« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月5日 - 2006年2月11日 »

2006年2月 4日 (土)

朝ドラジェットコースター

   どうしましょう。興味ないと言いつつまたしてもNHK朝の連続TVドラマにはまってしまっております。朝は家事におわれ二度寝中であんまり頭に入ってないんですが、土曜にBSの方で再放送を一気見して結局内容はちゃんと把握しております。
   アスカ君、だからこの前のそれはいかがなものかとおかあさん危惧しておったのだよ。
    デビュー5年で間文学賞とやらを受賞した主人公ハルカの妹アスカ君ですが、授賞式に倒れたと思ったら、なんとご懐妊。相手はわかんないって、この前あんたがうちに泊めてやった同郷の彼(突発的に上京、傷心)だろうが! あのあとおかあさんの関知しない(TVでは省略されたんだかおかあさんがトイレに行った隙だったのか)オトナの出来事があってこの状態になったわけやね。
   NHK、しばらく見ないうちに朝ドラもジェットコースターです(いや、おかあさん朝ドラ見る習慣は結婚してからできたんで、「おしん」も「澪つくし」ももようしらんのですが)。
   いや、「わたしの青空」なんかいきなりできちゃった結婚の当日に花婿にバックレられてたし。イロイロNHKの方も方向性を模索しているようですが。
   真矢みきママは恋人と結婚しそうになると邪魔が入るし、渡辺いっけいパパはせっかく思いを寄せてくれる女性が現れたのに自ら遠ざけるような行動に走るし。ハルカはハルカで憎みきれないろくでなしおさななじみの正巳ぼっちゃんとは付き合うようになってもすれちがっとるし。
   いやぁ、目を離せません。
   「だから、男の人はいきなり狼になるからどんなに仲の良かった友達でも夜に二人きりになってはいかんよ」ムリヤリ教訓にしようとするおかあさんですが、
   「え~っ、おにいちゃんも?」無邪気に問い返す娘になんと言ったらよいのでしょうか(それ以前にそんなドラマを娘に見せるな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

架空の存在を食べちゃおう!?

   長い話のあとで。
   金沢にしかないもの、阿刀田高のエッセイで指摘されるまで気がつかなかったけど。
   阿刀田高が金沢に行って、びっくりしたのが大きな看板に
   「天 狗 の 肉」と墨痕りんり、しかも大きな天狗の首絵付き。
   「天狗食べるんですか!? てゆーか、いるんですか!?」(文はイメージです)
   すいません、それは、屋号です。売ってるのは普通の牛豚チキン。「天狗ハム」とか、ふつーに見てたので、びっくりするようなものとは思いませんでした。
   だって「キューピーのマヨネーズ」だってあるじゃん!!「天狗のハム」があったっておかしくないもん!! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白魔の悲劇-青葉山に降る雪は悲劇の前兆? 雪の山中に助けを求める声がこだまする!! 当局の解決策は拙速で。冷たい他人の目が憎い!! 東北の街に繰り広げられる愛と哀しみのミステリー !? 

   ……なんつって。なにが節分。仙台は今日また雪です。雪はこれから1ヶ月が本番かな。水曜日はすごかった、朝からどんどんどんどんふるった小麦粉か風雪流れ旅(北島三郎)の時のNHKの効果かってぐらいに雪が降り積もって。金沢の、傘にも重いぼたん雪じゃなく、ゴホンと言えばの龍角散スノー。上空の空気はこっちの方が冷えてます。
   シチューに即決の晩ご飯を食べていたら、旦那様が1時間早くご帰宅、「雪で帰れなくなるから」とは好判断。山全体が天然記念物の青葉山、駅から15分にしては坂は急ですからね。伊達政宗は最後まで天下狙ってましたから、風水もかじってたようで、後背部には急峻な渓谷を擁し、前もなだらかに駆け上がるベストな立地の山城なんですよ、青葉城って。そこを観光地&大学キャンパスにしたもんだから、つづら折りの山道を路線&観光の大型バスが行き交う毎日。青葉山の空気はよどんでおります。文学部などはまだ麓に近い二の丸跡川内キャンパスですが、帰りの遅い工学部は山の上に追いやられ。路線バスの時刻に束縛されることを嫌う学生たちはオートバイ通学となります。おかげで、キャンパスには駐輪場が広々。
   さて、光のページェントで多大な迷惑を被った旦那様、雪が降ると、青葉山やその先の山を目指す路線がまた遅れてきます。そういうときは
   「来たものに乗る
   のが正しいそうで。本来のバスはいつ来るのか解らない状態、サイアクの場合、歩いて山越え、谷越えを果たしてご帰還なのですが、せめて谷を越えてY山、動物園の前までバスが使えると時間が三分の二短縮できます。Y山奥の団地に至る路線も、動物園前で降りて反対側のM山方面へ下る道を降りればおうちまでは一本道ですから。ああ、それなのに、その日に限って着ぶくれた帰宅難民たちに阻まれて動物園前で降りられなかった旦那様は……次のパインヒルズまで運ばれていったのだそうな。
   おつかれさまでした
   コレが凍ると、二輪車で転倒する学生が続出、東北大も頭を悩ませておって、八木山動物園から青葉山キャンパスを通って仙台市内、さらに東の郊外までの地下鉄東西線開通は大学側の悲願なんですが。麓の住宅地にお住まいの方は、これ以上赤字路線を造るな、青葉山や市内の木を切るなと仰る。同じ市の中でも、住んでいるところによって人の主張は異なるのですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

突撃! あなたの冷蔵庫

   ええと、先日ご紹介した借力ですが。
   http://www.chakuriki.net/karuta/
   「ご当地の噂」という項で、日本の都道府県、もっと細かい地域でも、そこにまつわるうわさ話を真偽問わず集めています。会津の人は今でも薩摩や長州を恨んでいるとか、愛媛には給食にポンジュースが出るとか、金沢の人間は食事に必ず金箔をかけるとか(そんな奴ァいねえ!)。その中に、「○○の冷蔵庫」というのがあって、その地方ならではの食べ物をあげてるんですね。滋賀なら鮒寿司、奈良なら茶がゆ(本当にその食品が冷蔵すべきものなのかはおいといて)。金沢だと、ふかしと金城納豆。おかあさん的には赤巻も入れて欲しいな。
   東京に出てきまして、生活も落ち着いて、さて自炊でもしようかいとスーパーを覗きまして、見つからないのがこれね。金沢にしかないものとは思いませんでした。そりゃ、笹寿司とかさ、あんころなんてのは一応お土産品でもあるし、東京にはないと思ってたけど。こんな、毎日の食卓に上がるような加工食品がローカルのものとは思いませんでしたことよ。
   ふかしとは、ま、はんぺんです。直径10センチくらいの丸い平たい形をしていて、普通紅(つってもうすピンク)白2枚重ねで真空パックされて売ってます。普通のはんぺんと違うのは、堅さですね。あれほど柔らかくはありません。山芋が入ってないのよ。けど、蒲鉾ほどぷりぷりもしていない。竹輪ぐらいかな。これをわたしは単品でお出しで柔らかく、だしの色がしみて白がベージュになるまで煮たものが好きですねえ。冬は堪りません。この前、帰省したときに早乙女のおかあさんがスーパーで
   「なんでも好きなものを言いなさいよ」と言ってくれたときには
   「ふかし買ってください!!」とおねだりしてしまいました。安上がりな嫁と思われたことでありましょう。あんまり喜んだので、こんなもので喜ぶのかと、この前宅急便で送ってくれちゃいました。おでんに入れたら仔猫ちゃんズにみんな食べられてしまいましたけど。
   赤巻というのは、ま、なるとのようなもので。練り物ですが、おめでたい赤い色の生地を重ねてロールケーキのようにのの字に巻いてあるんですね。形は丸くなく、なまこ型です。板はなし。昔は経木(昔、お肉を包むのに使っていたごく薄い板)ぐらいは付いてたと思いますが、今は無駄だし、包装技術も成型技術も進歩したのでただそのまま真空パックです。蒲鉾のように輪切りにして使いますと、切り口に赤い渦巻きが現れておめでたいと。金沢の庶民的なうどん屋さん、ラーメン屋さんで、麺の上に載っている、どんぶりものに入れてあると言えばこれ。お鏡といいふかしといい、金沢は紅白にこだわりますねえ。たぶんこれの前身ともいうべき練り製品は富山にあって、これは、昆布でのの字に巻いたかまぼこ。金沢でも見ますけど。そういえば、東京でも仙台でも見ませんねえ。
   なけりゃないでいいけど、時々恋しくなりますか。あなたの冷蔵庫には、何が入っていて欲しいですか?  

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

木綿のタオルハンカチ

   旦那様が手ぬぐいをご愛用とのお話しは先日いたしましたが。ハンカチもちゃんと持って行ってます。タオルハンカチだけど。タオルハンカチが出回り始めた平成5年、千趣会はハートジョイクラブでマニッシュな大判タオルハンカチの会があり、そうではない、女性向けの可愛いシリーズは「ちょっと……」だったわたくしは「こっちの方がまだ好みだぜ」と自分用にスタートしたんですが、旦那様に軽く(いや、オレはちょっと、と遠慮されることを期待で)勧めてみたら「いいな、じゃ、今度からそれにして」って。毎月。なんか一周して12枚ぐらいたまって同じ柄のがまた来ちゃうぐらい続けて。わたくしには回ってきませんでした。ただ、自分も周りのお姉様方も退職ラッシュで、輸入ブランドのまだ珍しいそのタオルハンカチを餞別にくださった方がいて、2枚、3枚と溜まったんですよ。使いやすいです。良く水を吸うし。なにより、アイロンがけが要らない! ちょっとかさばるのが玉に瑕。
   ニャンゴが幼稚園に上がるときには、その千趣会の大判タオルとプチタオルのペアーの会に入ってて用意しておいた絵本風の柄のプチタオルを持たせることにしました。だがしかし! 幼稚園に持っていくものにはお名前を付けなくてはいけないのです。でも、プチとはいえタオル地に、どうやってマジックインキで名を書けと!? 意を決して書いてみましたが、弾かれてしまうんです。起毛したパイルにインクが散って、ボケボケのもやもや。とても読めません。
   おかあさんここでひらめいた!
   洋裁材料に綿テープというものがあります。今はアクリル製らしいけど。白い、1センチ幅ぐらいのテープで、端はほつれないように織ってあり、適当な長さに切って、補強や紐に使うんですが。コップやタオルに掛け紐を付けろと言うので用意してあったん。です。これに、またしても千趣会子供版カタログで注文したお名前づけ用のアイロンプリント(これがまたあつらえたようにテープの幅より一回り細い!)をプリント。ニャンゴのお名前入りテープを複数作成。これを一枚一枚ハンカチに縫いつけるのだ! やったぁ! パイル地が幸いして、おかあさんのつたない針目もごまかせた!(もしかして、お名前入り織りテープと言うのがあるならアイロンしなくてもいいですけど。価格的に織りテープの方が高い?)
   これ、いいですよ。他のお洋服にも応用可。リサイクルに出すときも糸をほどいてとってしまえるし。アイロンプリントは結構強いです。用紙がなくなって、テープだけ付けてお名前ペンで書いたのもあるんですが、花王のアタック、他の取れて欲しい泥染み食べこぼし染みは取れないくせに、お名前ペンだけきれ~に落としてくれて、3年も使ったら真っ白になってました(またそこに書いたけど)。アイロンプリントの方は、結構かすれてますけどまだ読めます。ひらがな(+キャラクターつき)なのがちょっと高学年としては恥ずかしいかもだけどね。
   カーニャにもそうしてるんですが、女の子の服というのはポケットが少ない/ないもんで、むりやりズボンのポケットに突っ込んでいるハンカチをよく落っことしてくるんですよ。この前も参観日を前に夫婦でマンションを出たところでハンカチの落とし物。
   「なんだかあの柄は見覚えがある」と広げようとすると
   「よしなさい、落とし物の汚いハンカチを」旦那様は止めますが。
   「いや、このTDLアニバーサル柄は石川トヨペットオリジナルで親戚からうちの母がゲットしたレアもの……」ひろげてみるとみごと「さおとめかーにゃ」のネーム入り。
   「踏まれていないようだし洗えば使えるだろう」とめでたく回収しましたが。
   「おかあさんもう活きのいいハンカチがないよう」とうとうこの日がやって参りました(「活きのいい」の用法については「活きのいいハマチ」の項を参照のこと)。おかあさん最近さぼってて、ハンカチの数確認してなかったですね。しょうがなく先週末町に出たときに買いましたが。暖房の効いたダイエー仙台中央店、化学繊維の雪除けコートを脱いで手にかけておりますカーニャ、白いコートが裏返ってポケットが透けて見えます。そのポケットの中に丸まった色とりどりの……ハンカチが。
   「ここに入っているのはなんだ?」出てくる出てくる。楽天イーグルスキャラクターハンカチ、旅行先で買ったご当地キティちゃん、ワゴンセールで買った4枚セットの中から家族で取り合いをしたカワイイ柄……。
   おかあさん子供のハンカチには手間もお金も愛情も掛けてるんだから、どうぞ。
   落とさないで帰って、落とさないで帰って~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

「カラワンギ・サーガラ」愛はマサラ崩壊を救う?

   「カラワンギ・サーガラ」津守時生(角川スニーカー文庫)読了致しました。ネットによると、これは不人気、駄作認定の絶版作品で、登場人物が一部共通する「三千世界の鴉を殺し」の人気のおかげで完全版が復刊されたという曰く付きの作品らしく。1,2巻を読んでいる間は、なんでこれが駄作なんだろうと真剣に思ってたんですが。
   密林の惑星マサラは文化レヴェルが低く、銀河連邦加盟には至っておらず、一般の連邦人は立ち入り禁止。ところが、未知の生物を薬品の材料として求める製薬会社が密かに潜入、研究所を築いて長年にわたってマサラ人と接触をしておりましたそうで。19年前には、研究者クレバーが行方不明になり、さらに翌年には生まれたばかりの女の子を「自分の子だ。地球人として育ててくれ」と仲間に託してまた行方をくらましておるのです。この女の子、スーリヤが成長し、大学に合格して入学を待つ春休み(4月始まりなのか?)に、マサラで研究をしているクレバーの妹を訪ねるところから物語は始まりますが。   登場人物多いんだ。研究所の人間は、スーリヤの叔母アスカと護衛隊の女性六芒星人コルネラ、へろいアレクセイにしぶいセルゲイ(この辺は地球人)。天使のような顔に食えない性格のニコラ医師(これが例のラフェール人と判明)、もっといるけど悪いヤツですぐ殺されるからおかあさんはスルー。
   マサラ側登場人物が。彼らは出生時に「神」に全員見せに行って、腕力、精神力、超能力などの潜在能力をみて「戦士」と「巫女」が選ばれるそうで。「戦士」は、「ファイブスター物語」(永野護)における「騎士」のようなもので、各村の代表で、争いは彼らによる代理戦争でカタが付くことになっておる模様。美しいこと、強いこと、誇り高く責任を果たすことを要求される存在。戦闘のときには生態融合するバトルプロテクター姿になり、これが3段変身するらしいからスゴイ(これを研究所の悪玉に見つかり、解剖されたのが事件のひとつの発端)。これが村毎にいるから大変。研究所に友好的な村の戦士タウ。彼は温厚で親切ないいやつ。彼の親友で改革急進派リーダーがブラナー。なんで改革派かというと、「神」カラワンギの秘密を知ってしまったから。逆に保守派なのがまだ若いスリウォン。彼が、祭りの余韻でトランス状態に入り誰も知るはずのない「巫女」の踊りを舞っていたスーリヤをさらってしまったのがもうひとつの発端。さらに、ブラナーに妻をさらわれ、誤解から手に掛けてしまった哀しみ(八つ当たり)でさまよう狂戦士ティランマ。目もあやな美形がぞろぞろで、各人の身体的特徴(こめかみにメッシュが入ってたり、極彩色の入れ墨が入ってたりそれぞれ個性的)までは覚えてらんなかったです。
   全てを奪い去ろうとする製薬会社側からマサラを守ることができるのか、スーリヤはマサラの救いの巫女なのか、マサラ人は人体実験の被験者の末裔なのか。様々な因縁が絡み合い、惑星崩壊のスイッチが入ってしまったマサラ世界が激動のときを迎える……。
   ファースト・コンタクトものとはちょっと違う、異世界接触もののSFだと思って興味深く読んでたんですけど。
   3巻に入って、前作「喪神の碑」の登場人物が同窓会出演で、危機もそういう「外側」の登場人物が食い止めてくれちゃってさ。そりゃ、彼らの消息がしれたのは嬉しかったけど。なんか微妙。確かにハッピーエンドで(年少組は結構せつないが)、前半痛々しかった彼の復調はもう「男って単純……」と脱力ものだけどホッとしたし。駄作とまでは思いませんです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

天然記念物を食べちゃおう?

   今日は暇ネタで。
   一昔前は、会社に生命保険会社の外交員さんがウロウロ入ってきて、ちょっとした読み物の載った小冊子やら、勝手に調べたバイオリズム表やら、脈のありそうなお客には月々いくらでこんなカンジ、とプランを作ってはばらまいていたものです。小冊子にはちょっとした季節のレシピなんかも載っていて、活字に飢えていた頃はとりあえず目を通していたりして。
   そんなメニューの中に、「か ぶ と え び の ク リ ー ム 煮」なるものを発見!
   「カブトエビ! 天然記念物の!? 生きている化石なんか食べていいのか!? だいたい、食えるんか!?」いや、それってカブトガニだし。一瞬迷ったけど、でも、その頃は自分の記憶とか経験とかを限りなく疑わしいと思ってた時期だったので。もしかして、地方によっては採ってもいいところがあるのかも、と、もう一度見たら。
   それは

   「蕪 & 海 老 の ク リ ー ム 煮」だったのでした。

   よくよく聞くと、カブトエビという生き物は実在するそうですが、生きた化石とは別物で、シーモンキー(昔育てるのが流行ったらしい。学研の科学の付録にも付いたとか。微生物の類?)のようなものだそうです。
   某巨大掲示板で披露したら思いの外うけたので気をよくして。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お米の粉はしっとりよ

   旦那様は月1ぐらいの頻度で東京出張があります。春と秋には学会があって、これは全国回り持ちなので、沖縄だったり、千葉だったり。割とこまめにお土産(スィーツね)を買ってきてくれます。
   東京土産は、いろいろ試して、近ごろはコロンバンの「東京コルネ」に落ち着きました。パイ生地を12センチほどの円柱に巻いて(直径は100円玉ほど)、中にカスタード、チョコの2種類のクリームを詰めただけ。シンプルですが、飽きの来ない味わいがあります。食べやすいしね。うちの子たちは一人2本、もう手で摘んでバクバク食べてます。
   東京土産と言いますと、前世紀末から「東京ばな奈」というところが台頭、バナナ味の洋菓子が流行ってきてるようですが、わたしにはあれは物足りないんだな。「東京ばな奈みぃつけた」というネーミングも、バカにしとんのか、もっとマジメにせい、ちゃんとした方にさし上げられないぞ、と思ってしまうんで。
   だもんで、旦那様がこの前「しっとりクーヘン」というものをお持ち帰りになったときも期待度はかなり低かったんですが。
   「バウムクーヘンだよ」というので開けてみたら。
   これはなかなかなグラデーション。中心部が黄で(いや、バウムクーヘンだから中心は空洞)、ケーキの中心から外側に向かって真ん中当たりがやや濃い黄土色、外周部が焦げ茶色。3つの味の生地を1つに巻いたバウムクーヘンなのです。2番目はバナナ味、一番外側はココア味だそうで。これが、お米の粉を使った生地なんです。
   今、豊作続きで余ってるお米を粉にして小麦粉の代わりに使ってみるのがお料理界の流行みたいですね。パンだのケーキだの、よく聞きますよ。この前の、ニャンゴの学年のPTA企画「母と子のお料理教室」でも、白玉粉を使ったもちもちクレープでしたもん。なにやら、アレルギー持ちの子がいるそうで、その子も参加できるよう、お料理研究家のママにレシピを依頼したとか。なかなか考えてある企画と思いましたが。
   ガッテン風に言うと、お米の粉は小麦粉と違ってグルテン質がないため、粘らずしっとりした生地ができあがるとのこと。たしかに、この「しっとりクーヘン」もしっとりとねりきりのような食感でした。
   甘みも上品で丁度良かったです。機会があればお試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

「功名が辻」4 愛とは耐えること

   あ”~~~~!!
   らぶこめ大河、4話めでとうとう二人は結婚しました。
   病気だから千代を諦めてキューピッド役に徹することにした(このドラマでそうらしい)半兵衛どの、哀れ。敬愛する亡き主君斎藤道三の築いた城を落とす策を、敵方である信長に進言するのは「ただ千代の命を助けるため」ですか!? 
   戦の真っ最中に、燃えさかる城の中で惚れた腫れたと絶叫するお二人さんを影で見守る六平太、せつない。放っておけばすれ違って永遠に逢わないであろう二人を結びつけるために、わざわざ戦の中をお使いして逢わせてあげもした。
   たまんないですよ。
   そんで、おじ上は敵方の兵である今日初対面の一豊さまと千代が両想いだなんていきなり言われて、「ほんとぉに千代を幸せにできるんか!?」だけの質問で結婚を許しちゃうし。ドリフのコントのようと言われた爆発頭で全焼の屋敷の焼け跡からお嫁入り用のへそくりを発見すると、喜んでそのまま千代にもたせてくれるし。あんさん、自分のこれからはどうしますんや?
   みんな(千代にとって)いい人で、それを役者さんたちが全身全霊で演じてくれてるんですから(微妙にそう見えないひともいますが)。
   なんでこんなあほくさい話なんだろう。皆様の受信料で、当代最高の技術を集めて作ってる話がこれかい。
   まぁ、これで やっと原作の冒頭まで来ましたから、来週からシバリョウ節が出てくるのかも知れません。耐えて待て!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月5日 - 2006年2月11日 »