« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »

2006年11月24日 (金)

画伝 蒼天航路 須く見るべし

   旦那様から許可をいただいたので、予約に行っちゃいました。
   先月、同時発売の筈だった「バガボンド」の画集の方は、ちゃんとご近所TSUTAYAに山積みに入ってたんですが、「蒼天航路」の方は予想通り遅れ(締め切り守ろうよ、GONTA-作者-さん)、人気の広がりの違いなんかを鑑みて、これは予約をしておいた方が無難かなと思ってたんで。

   それに、今週のモーニング誌のカラーページで(発売延期以来細々と毎週進捗状況という名のアオリ記事をやってたんですが)大々的に広告をかましていたんです!
   夏侯惇さま(出ませんでした。ATOKのおばか! いや、真剣に三国志パッチというもの-あるのか?-を当てるべきか?)はイタリア~ンな鼻ピアス姿でお出ましで。もう、濃い顔にお似合い。呂布は「ガッチャマン!」と2ちゃんねるで端的に表現された鳥の羽で飾り立てたスタイル、諸葛孔明は初期型(この作品では孔明は赤壁の前と後でスタイルが変わります。赤壁の最中に非日常的交感をやって曹操に「負け」、「超能力」を失うといった趣向とみえました)のオカマスタイルだし、カクカクはえ~と字を拾うのがめんどいな、唯一曹操を絶体絶命に追い込み、それゆえ迎えられた鬼才の軍師です。奇計を思いっきり直前やら最中やらに当の上司である曹操にひっくり返されて惑乱する様がらぶりーでしたのでたぶんおかあさん以外の読者も贔屓です。その賈クが例によってマゾヒスティックに自画自賛しておるところやら、みんな本当にらしくってサイコーな宣伝マンガでした。満を持して登場させたツウ好みのキャラクターが誰も彼もその画集を読んでくっちゃべるだけで全然宣伝に値する事を言ってないんですね。めげる作者に、最後に若だんな姿で乱入したあの例の空きっ歯泣き虫軍師、荀イクね。彼が立て板に水で宣伝文句を歌い上げ、うれし泣きさせておいて「宣伝料50両ね」って。巧いよ。

   というようなスバラシイカラー宣伝マンガを見てしまったからには、予約するっきゃないでしょうと。おかあさんその昔勢いでフジリューの「封神演義」の画集も買いましたから、こういうの買うことにそれほど抵抗はないです。若い頃は「ファイブスター物語」の副読本も出る度揃えてたぐらいで。

   でも、その懐かしいオールスターのうち、最後のジュンイクの名前が度忘れで出なかったのが残念で。
   もう、初登場のときのショタっ気あふれんばかりのカワイイ少年の頃から、黄巾の討伐で味方もろとも砦を燃やせという非情な献策に涙を滂沱と流すシーン、「全てを見聞きしてそして忘れて戻って参りましたぁ!」というカワイイ空きっ歯な再登場シーンも、対呂布戦、真冬の水攻めで地に墜ちる曹操の名を憂えるやっぱり涙の献策も、漢王朝の落日を憂えて曹操と道を違えてしまうあたりも、心を病んで曹操の空っぽの器という贈り物の意を図りながら死んでゆくシーンも、みんなありありと思いだせるのに(おかあさんのネタバレ馬鹿!)嗚呼、その名が思い出せない苦しみ。水曜にモーニング買って、今日の午前中、TSUTAYAの看板を見るまで出てこなかったんだから(出てきて良かった)。

   おかあさん、真剣に脳のトレーニングが必要かしら?

   それより、もう一度「蒼天航路」を読み返した方がいいかもね。

   あ、オールスターじゃないわ。おかあさんを一気買いに引きずり込んだ張本人、「遼ライライ」のパイナップル張遼さまが出てないじゃないのよ。本編に期待するか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業記念交流試合

   うにゃあ、東京雨降ってるって!?
   旦那様から連絡がありました。ってことは、仙台も土日は雨?
   o,o,Oo(こまる、こまる、おーこまる……むかしこんな頭の体操があったなあ)
   土曜日には、わがM山スパローズの卒業記念、先生との交流試合があって、おかあさんはその実行委員なのです!
   試合じたいは学校の校庭で行うので別に借りたり準備したりは手間ではないのですが、そのあとでカレーを作って選手や先生がたやお手伝いの保護者の皆さんに振る舞わなくてはなりません。鍋はこういう時用のが部室に準備してあるし、木炭も、昨日部室にいって確認しました。おかあさんは八百屋さんをやっているコーチに連絡して、野菜を調達し、それを部員のみんなに配布して「当日カレーの大きさに切ってきてね」とお願いするだけ。ニンジンなんか、乱切りなのか、小口切りなのか銀杏なのかはたまたシャトーで来るか、ちょっと楽しみです。
   ただね。調理は運動場の隅でかまどをこしらえる関係上(仙台人は野外調理が好きだねえ) 雨天中止なんで、「天気だけ早乙女さん見ててください。ギリギリまで天気予報見てて、だいじょぶそうだったら野菜注文するって事で」って役員さんに言われてたのに。だからここ一週間は朝に晩に天気予報ネットで見てたのに。嗚呼それなのに、野菜を配り終わってから急変なんてひどいよう!
   配った野菜は各家庭で適当に処分して貰うにしても。ニンジン15本じゃがいも20コタマネギ30個分のお金はおかあさんが負担するのかなあ……しくしく。
   てるてる坊主作ってから寝ますか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

復活しました

   ごろにゃ~ん。復活しました。
   戦国の世に数寄と出世の間をよろめく古田左介くんを描く「へうげもの」、今週登場の加藤清正はなんと国民的スポーツ選手のあ の ひ と 似です。
   やってくれました。
   口癖まで一緒で。
   そんで、またしても欲しいと言ってはいけない物に喉から手が出てる左介改め織部くんに、とっても粋なことをするんだなぁ。
   惚れたぜ、せいしょこ(清正公)さん。

   400年後の子孫そっくりな細川幽斎とか、某洋楽の大御所そっくり(らしいっすよ)な信長の黒人従者とか、この作者は遊び心に満ちてます。

   単行本派の皆さんは悶絶して待っててね♪

   さらにとうとう太閤の手に墜ちるヤンキーな茶々がもう18禁で……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やばい!?

   お肉が減らないよう。
   生協で健全な生育をした豚肉なるものを注文購入してますが、どうも最近減りが悪くって、2週間連続で次の週まで持ち越してしまいました。涼しくなったらうちの冷蔵庫はチルドルームが簡易冷凍庫状態で、包丁を入れてもまたジャリっていってる状態だから、お腹には来てないですけれど。
   なにも作る気が起きなくって。
   3人して順番に体調を崩して、「食べられない」だの「今日は要らない」だの「たのむコンヴィニで買ってきていいから」だのが続いたんですよね。
   「コロッケ買ってきてやったからこれと納豆で適当に食べて。野菜? 一日ぐらいジュースのんどけ」って、おかあさん、それは旦那様がいたらやってないでしょ。
   「もうナニもする気がおきないんですよう。これって鬱? ホラ、女性はお化粧をするのが面倒になると鬱って」と、かかりつけの内科医さんにぐちっても
   「あ、それはオバサンになったってことですよ」それもいや~ん。
   「でも先生、わたし新聞を読むのが何より好きで、1面とかそういう固いとこじゃなくて家庭面とか社会面、新聞小説なんて毎日欠かさず見てて、あの『藏』を新聞連載中に読んでたんですから! それなのに、とりにいくのめんどくさ~いいや読まなくてってなってるんです!」
   「毎日新聞でですか?それはすごい」って、毎日って知ってる先生もスゴイ。
   「ああ、はいはい、風邪のせいですからね」って適当にいなされて帰ってきたんですが。
   本当にだったらどうしよう(と言ってる奴に限って鬱じゃない) 。

   でも、PTAの役員選挙の秘密投票の回収も、ま、い~やテキトーでなんて各班の班長さんに指示も出さず、回収漏れがあったのに適当に出しちゃって。おかあさん的にあ、り、え、な、い! のです。

   これはいっちょぱーっと美味しいものでも食べに行くか、なんか新しいマンガにはまりでもして……嗚呼、今週「蒼天航路」の画集と「アンダーザローズ」の新刊が出るから買い控えてたんだよ。もしかして鬱の元はそれ? 今月はサトラレneo にOL進化論も出るし、大出費。あ、なんか上向いてきたかも。

   とりあえず明日が休日のため繰り上げ発売のモーニングでも買って読んで心を慰めますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

坊っちゃん文学賞にトライ

   来年は二年に一度の坊っちゃん文学賞イヤーです。   
   メモに打っていた一次原稿がある程度できあがったのが10日過ぎ、一太郎に持っていって400字詰めに「両替」したら120枚相当もあって(「坊っちゃん」は100枚という規定)。
   怒濤の削り作業が今終わってなんとか100枚に納まりました
   削ってるうちに、「あ、これはこういう事じゃない?」とひらめいて大きくテーマに食い込むところまで直したりして。なんだか最初に思ってたのとは違った形にしあがって。毎度この作業は悩ましいなあ。
   とくに今年はうっかりして一次原稿にどんどん上書き編集を入れたから、元の原稿が残ってなくって(コピーでもってゆきましょう)。一章丸々消えて出番がなくなった登場人物とかいるし。……寂しさひとしおです。
   これからいろんなお友達に読んで貰って訂正を更に入れます。今年はどこまで行くかな? ……お心当たりの方、また青臭いのが参ります。付き合ってやってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

ユニクロは若向き

   本日もショートネタで。
   マイクロフリースの肌触りに負けて、ユニクロのTシャツを購入しました。が。
   今時のLサイズはお背(せい)の高い手足の長い方むけなのね。
   胴も腕もぴっちぴち……それで手首は余って折り返すと。なんかかっこよくないよう。

   おかあさんのようなデブ豊満なレディはXLを買った方がよいと(そしてさらにオランウータンのようになったらどうしよう……)。

   あったかかったけど、とっても心は寒いの……。
   それから、北国だからでしょうか、シーズンだから? 売り場はタートルネックばかりだったのですが、顔が丸く首の短い早乙女家(夫婦二人ともそういう形質はそっくり)にとってはなんだかいや~ん。ハイネックぐらいで丁度いいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月12日 - 2006年11月18日 | トップページ | 2006年11月26日 - 2006年12月2日 »