんまり、いわゆる関西人のひとが「東京のうどんの汁は真っ黒で云々」というのは見栄えいいもんじゃないとは思ってたんですが、身体に染みついた味覚はねえ。抜けないもんですな。実家にいたときにはカップうどんなんか食べさせて貰えなかったので、わたしはどん兵衛というと東日本ヴァージョンしか食べたことないんですけどね。お嫁に来てからもなかったので、久々にどん兵衛をしみじみ食べました。これはこれで、嫌いじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

祝 秋篠宮妃ご懐妊

   あーうー。旦那様がご帰宅されるなり
  「懐妊キター」
  「誰が解任ですか?」
  「キコさん。ニュースサイトに速報があった」
   待ってたら、NHKニュース9のトップでした。産み月は9月とか。おめでとうございます。ここで親王さまがお生まれなら女系天皇論議は雲散霧消ですな。いや、ここでやめちゃならんのだが。
   週刊誌情報などによるとどうも、黒田清子さんの縁結びあたりから秋篠宮殿下は皇室内での影響力を増しておられるようで。困ったことになっている皇太子殿下ご夫妻のをことを思って、皇室としての責任をお感じになってのことでしょうか。ま、皇統が行きどまった後兄弟間で受け継がれることは前例アリなのでこのまま秋篠宮殿下のお血筋で続いていってもらって全然オッケーなんですけど。なんかあまりにもないがしろにしちゃってるようだったらどうかと思うぞ。
   「こーゆー時に限ってまた女だったりする」と旦那様。
   「9月末が予定日? また天皇誕生日がややこしい時期に来るのかよ。秋分の日があるってのに。子供が2学期制になってきてんのに、期末の忙しいときにまた休日増えるのか(天皇誕生日になるにせよ数十年後です)やめてくれ」
   「8月に生まれろ」不敬な発言を夫婦して言いまくっております。
   意外にこういう綱渡りには強くて、それだからこその130代なのかも知れません。天皇陛下の時だって、姉宮が4,5人も続いていて、側室をおかれてはという話が出て先帝陛下が断固として拒否したとか言う話も伝わってますし。
   ま、親王様にしても、内親王様にしても、きっとお可愛らしいでしょうね。
   「てじなーにゃの子みたいな皇子さまだといいな~萌え~~~」
   どうか無事にお生まれになってください。
   「今で良かったよね~愛子様が見切り発車で帝王学を押しつけられてて、10年ほども経ってからやっぱり男子生まれたからこちらを皇太子になんてなったらわたしの人生返してとか言いたくなるよね~」さて、女帝学ははじまっちゃってるのでしょうか。

   もしかして、皇統が秋篠宮殿下の方へ移ることになっても、皇太子殿下のなされたことは無駄ではありませんから。
   自分のパートナーとして必要だと思う方を想い続け、お妃に迎えられた。帰国子女で、キャリアの方でもお妃になれるのだと道をお開きになった。お立場場、もめ事はなかったことにするべきなのかも知れなくても、批判を恐れず起こっていることを開示し、対応を広くお求めになった。次代の天皇をお血筋から出すことがなくなったかもしれなくっても、皇太子殿下は皇室と日本国に対し、大きなことを成されたと思います。どうか、お力落としのないように(って、こんなトコに書いてもご覧になりゃしねーよ)。ひとつの肩の荷を下ろされて、お妃様と、お子様の幸せをこれまで通り大切にお考えになられますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「雪の女王」女王様はショタ?

   えーと、NHKアニメ「雪の女王」が来週最終回だそうで。
   いったいあの話は何を意図していたのでありましょうか? 原作の「雪の女王」はアンデルセン童話で、わたしは小学館の児童文学全集かなんかでごく幼児向けの(あの全集はアレンジがムチャクチャだったけど)ダイジェストを読んだきりなので最初、本当の話はこうなのねとボンヤリ見ておりましたが。
   なんか、アンデルセンの別作品が、旅をするゲルダの出会った人々ってカンジで挿入されてるんですね、アレンジされて。「赤い靴」はオヤジさんの命がけの説教でカレンの靴は脱げて地道な暮らしに戻るし、「人魚姫」はなんだか曖昧な結末だし。これは、「雪の女王」の枠を借りてアンデルセン童話ダイジェストアワーをやりたいのかと(昔、「アンデルセン物語」ってあったよね)思っていると、ちゃんと山賊の娘と友達になって、馬車をもらって、氷の城へ行くという。
   女王様はなんでカイをさらったんでしょう。途中からカイにパズルを解くことを命じ、うまくできると褒めてやったりと意外と親切、「王子」と呼ばせたり、きれいな服を着せて雪遊びをさせてやったりとなかなか好待遇なんですね。先週の作中解説では、「愚か者」と呼ばれる魔王を閉じこめるための結界であった様子。これが年を経て壊れ、魔王が再びこの世に現れ来たったのを再封印する戦いが、北極圏では密かに行われていたようです。直接戦闘は凛々しく甲冑に身を固めた女王様がひとりで行っておるようですが、最後に魔王の再封印にそのパズルが必要だったというわけ。何故それがカイでなければならないのかはまだ語られていません。偶然姿を見てしまって魅入られたのでありましょうか。女王様はショタ(いい年をした女性の少年愛好趣味)なのか。
   前番組「ポアロとマープル」では、綿密な考証を萌えな絵に落とし込み、輸出しても「ああ、ジャパニメーション」と思われるであろう絵柄であったのですが、「雪の女王」は、出崎(ホントは大の部分が立)さんが監督で。あの、「エースをねらえ」とか、「あしたのジョー」とかの。「ベルばら」もですか? 陰影の濃い、目がキラキラした劇画的な絵で。それはそれで美しいんだけど。なんか、美しすぎて子供にはくどいのではと。特殊効果などもふんだんに使われて、雪と氷の世界が……目が疲れる。「無駄に美しい」といってはなんども旦那様に叱られてました、去年。
   ゲルダの旅の友、吟遊詩人のラギもまた、雪の女王に縁を持ち(戦争中、雪の中に部下とともに取り残され、遭遇した女王に助けを求めるが、部下の命を優先する心根を愛した(?)女王により自分だけが命を助けられてしまうという)トラウマを抱えた男であります。これは、女の子一人で北欧を旅するなんてあり得ないという野暮な突っ込みに対処する要員ですかね。彼がリュートを奏で、歌を歌い、路銀の足しにしていたという設定の模様。それはそれでいいか。しかし、大人の哀愁と優しさを持ったラギと一緒に旅してたら、もうカイなんかほっといて彼とくっついてしまえばいいのにという暴論さえ頭をもたげてきます。彼がカイの代わりに女王の許にとどまり晴れてカイはおうちに帰れるという結末に持ってゆくのか。要するに雪の女王は寂しかったのか? 訳解らん。いったい制作者は何を描きたかったのでありましょう? 嗚呼、念のためデザキ監督について検索したら、「原作の大胆な解釈・再構成で有名」だそうで。そうかい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年2月 6日 (月)

「ゴーストハント」9出ました

   「ゴーストハント」待望の9巻が出ました。去年の年明けぐらいでしたよ、文庫化されて、その帯に「9巻今春登場!」って(しつこい!)。長い春だった。間に小さい四季があったよ(おかあさんったら!)。
   これは、講談社ティーンズハートに「十二国記」の小野不由美が書いてたオカルトシリーズでした(もはや入手困難本)。レーベルが「少女もの」でしたんで、もう、主役の女の子の一人称だわ、文体はきゃぴきゃぴるんるんだわ、おかあさん最初読んでて恥ずかしかったです。でも、シリーズで起きる事件の性質は毎回違うわ、除霊屋さん(ゴーストハンターズ)は巫女あり密教系坊主あり正式なカソリックのエクソシストあり霊感少女ありと非常に盛りだくさんな内容でありました。それを、いなだ詩穂さんが作画を担当してコミック化したというわけ。最初はなかよし本誌掲載だったか知りませんが、mimiに移り、雑誌の消滅にともない単行本書き下ろし作品へと流れてここにいたっておるらしいです。
   これは、シリーズ最後まで読むと「あっ、あっ、あ~~~~っ!!」と驚くしかけがしてあって、もう、ミステリで言う「叙述もの」みたいな、ネタバレしたいけどしません~~~是非読んで味わってください。伏線はきっちりしてて、コミック版でも省略されてません。探偵役は頼れるアニキ、ベースも弾ける高野山の坊主、滝川法生師です。
   ヒント。主人公麻衣の雇い主、渋谷サイキックリサーチの所長ナルはヤードポンド法で長さを把握している。「ナルシス野郎だからナル」というあだ名に怒らない。
   次が最終話になるんでしょうか。あの一難去ってまた一難の辛い話を、いなださんどうぞがんばってね。ま、三年以内に。待ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

「功名が辻」5 マジックパッチワーク

   なんか結構慣れてきて、面白いと思っちゃた「功名が辻」です。
   原作でのお千代さんの得意技はパッチワーク。当時錦は舶来品で大変貴重、お千代さんのような下級武士の妻女では端切れぐれいしか手に入らないところを、逆に、うまく配色してつづり合わせ、かえって一枚布から裁って縫い上げた打ち掛けや小袖より豪華で趣味の良いものに仕上げてしまうというのが余人にできない技でありました。これ、天皇行幸のときにご覧に入れたとか、淀殿がわざわざ噂を聞いて呼んで話を聞きたがったとか、そういうエピソードに使われてます。その他には、それがエスカレートして、そこら辺の京の町娘を呼んで、自作のパッチワーク小袖を着せてやって、本人の美しさが引き出せるよう化粧も施してやってそれで街を歩かせるスタイリスト趣味。センスのいい、ケチじゃない気持ちの良い奥様が想像できますでしょ。ちょっといたずら心もあったり。
   これが、先週嫁入り支度のために準備してあったようなきれいな着物がみんな焼けてしまったとかいう伏線がありましたが、「焼け出された着物の端切れを縫い合わせてこうなりました」小袖が既に出てきて。それが、すぐさま城下の奥さん連中に噂になって、ねねさんはさっそく自分にも作ってって布持ってくるし、そのねね仕様小袖をお市様は見るなり気に入って持ってっちゃうし。展開早すぎます。
   わたしは「利家とまつ」の時にはそこまでは気にならなかったんですが、「おまつ様のみそ汁を飲みたい」とかいって、終盤の困り事はみんなみそ汁で解決、てな展開になったようで、「マジックミソスープかよ」と批判があったみたいですね。原作中、お千代さんが他の人に魅力を発揮できるアイテムといったらこのパッチワークだろうなあとは思ってたんですが、やり方があざとい。あんまり万能アイテムにしないでね。ただでさえコメディ路線なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »